銀行融資 ベスト 審査は厳しい

銀行融資がベスト、だけど審査は厳しい

事業主が資金ショートで急場をしのぎたい時に考えられるのは、

  • 銀行融資
  • ビジネスローン
  • ファクタリング

などです。
この中でベストなのは銀行融資なのですが、これは簡単に行かないと思われている方も多いです。
すでに取引きのある銀行がある場合は、追加融資や根抵当権を利用した資金調達が考えられます。
そうした友好関係のある銀行があれば、事業安心資金はうまくまわります。

 

銀行融資

正確には銀行融資には

  • 保証付融資
  • プロパー融資

があります。
保証付融資は、審査がとても厳しいのですが、これは信用保証協会が介入するからです。
信用保証協会が保証人として認めるには、事業計画書、担保内容などが記事速審査されます。
しかし、プロパー融資は銀行が判断をする審査になりますかから、信用があれば上限がなく融資が受けられることになります。
保証付融資は、保証料のコストもかかるのですがプロパー融資は一切ありません。
ただし、このプロパー融資も銀行の審査がとても厳しいと言われていて。もし審査が通ったとしても融資まで2ヶ月程度かかると言われています。

 

ビジネスローン

そこで、ビジネスローンの登場です。
銀行と比較して金利は高いのですが、審査が甘いです。
保証付融資にしてもプロパー融資にしても、申し込みと同時にビジネスローンにも申込をするのは常識であり、銀行の審査が通れば、後でビジネスローンの返済すると良いのです。

 

銀行とのウインウイン関係であれば、交渉次第でなんとかなると言うのは長年の付き合いである場合で新規開拓に関しては、現在の銀行審査は、一様に厳しさが増しています。

 

しかし、銀行側の言い分としては、事業計画書の書き方もろくに知らない会社も多いという点です。
そんなことでは、簡単にお金を貸すわけがないでしょという文句もあります。
その理由として、銀行側に知られたくない暗黒の事実を隠そうとしてしまうことが、かえって不利になってしまうこともあります。

 

確かに、赤字経営などは、隠したい事実ですが、そこは銀行との直接交渉のプロパー融資の場合、きちんと手順を踏んだ上で正々堂々と審査を受けてください、と言いますが、実際そう言いながら審査に落とすのでしょう?と思ってしまうのは事実です。
しかし、ここは一つの勝負です。
銀行員が良いようにプロパー融資の場合、企業の先の業績を見込んでくれる方も存在しないとも言い切れないことから、ビジネスローンと併用して、資金調達を考えてみてもよいかもしれません。