ビジネスローン ファクタリング

ビジネスローン ファクタリング

ビジネスローン ファクタリング 関連記事




スピーディーな資金調達が実現


ファクタリングによる資金調達方法は、ビジネスシーンでは良くあることです。
ビジネスローンをしなくてはならない場合、どうしても資金調達を素早くしなくてはならない場合などに最適な方法です。

ファクタリングとは?
ファクタリング売掛金のことを言います。
将来の回収ができる資金であり、帳簿上での未回収の資金です。
それを売掛債権として、先に商品やサービスとして提供しているものに対しての代金ですから、流動資金とされます。
この売掛金を先にファクタリング業者に現金化してもらい資金として現金入手をすることをファクタリングと言います。
時期が来たら100%の売掛金ですが、先に業者に現金化してもらうことで、手数料などはとられますが、ビジネスローンのように返済の必要はありません。
100の売掛金が80や70になって、必要とされる調達資金として手元に入ります。

ファクタリングのスピード感は実感している企業が多い
資金調達プロサイトでは、ファクタリングの内容や優良業者の紹介など詳細なことがわかります。
とにかくすぐに資金がほしい、ビジネスローンの審査なんて待っていられないという方に、ファクタリングは最適です。
担保もなしで借金ではないことで、すぐに資金が調達できます。
会社の経営だけではなく、支払いなどができることで、信用失墜などもなく、キャッシュフローの正常化によって、経営そのものが健全化。
とにかくスピーディーな資金が欲しい時には、第一に考えるものでしょう。
銀行への信用度もアップします。
貸借対照表に借金がなくキャッシュフローができることで、今後の金融機関への信用度も高くなります。

銀行融資ができない時に便利
手形決済などの経営体系ですと、帳簿上の黒字でも回収ができない黒字倒産も考えられます。
これは、手元に現金がないことで、売掛先企業からの現金が入金されないことが原因です。
資金がほしい、いざ銀行と言っても、うまくいかない時のファクタリング。
一時凌ぎとしては最適で、経営が健全になることで、銀行の信頼も大きくなります。
ファクタリングを経営の間に挟むことで、事業展開の牽引となることもあります。
ビジネスローンはどうしても高い金利がネックです。
手数料がかかるファクタリングですが、あとで金利を支払うのではなく、最初に差し引かれる手数料で、資金繰りをうまくする、経営改善の一助にもなります。
どうしても資金調達をしたい、ビジネスローンの前にファクタリング、検討してみて下さい。
いざ利用と言うときではなく、ファクタリング業者の選択は、早くにしておくことをお勧めします。

▲TOPにもどる



ファクタリングの利用ができるかできないか?


ファクタリングの利用には条件があります。
誰でも利用できるものではないのです。

個人事業主の場合
個人事業主の資金調達では、ファクタリングは使えません。
どうしてもビジネスローンと銀行融資に頼るしかないのです。
フリーローンで事業性資金に回せるものなどもあります。

安定経営が条件
取引している事業者が国や自治体など信用力が元から高い場合はよいのですが、最低でも継続的に6ヶ月以上の取引実績がないと利用できません。
取引企業の売掛金の入金が不安定だったり、ファクタリング業者が回収不能になることは回避しなければならないことです。
ファクタリングの申込の時に、毎月の取引が確認できるものを提出し、安定性をクローズアップしなければ、ファクタリングの審査には通らないでしょう。
信用情報なども同時にチェックされることがあります。

売掛債権が担保になっていない事
売掛債権の存在で、担保としても使えるのが売掛金です。
担保になってしまっているものをファクタリング業者が手を付けることは不可能です。
要するに、担保になってしまっている以上、現金化ができないもので、ファクタリングのしようがないのです。

法人対法人の取引
自分も相手も企業であることで、個人事業主ではない証明が必要です。
売掛企業も自社も法人であることが条件です。
なお、クレジットカード債権等もファクタリング対象になります。

売掛債権よりも低い希望金額であること
これは、ファクタリングには手数料が存在していることを意味します。
80%程度の希望金額でなければ、ファクタリング業者との取引が成立しないです。
手数料は、契約内容によって5%〜20%が相場となっています。
各ファクタリング業者によって、手数料は自由設定です。

