ビジネスローン 審査甘い 資金調達 ファクタリング

赤字でもビジネスローンは通る?審査の甘いビジネスローン

ビジネスローンは、赤字でもご利用可能なのでしょうか。
ビジネスローンは企業として借入れをするローンですので、赤字では審査が通らないイメージがある方も少なくないと思います。
赤字とビジネスローンの関係性を、まとめてみました。

 

ビジネスローンは赤字でも審査に通る場合もある

赤字の企業はイメージが良くありませんが、ビジネスローンの借り入れは可能になる場合があります。
ビジネスローンの審査は、赤字や黒字云々よりも返済能力があるか否かが重要視されます。
赤字でも返済能力さえあれば、破産する事無く支払いが滞らないと判断されるからです。
この様な場合は、赤字でもビジネスローンの審査に通る可能性があります。

 

  • 税金対策でわざと赤字決済としている
  • 赤字ではあるが、年々赤字の額が減ってきている
  • 現在赤字ではあるが、売り上げが伸びてきている黒字の見込みがある
  • 設備投資により赤字であり、今後投資費用を書き週出来る見込みがある
  • 不動産などの資産を数多く持っている企業
  • お申込者が資産を沢山持っている場合

 

これらのどれかに当てはまれば、今が赤字であっても赤字の状態は長続きしない企業と判断され、審査が通る可能性が高くなります。
現在赤字であっても、きちんと返せる見込みがある企業は、審査が通るという流れとなります。

 

赤字で審査が通らないケース

赤字で審査が通らないケースは、このようなケースです。

 

  • 今後赤字状態が改善する見込みがない
  • 企業が不動産などの財産を持っていない
  • 申込者個人が不動産などの資産を持っていない

 

赤字決済であっても審査に通りやすくするポイント

赤字決済でビジネスローンにお申し込みをする場合は、審査が甘い金融機関にお申し込みをする事がベストとなります。
銀行系のビジネスローンより、消費者金融系のビジネスローンが適しています。

 

銀行系のビジネスローン

金利は低いが、審査は厳しい傾向があります。
赤字企業はNGと記載が無くても、赤字というだけで門前払いを受ける事もあります。

 

消費者金融系のビジネスローン

金利は高いが、審査は甘い傾向がある。

 

金利は多少高くなってしまいますが、赤字といういわくつきですので、消費者金融系のビジネスローンにお申し込みをする方が断然有利となります。

 

事業計画書への記入の仕方を考えよう

ビジネスローンは、金融機関により事業計画書の提出を求められます。
事業計画書の中には、赤字の場合今後の対応をどのようにするのかの記載の欄があります。
わかりやすく詳しく説得力ある書き方をし、赤字に対する対応策をきちんと記載する事で、赤字であっても審査が通る可能性が高くなります。
曖昧でわかりにくく書くと、見通しが無い企業と断定されてしまいますので、当然審査は通りません。

 

赤字決済の企業のビジネスローンの審査時間は長くなる事も

赤字決済の企業への審査は、審査基準が更に加わりますので審査が長引く可能性があります。
消費者金融系のビジネスローンの場合は2週間以上はかかり、長い場合は1か月以上かかる事もあります。
その為、時間に余裕を持ってお申し込みをするようにしましょう。

 

赤字でもビジネスローンの審査が通った例

赤字でも、ビジネスローンの審査が通ったケースは数多くあります。
実際の声を、ご紹介致します。

 

3年赤字が続いているが審査が通った

以前は黒字の企業でしたが3年程赤字が続いてしまい、事業資金の借り入れを検討するようになりました。
いつも使っている銀行からは融資を受ける事ができず、ビジネスローンに申し込んでみました。
審査に少し時間がかかりましたが、審査が通りました。
新事業に対し上昇の見込みがあると判断され、赤字続きなのに借入れが出来ました。

 

設備投資で赤字のわが社でも借入が出来た

大きな設備投資を行い、借金を抱えた事で赤字決済となってしまいました。
その為事業資金が足りなくなってしまい、ビジネスローンにお申し込みをしてみました。
あくまで設備投資に投資した事での赤字ですので、企業として見込みがあると判断してもらい審査が通りました。

