ビジネスローン 金利

ビジネスローン 金利

ビジネスローン 金利 関連記事




ビジネスローンは最後の選択!まずは公的融資を検討


事業資金の不足は何で補うか?
負債はしたくないと言うのは誰で思うことですが、そんな事は言っていられません。

会社規模によるお金の借り方
事業資金や運転資金は、大企業も中小企業も個人事業主も必ず必要とするものです。
借りずに済むのなら良いことですが、特に中小企業では負債なしの経営は今の時代ないことです。

そこで、最初の資金調達として考えたいのが公的資金です。
開業資金として、日本政策金融公庫などでは提供しているものもありますが、すでに融資額を利用している方は、その金利の低さに驚くことでしょう。
1%以下は当たり前、住宅ローン並の低さです。
運転資金などでも審査の上、融資ができる公的資金。
一番良い方法でしょう。

銀行融資
ここも一桁台の低金利です。
大企業などは当然ここまでが範囲です。
中小企業になると、業績が良くなくて、このあとのビジネスローンに行かなくては借りれないことも多いです。
そしてて、個人事業主も同様です。
審査内容が良ければ、公的資金もありですが、借りれない状況、信用情報などで自信がない方は、ビジネスローンにいくしかないでしょう。

ビジネスローンの金利は高い

先程公的資金が1%以下と言いましたが、ビジネスローンは低くても10%以下です。
しかもその低金利はかなり高額融資で、10万円程度ですと、17%程度、消費者金融のフリーローン、カードローン並です。

資金調達をこの金利でしか借りられないことは仕方のないことでしょう。
ビジネスローンは金利が高い、経営者にとっては頭の痛いことです。
個人事業者などでは、カードローン感覚で少額融資を受けられるなど、便利ですが、返済を考えて利用することが必要です。

無担保と保証人不要で審査が早い
金利が高いビジネスローンですが、審査が公的資金、銀行融資と比較してゆるいのと審査時間が早いです。
これもカードローン並であり、一度契約をすると繰り返しカードで引き出すことができるビジネスローンも存在します。
法人・個人両方も使え、スピード感ある資金調達方法としては、使い勝手が良いです。
金利は高いですが、返済を一日でも早く行うことができれば、返済額が減ります。
公的資金などの長い審査の間につなぎ資金として利用することもできます。
限度額は大きくないのですが、必要書類も少なく、すぐ現金が入手できるのは、ビジネスローンの最大の特徴であり、便利さです。

金融業者はいろいろ
ビジネスローンは消費者金融だけではなく、銀行系でもとり扱っています。
事業性資金ということで総量規制対象外になり、不動産担保などもないですから、運転資金としてすぐに投入したいときには良いのですが、金利がね。

▲TOPにもどる



ビジネスローンより銀行カードローンが金利が低い?


金利が高いビジネスローンですが、金融機関や消費者金融で簡単に申込みができます。
振込、カードローンなどで選べ、カードローンの場合、ATMで簡単に使うことができます。
融資スピードが早いから、事業用資金の調達方法としては、1枚あると便利です。

総量規制対象外
特に個人事業主の場合、あと少しなんとかしたい運転資金というと気、ビジネスローンのカードがあると、総量規制を気にせず使えます。
1000万円、500万円の利用限度額ですが、個人事業者では十分といえるでしょう。
本当は、公的融資などで、0%台のお得な金利が有利です。
しかし、連帯保証人、決算書などの細かな書類が必要です。
しっかりと事業を行っている、多額の資金がほしいときには、審査時間がかかっても、低い金利の融資が良いです。
その前につなぎ資金としてのビジネスローンがあると特に個人事業者には有意義に使用することができます。
確定申告書だけで契約ができます。
返済計画をたて、高い金利を考慮、返済は気をつけてください。

個人事業者なら銀行カードローン

ビジネスローンは、時には銀行カードローンよりも高い場合があります。 事業性に転用はできない場合が多いですが、銀行カードローンの限度額が大きく、今ほしいビジネスローンとして数万円単位であれば、最初から銀行カードローンを持つのも一つの手です。
その理由は、銀行カードローンのほうが金利が若干低いです。
1時間程度でキャッシングができるものもありますが、こちらも確定申告書必要です。
そして、総量規制はないのですが、ビジネスローンほどの限度額は大きくないです。
利用者の年収に応じた利用限度額になりますから、多額の内容ではないのですが、すぐに資金がほしい、金利を1%だけでも下げたい方に提案です。

大手銀行のビジネスローンは法人向き
個人事業者は、大手銀行のビジネスローンはなかなか手が出ないです。
金利が低い点では魅力です。
消費者金融は大手カードローン会社でもどうしても高くなってしまうのは仕方の無いことです。
総量規制対象外は良いのですが、フリーローン並の高い金利では、すでにフリーローンを持っている方にとっては、頭の痛いことです。
審査では、この信用情報も加味されます。
融資スピードは早いですが、金融業者によっては時間がかかることもあります。
フリーローンでの代用、特に銀行カードローンの数万円と言うのは、金利面から言っても魅力的です。
一応検討してみて下さい。

▲TOPにもどる



限度額少ない、それでも良いのなら、すぐに現金


資金調達手段としてのビジネスローンは、銀行系だとしてもつなぎ資金に最適と言われています。
公的融資や銀行融資の審査が通れば、すぐに返済ができます。
高い金利も気にならない事から、その場凌ぎのローンカードとして使えます。

利用限度額が少ない
設備投資などには使えないビジネスローンですが、運転資金などでは
十分な額です。
金利が高いことをデメリットとするのなら、すぐに借りれるメリットの審査が比較的甘いのも嬉しいです。
個人事業者なら、十分な限度額です。
利用者は 、銀行融資の審査が難しい人、決算書などで赤字が多い、業績がうまくいかない方でも、ビジネスローンでは審査の甘い内容も多いです
赤字転換で運転資金が欲しい方も、ビジネスローンは1枚あると便利です。

どう使うか?どう返すか?