資金調達方法として最適なファクタリングは、事業を進める上で大切な資金源となっています。
手数料に関しては、審査方法も違うファクタリング業者の選択により、大きく差が出ます。
事前に複数のファクタリング業者の候補を挙げ、取引方法の違い、手数料などを事前に調べておくことが必要です。
そのためどのような方法があり、優良業者はしっかりチェックしておくことが必要でしょう。
資金調達プロなどでは、優良業者を紹介しています。
事前に調べておくことも必要ですが、確かな業者選択のためには様々な情報収集は不可欠といえるでしょう。
すぐに現金化はファクタリングにとっては生命線です。
それを確実にできれば安く行ってくれる業者が理想です。

▲TOPにもどる



ファクタリングの手数料について


ビジネスローンよりファクタリングの方がよいのは、現金化のスピード感と金利がなく借金にならない点です。
それでも、大きなお金になると、手数料が大きな負担になります。
特に初めてのファクタリングの場合は、20%程度の手数料は当然です。

どうして手数料が高いのか?
ファクタリング業者によって、売掛金の回収方法も違えば、契約内容も違います。
そして、手数料の差が出ます。
安ければ良いのではなく、口コミや評判なども気になるところです。
手数料の他に諸経費もかかり、費用面の出費は痛いことです。
最初のファクタリングでは、信用力がないことから、手数料が高いことが多いです。
特に売掛企業が中小企業の場合は、手数料も上がります。
しかし、自治体や国、大手企業である場合は、手数料も割引になるところもあります。
ファクタリング業者にしても回収が必ずできる、そういった企業と取引をしていることで信用度が上がるのです。
ですから、取引先企業の信用度をあげる資料などの用意は、審査通過率を上げるだけではなく、手数料も関係しています。

良い取引先企業を持っていることがファクタリングを成功させる
ファクタリングの審査で問題になるのは、自社ではなく相手の企業の信用です。
普段から良い企業との取引が資金調達の時には効力を発揮します。
取引企業の与信が高いほど、手数料は下がります。
今にも倒産しそうなところとの取引では、ファクタリングの段階で審査落ちになります。
中小企業でも最初の手数料は大きいかもしれませんが、この先継続的なファクタリングを行うことになると、きちんと信用ができることになります。
このことは、自社が相手の会社の取引先になることもあり、お互い持ちつ持たれつで良い関係を保つことです。

とにかくすぐに資金調達
全国対応のファクタリング業者は多いです。
簡易審査で申込をしたあと、入金までのタイムラグがある場合もあります。
そんなときには、ビジネスローンも駆使して、つなぎ資金を用意が必要な場合もあります。
この時は、借金になりますから、信用情報などでたくさんの必要書類が必要になります。
すぐにファクタリングが成功する保証はなく、ビジネスローンでとりあえず資金調達をして、ファクタリングで完済の形をとっておくと、事業に支障がなく円滑に回る事が多いです。
この場合も、どこのビジネスローンが良くて、用意しなくてはならない書類を知っておくことが必要でしょう。
山あり谷ありのビジネスシーンです、資金調達方法を事前に調べておくことは必須条件です。

▲TOPにもどる



審査の甘いファクタリングの登場


一部のファクタリング業者では、リスキーな企業でも取扱をしているところが増えてきました。
ビジネスローンの審査には自信がない方でもファクタリングでの資金調達が可能です。

取扱金額
100万円以上の金額が最低になっているところは多いです。
ファクタリングをつなぎ融資として、数十万円の資金調達と思っている方にとっては、この金額は焦ります。
ビジネスローンの利用ができるのなら良いですが、信用情報でイマイチ審査が危ない、銀行融資はとんでもない、返済できていないケースもあります。
だから、ファクタリングで、最低10万円程度からの取扱があれば、少額の売掛金も現金にすることができます。