 

このように、赤字でもビジネスローンの審査が通ったという声は大変多くあります。

 

赤字でも審査が通りやすいオススメビジネスローン

赤字でも審査が通りやすいオススメのビジネスローンは、この2つがあります。

 

ビジネクスト

融資対象者:法人及び個人事業主
融資金額:1〜1,000万円(新規取引時は上限500万円)
利息:100万円以上8.0〜15.0%、100万円未満13.0〜18.0%
ビジネクストは、わかりやすくいうと銀行や信金等で融資を断られた企業が多くご利用しているビジネスローンです。
保証人・担保が不要であり、使用用途が自由ですので、事業主としては大変助かるビジネスローンです。
来店不要ですので、時間を割く事無くお申し込み及び融資が可能ですので、忙しい社長さんでも手続きが簡単です。

 

◯◯ックスVIPローンカード BUSINESS

融資対象者:法人及び個人事業主
融資金額:1〜1,000万円(新規取引時は上限500万円)
利息:50万円コース8.0〜17.8%、それ以外6.0〜14.9%
ビジネスカードローンですが、赤字でも審査が通りやすいと評判です。
カードローンですので、限度枠を設定してもらった上で限度額の範囲内で自由に借り入れや返済が出来る仕組みとなっております。
短期の企業の資金繰りに向いており、大変柔軟にご利用が可能です。

 

赤字でも即日融資可能なビジネスローンはオススメ出来ない

赤字でも即日融資がかのうとうたっているビジネスローンは、オススメ出来ません。
ビジネスローンというのは赤字決済では審査が通りにくい傾向があり、赤字でも柔軟に対応してくれるビジネスローンの審査は審査に多くの時間を要します。
赤字でも即日融資可能なビジネスローンの場合、赤字の状態に対し細かい審査をしない上で借入れを行う場合があります。
その為、大きな金利を要求される事もありますので、大変危険です。
また、悪徳な集団を繋がっている可能性もあり、後に嫌な思いをしてしまう可能性もあります。
企業ですので一国を争う場合もあると思いますが、そのような場合であっても赤字でも即日融資OKのビジネスローンには絶対に手を出さないようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

 

赤字の企業でも審査が通るビジネスローンはございますので、検討してみるようにしましょう。
赤字の内容にもよりますので、自信がないと思われる企業はご相談をしてみると良いでしょう。
特に消費者金融系は柔軟な対応をしてくれる傾向が高いので、必ず良い方向に導いてくれます。

経営状態が悪くてもOK!審査の甘いビジネスローンとは

ビジネスローンをご利用したいと思っても、経営状態が良くなく審査に通るのか不安に思われている方も少なくないと思います。

また、既にビジネスローンの審査に落ちている企業は、審査が甘いビジネスローンはないのか?と思われている方も多いと思います。
そこで注目してほしいのが、審査の甘いビジネスローンの存在です。
審査の甘いビジネスローンについて、詳しくご紹介いたします。

 

審査の甘いビジネスローンは存在する

ビジネスローンには、審査の厳しい商品から審査の甘い商品まで幅広くあります。
審査の難易度には大きな差がありますので、ビジネスローンにお申し込みをして審査に通らなかった企業は審査の厳しいビジネスローンにお申し込みをした可能性があります。
特に銀行系のビジネスローンは審査基準が大変厳しいので、経営状態が悪い場合はほぼ審査に通る事はありません。
審査の甘いビジネスローンを狙いお申し込みをする事で、審査が通る可能性が高くなります。

 

上限金利が高いビジネスローンは審査が甘い

金利は低い事に越した事がありませんが、金利の高さは審査の通り安さと比例します。
その為、上限金利の高いビジネスローンであればあるほど、審査が通りやすいという事となります。
何故このような仕組みとなっているか、このような考え方により成立しております。

 

上限金利が高いビジネスローン

貸し倒れする可能性が高いと断定し、最初から金利を高く設定し手数料を多く得るという流れとなります。
高い金利により貸し出すので、審査を甘くして窓口を広げるという考えとなります。

 

上限金利が低いビジネスローン

貸し倒れをする可能性が低い人と判断され、信用性が高いゆえに金利を低くして貸し出すという考え方です。
低い金利により優遇して貸し出すので、基準に似合った企業のみ限定としますので審査が厳しくなります。

 

現にデータを取ってみると、審査の甘いビジネスローンは上限金利が高い場合が大半です。
上限金利の高さをチェックするだけでも、審査の甘いビジネスローンがわかります。
上限金利が高いビジネスローンは審査が通りやすいですが、その中でも金利の低いビジネスローンを選択するようにしましょう。
非常に難しい判断ではありますが、0.1%でも金利が低い方が支払い総額が少なくなりますので、少しでも金利が低く審査が甘いビジネスローンを検討するようにしましょう。

 

中小規模のノンバンクはビジネスローンの審査が甘い

ほとんどの方が、融資を受けるとなると金融機関のブランド名を重視して選ぶと思われます。
しかし、金融機関のブランドが高いビジネスローンは、競合相手がハイレベルの金融機関であるので、審査が厳しくなってしまいます。
中小規模のノンバンクの場合、ハイブランドの金融機関よりグレードが落ちるので、当然ご利用される顧客おグレードも落ちます。
グレードの低い中で審査を行いますので、審査基準は低く設定される傾向があります。
中小規模のノンバンクが高い審査基準としてしまったら、ハイグレードの金融機関と同じ審査基準となってしまい、誰も中小規模のノンバンクには見向きもしなくなってしまいます。
その為、自ずと審査基準が低くなるのです。

 

企業向けの融資サービスを行っている金融機関を選ぶ

金融機関は、大きく分けるとこのような金融機関に分かれます。

 

  • 個人向けを中心とした内容で展開している金融機関
  • 事業ローン向けのサービスのみで展開している金融機関

 

事業ローン向けサービスのみを展開させている金融機関であれば、事業主に優遇した対応をしてくれますので、審査が甘く通りやすい可能性が高くなります。
貸し倒れ率の見極めが柔軟であり、事業内容が良くない業者でも優遇してもらえる事があります。

 

キャンペーンを行っているビジネスローンは審査に通りやすい

金融機関によっては、様々なキャンペーンを実施している場合があります。
金融機関がキャンペーンを行っている期間というのは、その期間中に顧客を捕まえたいという証拠となります。
多少のコストを掛けてでも顧客を掴みたいので、審査が柔軟になる可能性が高くなります。
その為、多少事業内容が良くない企業であっても、柔軟な対応をしてくれます。

 

中にはヤミ金も含まれているので注意

事業内容が良くない企業は、様々な金融機関のビジネスローンをチェックすると思います。
どうしても事業内容が良くないので、確実に審査が通る金融機関を探す傾向があります。
そんな時に注意してほしいのが、ヤミ金が含まれているという事です。
ヤミ金は顧客を掴むために、とても柔軟な内容で融資をする内容を記載しております。
事業内容が良くない企業であれば、好条件のビジネスローンに思えると思います。
大手金融機関やCM展開する金融機関であれば問題ありませんが、名前も聞いた事が無いような金融機関の柔軟過ぎる審査の内容には、必ず落とし穴があります。
名前を聞いた事が無い金融機関のビジネスローンは、絶対にご利用してはいけません。
いくら内容が柔軟で惹かれても、最終的には絶対に嫌な思いをしますので目を向けないようにしましょう。
ヤミ金の見分け方は、登録番号を確認する事です。
貸金業を行う為には、都道府県知事と財務局からの登録番号が必要となります。

 

〇〇財務局長(〇)第〇〇〇〇号

 

という番号となっており、真ん中の(〇)の中には数字が入ります。
この数字は3年毎の更新の回数となりますので、数字が多ければ多い程息の長い金融機関となります。
よくある事といえば、この登録番号を偽物の物を表示している事です。
間違いのない登録番号を確認する為には、金融庁のウェブサイトで業者と登録番号の確認をする事が大事となります。
誰でも気軽に検索できますので、怪しいなと思ったら必ずチェックしましょう。
今は事業内容が良くなくても、幸先が見えるような企業であればどの金融機関のビジネスローンでも柔軟な対応をしてくれます。

 