個人事業主でもOKの業者
資金繰りがうまくいかない個人事業主もいることでしょう。
新規のベンチャー企業なども資金調達に頭を悩ましている場合根あります。
そんな時、個人事業主などを対象としたファクタリングが便利です。
大金じゃなくても良いから、売掛債権さえあれば、最短1日が現金化が可能な業者もでてきました。
帳簿上は借金にならない、負債を抱えることなく、資金を作ることができます。

俗に言う審査の甘い業者
赤字決算で銀行融資ができない方、キャッシュフローの焦げ付き、信用情報が悪い方でも、甘い審査のファクタリングであれば対応できると言います。
悩んでいないで簡易審査だけても受けてみると良いでしょう。
こうした甘い審査の業者利用は、最近増えています。
決算書だけを見ると資金調達が困難と思ってしまうのですが、売掛債権があればなんとかしてくれる対応は、嬉しい事でしょう。
借金を作るのではなく、こうした場合手数料は少し高めになりますが、事業の円滑が約束される資金が現金として入手できます。
多少のデメリットは、甘い審査で高い手数料ということで考えることが大切です。
今、なくてはならない現金。
黒字倒産なんて言うことにならないよう、もしもの時のファクタリング業者として、普段からチェックしておきましょう。

正常な経営上でファクタリングが必要な時には違う業者に依頼というふうに必ず複数のファクタリングを確認しておくことです。
できれば抑えたい手数料です。
ビジネスローンも銀行系なら、低金利での利用ができます。
しかし、こちらも信用情報が悪いと高いノンバンク系のビジネスローンしか審査通過ができない可能性があります。
ファクタリング、ビジネスローンともに数種類の業者をもっとておくことは事業者として必要なことなのかもしれません。

▲TOPにもどる



ファクタリングVSビジネスローンVS銀行融資

 
資金調達方法としては、銀行融資、ビジネスローン、ファクタリングがあります。
もし3つの方法ともに利用ができる事業者なら、銀行融資がベストです。
国の資金制度などもよいでしょう。
この方法が良い理由は、低金利だからです。
資金調達にかかる費用が少ないことが最大のメリットです。

ファクタリングはコストが高い?
ビジネスローンとファクタリングの比較ですが、ファクタリングには金利はありません。
しかし、手数料が高く、ビジネスローンと比較をしたら、コスト的にはファクタリングが高いです。
しかし、数字でみれば、実入りが少ないファクタリングですが、これは借金ではありません。
帳簿上では、ファクタリングは負債にならないメリットがあります。
このファクタリング利用で事業展開をすることで、決算などにも直接響かない資金調達として注目されています。
銀行融資にしても借金ですが、金利が低いので利用価値はありますが、借金を作らない資金調達としてのファクタリングの存在は大きいでしょう。

審査の有無
ベストな資金調達方法の銀行ですが、審査は厳しく時間もかかります。
ビジネスローンにしても審査がありますが、ファクタリングは基本的に審査なしです。
取引企業の回収目処がつけば、資金が現金として入手することができます。
この審査、信用情報なども含めて、会社経営も大変なら、事業者としてもなかなか厳しい場合が多いです。
なかなかローン契約ができないというとき、ファクタリングが良いでしょう。
会社の帳簿上も負債ではないですから、今後の決算に際しても、ファクタリングの利用は最適です。
赤字決算、個人事業主でも利用できるファクタリング業者もいます。

一応すべての方法ができる体制を作っておく
経営者としては、経営をしていく上で資金調達は必ず出てくる場面です。
ファクタリングのメリットばかり挙げましたが、銀行融資はもちろん、ビジネスローンで対処しなくてはならないシーンも必ずあります。
銀行融資やファクタリングの現金化までのつなぎ融資などでは、ビジネスローンのスピーディーさは魅力です。
ファクタリングの現金化が遅れる場合、ビジネスローンがあってよかったという経営者歯きっと多いはず。
資金調達必要時に慌てるのではなく、メインバンクを決めると同時に、ファクタリング業者とビジネスローン先を決めておくと、あわてないで済みます。
最もお世話にならないことが理想ですが、今の時代資金調達なしで成功している企業は少ないでしょう。

▲TOPにもどる