いかがでしたでしょうか。
事業内容が良くない企業でも、このような内容のビジネスローンであれば審査が通る可能性があります。
甘い審査のビジネスローンは金利が高くなってしまいますが、審査の通過率は高くなりますので是非注目をしてみましょう。

審査の甘いビジネスローンに落ちた時はファクタリングの検討を

経営状態が良くなく審査の甘いビジネスローンにお申し込みをしたのにもかかわらず審査に落ちてしまった場合もあります。

そのような場合は、他のどのビジネスローンの審査も通過しにくいかもしれません。
しかし、そのような場合はお金が必要な場合が大半ですので、お金を手にする事が出来ないでは済まない場合もあります。
そんな企業にオススメなのが、ファクタリングのご利用です。
ファクタリングとはどのようなシステムなのか、わかりやすくご紹介致します。

 

ファクタリングとは何か

ファクタリングとは、売掛債権を譲渡し、譲渡金額を資金調達とする事が出来る方法です。
事業を行っていると、売掛債権を保有する場合も多くあります。
売掛債権は本来は1〜2か月後位に入金になる場合は大半ですが、その売掛金を最短で資金化させる流れです。
もちろん、売掛債権をお持ちの企業じゃなければできない方法です。
企業の下請けさん等でお金に困っている場合は、ファクタリングはとても有効的な資金調達方法となります。

 

ビジネスローン等金融機関の審査が通らない場合にご利用するケースが多い

ファクタリングをご利用している企業は、銀行などの金融機関より融資を受ける事ができなかった企業です。
特に、元請けさんによっては売掛期間を長く設定している場合もあり、その間に支払い等が生じてしまった場合は金銭的に厳しくなってしまう場合があります。
赤字であっても黒字であっても、お金のサイクルによっては現金が手元になく困る事もあり、そのような状態にファクタリングが役立ちます。
企業のお金のまわり方を潤滑にする為には、ファクタリングの活用というのはとても有効的な方法となります。

 

ファクタリングの審査とは

お金が関わってくる話ですので、当然一般的なローンの様な審査があると思われると思います。
ファクタリングの場合は債権の内容が問われるので、売掛債権を持っている企業ではなく売掛先(元請け等の売掛債権発行者)が審査されます。
売掛債権をお持ちのあなたの企業の経営状態が良くなくビジネスローンが通らない状態であっても、ファクタリングには全くその状況は関係ありません。
その為、経営状態がどんなに悪くても、保有している売掛債権の売掛先の企業の状態さえ良ければ審査には通ります。
売掛債権の売掛先は元請け等の大手企業である事が大半ですので、ほとんどの場合経営状態は良く信用性が高いので審査に通る可能性が高いといえます。
経営状態が良くない企業のファクタリングは、資金難の際の救世主といえるでしょう。

 

ファクタリングに適した企業とは

ファクタリングに適した企業とは、このような企業です。

 

  • ビジネスローンなどのローンの審査に落ちた
  • 売掛先の支払いまでが長すぎる
  • 売掛先の企業にわからないよう先に資金を手元にしたい

 

ファクタリングのメリット

ファクタリングには、このようなメリットがあります。

 

売掛金の早期資金化が可能

売掛金をもらえる事は本来時間がかかってしまう事がありますが、ファクタリングにより早期資金化へと導く事ができます。
経済産業省では、売掛金を活用した資金調達は正統な資金調達手段である事の周知徹底が必要であると述べており、ファクタリングの正当化を語っております。

 

審査が早い

ファクタリングの素晴らしさは、審査の素早さです。
一般的に1日〜1週間程度で審査が完了し、数日での融資も可能となります。
お急ぎでお金が必要な企業には、とてもうれしい流れとなります。

 

売掛債権次第で大口の資金調達も可能

融資の金額は売掛債権次第となり、内容によっては大口の取引も可能となります。
しかし、売掛債権の金額が低い場合は、手数料との差し引きでわずかな金額しか手元に来ない場合もございますので、要注意です。

 

取引先に知られず売却が可能

売掛先の審査が必要となるので売掛先にファクタリングがバレるイメージがあるかもしれませんが、独自の審査によって行いますので取引先には知られる事がありません。

 

負債にはならない

いずれ入金になるお金を前払いとなるシステムですので、負債にはなりません。
融資でも借入金でもありませんので、信用情報への問題もなく安心です。

 

赤字でも債務超過でもご利用出来る

そもそも借入れではなく、審査は売掛先の企業でありご自身の企業ではありませんので、ご自身の企業が赤字であっても債務超過であってもご利用が可能となります。

 

資金繰りが良くなる

ファクタリングで得られたお金により、企業としいぇの出費や支払い金の不足に充てる事ができます。
キャッシュフローが正常化され、企業として安定させる事が出来ます。

 

万が一売掛先が倒産しても支払い義務は発生しない

売掛金というのは、回収が不可能になる場合もあります。
しかし、その場合はファクタリング会社が回収リスクを負担してくれる事が大半ですので、支払い義務が発生しません。

 

アメリカでは一般的な資金調達方法として認識されている

欧米では、中小企業の資金調達方法として、不動産担保ローンより一般的な方法とされていり、高い認知度があります。

 

ファクタリングのデメリット

ファクタリングには、このようなデメリットがあります。

 

売掛債権が無いとご利用出来ない

当たりまえの話ですが、売掛債権がある事で発生する流れとなりますので、売掛債権が無い場合はご利用出来ません。

 

売掛債権の金額の範囲までのご利用しか出来ない

売掛債権の金額の範囲内でしかご利用出来ませんので、売掛債権の金額により少額になったり大口となったりします。

 

手数料がかかる

ファクタリングとする場合手数料がかかりますので、注意が必要となります。
着手金はかかる金融機関とかからない金融機関とがありますが、0〜3万円程度が主流です。
また、その他に事務手続き費用や契約書張付収入印紙代、債券譲渡登記費用等の諸費用がかかりますので、頭に入れておくようにしましょう。
ファクタリングはファクタリング会社側に不利になる場合もあるので、高リスクと判断されて高い手数料が設定されてしまいます。

 

いかがでしたでしょうか。
ビジネスローンの審査が通らなかった企業でも、ファクタリングで費用を捻出する事が可能となります。
売掛債権さえあれば活用出来ますので、ビジネスローンの審査が通らなく困っている場合は、是非ファクタリングに目を向けてみましょう。

財務の良くない小さな企業でも審査を取りやすくさせる審査の甘いビジネスローン

企業を運営していく上では、運転資金が足りなくなったり職員にお給料を支払える余裕が無くなったりと、お金の浮き沈みが発生してしまう事があります。

ビジネスローンは、財務状況が良くなくお金に困っている企業が多くご利用する傾向があります。
特に、小さな企業の場合は財務状況が不安定になりがちな傾向があります。
その為、審査が甘く通りやすいビジネスローンは、気になる部分ではあるでしょう。
財務状態が良くない小さな企業でも審査に通りやすいビジネスローンとは、どのようなポイントとなるのか、ピックアップしてみました。

 

銀行系のビジネスローンは厳しい場合がある

小さな企業で財務状態が良くない場合は、銀行系のビジネスローンは厳しい傾向があります。
銀行系のビジネスローンは審査が厳しく、小さく安定していない企業に対しての評価は残念ながら低くなってしまいます。
小さく財務状態が安定していない企業の場合、地元の信用金庫や信用組合で相談に乗ってくれる場合があります。
財務状態の状況にもよりますが、ビジネスローンを受ける事も可能性としては無い訳ではありませんので、ご相談をしてみると良いでしょう。

 

消費者金融系のビジネスローンがオススメ

小さな企業で財務状況が良くない場合は、消費者金融系のビジネスローンがオススメとなります。
銀行系のビジネスローンよりも審査の基準が柔軟であり、窓口を広くして高い金利で貸すという考え方となっております。
金利が低いのは難点ではありますが、小さくて財務状況が良くない企業にとっては有利な審査状況ですので、オススメとなります。

 

債務超過でもご利用可能なビジネスローンもある

小さい企業で財務状態が悪い企業は、既に債務超過になっている場合もあります。
債務超過の場合でも、審査が可能なビジネスローンがあります。
ビジネクストやオリックスVIPローンカードBUSINESSは、債務超過の場合でも審査の対象となります。

 

 

財務状況が良くない場合は今後の見込みを書類でアピールする

財務状況が良くない小さな企業であっても、今後の見通しが立っている場合であればビジネスローンの審査に通る可能性があります。
お申し込みの際の提出書類の中に事業計画欄があり、事業の将来性について記載がある欄がありますので、そちらに今後の企業としての兆しの良さをアピールして記載するようにしましょう。
書き方を明確にし、このような流れで確実に黒字化していくという事をアピールする事が、とても大事となります。
事業計画書はきちんと記載してこない企業が多く、そのような企業はほぼ審査は通らない傾向があります。
小さい企業でアピール部分が少ないので、事業計画書は細かく綿密に記載するようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。

 

小さな企業で財務状況が悪い場合でも、このようなポイントでビジネスローンのご利用が可能となります。
ビジネスローンは企業の救世主ですので、是非調べて審査を受けてみましょう。

資金に困っている企業にオススメのビジネスローン

企業はお金の問題に直面している場合が多く、ローンをご検討されている企業も多い事でしょう。
ローンの種類は色々とありますが、中でもオススメなのがビジネスローンです。
資金に困っている企業にオススメのビジネスローンやポイントなどを、ピックアップしてみました。

 

企業に融資してくれるローンは意外と少ない

企業は、銀行に声を掛けるとすぐに融資してくれるイメージがあるかもしれません。
しかし、近年は総量規制により、金融機関から借入れが出来る金額に大きな制限が出来てしまいました。
その為、企業の資金繰りに苦しむ企業も少なくありません。
そんな中、安心して企業がご利用出来るのが、ビジネスローンです。
ビジネスローンは企業の為の融資ですので、安心してご利用する事ができます。
しかし、気になるのは本当に審査が通るのか、ではないでしょうか。
ビジネスローンは金融機関により審査の流れが違う為、審査が厳しいビジネスローンとそうじゃないビジネスローンがあります。
審査が甘いビジネスローンにお申し込む事で、資金に困っている企業でも審査に通る事ができます。

 

審査が甘いビジネスローン その1 ビジネクスト

累計40,000名の実績豊富なビジネスローンであり、審査が甘いと大変人気があります。
大手消費者金融のアイフルの事業者向けローンですので、安心してご利用が出来ます。
最大融資金が1,000万円まで可能ですので、多くの資金の融資を受けたい企業にオススメです。
融資対象者:お申し込み時満20〜満69歳までの法人代表者若しくは個人事業主
融資限度額:1〜1,000万円(新規の場合は最大限度額500万円)
実質年率:100万円以上8.0〜15.0%、100万円未満13.0〜18.0%
必要書類:
法人の場合 代表者本人の確認書類、登記事項証明書商業登記簿謄本、決算書原則二期分
個人事業主の場合 本人確認書類、確定申告原則2年分など

 

審査が甘いビジネスローン その2 ◯◯ックスVIPローンカード BUSINESS

カードローン形式のビジネスローンですので、都度必要な分の引き出しが可能な便利なカードローンです。
気軽に使えるという事で、小さい企業や個人事業主に大変人気があります。
融資対象者:お申し込み時満20〜満69歳までの法人代表者若しくは個人事業主
融資限度額:〜500万円
実質年率:6.0〜17.8%
必要書類:本人確認書類、年収を証明できる書類、個人事業主の場合は経営状況申告書

 

審査が甘いビジネスパートナー その3 ビジネクスト

財務状態が悪い小さな企業であっても、事業内容の評価により審査が通る可能性があるビジネスローンです。
ノンバンク系のビジネスローンの審査に通らなかった方でも、一度相談をしてみると良いでしょう。
最短1日での審査も可能ですので、素早く融資を受ける事も可能です。
融資対象者:お申し込み時満20〜満69歳までの法人代表者若しくは個人事業主
融資限度額:50〜500万円(新規の場合は最大限度額500万円)
実質年率:9.98〜18.0%
必要書類:
法人の場合 代表者本人の確認書類、登記事項証明書商業登記簿謄本、決算書原則二期分
個人事業主の場合 本人確認書類、確定申告原則2年分など

 

審査が甘いビジネスローン その4 セゾンファンデックス VIPローンカード/事業コース

カードローン型の個人事業主向けのビジネスローンであり、総量規制に該当しませんので高額の融資も可能です。
全国14万台の提携ATMでのご利用が可能ですので、資金繰りに困っている企業には大変おすすめとなります。
融資対象者:お申し込み時満20〜満65歳までの個人事業主
融資限度額:1〜500万円
実質年率:6.5〜17.8%
必要書類:申込書、本人確認書類(運転免許証、健康保険証、運転経歴書)、事業実態を確認出来る書類(確定申告書、決算書)、事業計画や資金口、収支計画がわかる書類(借入れ計画書など)

 

中でも一番オススメのビジネスローンは「ビジネクスト」

ご紹介したビジネスローンの中で一番のおすすめは、ビジネクストです。
ビジネクストには、資金に困っている企業に適したポイントが多々あります。

 

知名度が高く評判が良い

ビジネクストはアイフルの子会社であるために、とても認知度が高く安心してご利用出来るビジネスローンです。
ビジネスローンの中には評判が良くない金融機関も多くございますので、ビジネクストのような知名度が高い金融機関は心配なくご利用出来ます。

 

赤字や債務超過の企業でも審査が通る可能性が高い

資金繰りの状態が良くない企業は赤字の企業も多くありますが、ビジネクストは赤字の企業に対しても柔軟な審査をしてくれます。
ビジネクストの場合、現在の赤字の状態よりも今後上昇気流のある企業なのかを判断されますので、今後黒字になっていく可能性があるのであれば審査の対象となります。
赤字企業の場合は、とてもオススメです。

 

設立直後や事業規模が小さい企業でも審査の対象となる

ローンといえば不利となる設立直後の企業でも、ビジネクストであれば審査の対象となります。
また、事業規模か小さい企業であっても、これから伸びていき企業と判断されて馬身差の対象となります。

 

お申し込みから融資までが早い

お申し込みから融資までの時間が早く、最短3日となっております。
知名度が高いビジネスローンで最短3日での融資というのは、大変短い期間となります。
緊急的にお金が必要な場合でも、ビジネクストは待たずに融資を受ける事ができますので、非常に便利な存在です。

 

無担保無保証で1,000万円まで融資が可能

ビジネクストの最高融資限度額は1,000万円であり、資金繰りが厳しい企業には嬉しい融資額となります。
大規模な融資となると、銀行からも信用金庫からも受ける事は簡単な事ではありません。
中朝企業の手助けとなる金額ですので、大変心強いです。

 

WEBにてお申し込みから契約まで完結できる

ビジネクストの素晴らしいポイントは、お申し込みから契約までの全てをWEBのみで行う事ができるという事です。
来店不要手続きが出来ますので、お忙しい企業の社長さんや個人事業主の方でも手間を掛けずに手続きが可能となります。

 

数多くの提携ATMでご利用が可能

数多くの提携ATMを持っておりますので、アイフルのATMなど様々なATMにて借入れや返済が可能となります。
コンビニATMでのご利用も可能ですので、お近くのコンビニでのご利用が出来る便利さです。

 

資金繰りが厳しい企業の注意すべきポイント

資金繰りが厳しい企業の場合、ビジネスローンを検索する際に審査が通りやすい商品を調べると思います。
資金繰りが厳しいので審査が甘ければ甘い程安心なのですが、中には怪しい業者も多く存在しますので、注意するようにしましょう。
資金繰りが厳しい状態ですと切羽詰まった感覚で検索してしまうので、悪い業者に引っかかってしまう傾向が高いといえます。
切羽詰まった時こそ、慎重に検索して最適なビジネスローンを選ぶ事が大きなポイントとなります。

 

いかがでしたでしょうか。
資金繰りに困っている企業の場合は、このようなビジネスローンがオススメとなります。
甘い審査ですので金利は通常のビジネスローンより高くなってしまいますが、資金繰りに困っている企業は早く契約して借り入れをしたい傾向がありますので、これらのビジネスローンを検討される事をオススメします。