金利が高いことを前提に考えると、10万円借りたとしても15万円借りて返済という形で考えると無理が無いでしょう。 そして、多く借りておこうということはしないことです。
運転資金なども最低限にしておくとか、これを機に審査には不要ですが、事業計画書などを持っておくと良いです。
同時に一応公的融資や銀行融資も検討して下さい。
これらの審査は、数日かかりますから、ビジネスローンが先に現金として受け取れます。
その後、公的融資などで借りられれば、そっくり返済ができます。
金利差は気にしなくても良いということです。
本来そうした借り方をしてほしいビジネスローンです。

三菱東京UFJ銀行のビジネスローン
こちらは、低金利のビジネスローンですが、銀行融資並の提出書類です。
ただし、審査がビジネスローン並のもので、比較的借りやすいとされています。
実質年率が低いことで、銀行融資に負けない使い勝手さがあります。
こうした銀行のビジネスローンは、審査が比較的ハードルを下げています。

しかし、消費者金融並の金利の高さであり、保証会社などは大手消費者金融だったりします。
内容的には、1000万円程度の利用限度額です。
提出書類が多い、面倒だけど、低金利と言うのはわざわざ申込みをしても有効です。
また、不動産担保ローンなども金利が低いです。

こちらは融資額がそれぞれの地価によるものですが、ビジネスローンと比較して低金利、無担保ではないですから、金利もある程度気にならないという利点があります。
借りやすいですが、返済もゆっくりできますし、利用限度額が高くなることもあり、借金ですが、いざとなれば売却することで、信用情報にも傷がつかないというメリットもあります。

▲TOPにもどる



消費者金融で借りるビジネスローン


100万円以上の運転資金なら、公的融資や銀行融資が良いでしょう。
日本政策金融公庫などでは1%以下の金利、返済負担が違います。

消費者金融のビジネスローン
500〜1000万円程度の利用限度額ですが、金利は18%程度です。
これは、限度額で借りたとしたら、相当利益のある事業用資金になります。
ただ、本当に融資を受けたい方で、急いで何百万、すぐに返済ということであれば、金利の高さを気にするのではなく、ビジネスローンの審査スピートに注目です。

早いものであれば、即日融資にも対応するなど、臨機応変さはスゴイです。
個人事業者は、金利が高いと思っていたけれど、必要なときには助かります。
返済予定が経てば、金利分考慮して借入額を決めれば良いのです。
公的融資の審査中のビジネスローン利用もオススメです。
いざというときに、自営者や個人事業者の大きな味方です。

誰でも借りれる訳ではない

ビジネスローンは、20歳以上が対象ですが、開業資金としての投入はできません。 必ず2期分程度の確定申告書なり、決算書が必要になります。
ですから、最低でも2年以上は経営していないと審査対象にならないです。
業歴から審査をします。
事業計画なども必要ですが、信用情報、信用問題としてどんなことをしてきたか?ということです。
フリーローンで言う勤続年数と同じことですが、保証会社にしてもこれから頑張りますでは融資ができないということです。

基本的に担保も保証人もなしのビジネスローンですが、金融業者によっては、オプションでこれらがあると、審査が有利になることもあります。
審査の机上で、事業サポートプランなどで、将来性を見込む経営者に対しては、審査の甘さが露呈することもあります。
どんな相談にも乗りますという業者もあります。
しかし、金利は高いままです。
かえって、高くなってしまうこともありますが、少なくてもビジネスローンができることはあります。
本来時間がかからないビジネスローンですが、じっくりと検討するという業者も存在します。
事業用資金、運転資金を借りたいけれど、信用情報で問題があったり、その内容では難しいけれど、甘い審査のビジネスローンも存在します。

少しでも金利は低いほうが良い
ビジネスローンの高い金利は回避できないです。
消費者金融などのノンバンクは、リスキーな資金提供と引き換えに高い金利にして、貸し倒れを防いでします。
というのも、金融業者にしても一企業ですから、事情は理解できます。

▲TOPにもどる



審査の甘い金融業者 利息は高いが、勝負時もある


ブラック対応の消費者金融ときいたことはあるでしょうか?
大手消費者金融や銀行カードローン審査落ち、その原因が債務整理だったり、多重債務者でも借入ができる金融業者を指します。
こうした金融業者でのビジネスローンも存在しています。

とにかく金利は高い
ビジネスローンというだけで、公的融資や銀行融資よりも割高な金利です。
こう説明があるのは、銀行や大手消費者金融のビジネスローンです。
そして、これらの金利機関で審査落ちをしてしまう方でも楽々お金を貸してくれるのが、中小消費者金融、中堅消費者金融などです。

ここでは、フリーローンだけではなく、ビジネスローンや不動産担保ローンなども甘い審査で借りることができます。
総量規制対象外で、実質年率は20%を上限としています。
総返済額は当然高くなりますが、それでも今運転資金が無いと倒産してしまう。
返済は大変だけど、今なんとかしなくてはならない、あとのことは後で考えて、という方にとっては、最後の砦です。
投げやりではなく、個人事業者向けで完済ができることが分かれば、事業計画ニ則って、うまく返済していけば良いのです。

ビジネスローン、高い金利は当たり前

ブラック対応と聞くと、闇金のイメージはありますが、中小消費者金融は正規金融業者です。 ビジネスローンにしても、自営業として、利益のためにリスキーなブラックにも提供しようというのですから、高いのは当然のことです。
日本政策金融公庫と比較をすると20倍という利息が付くのですが、それはそれで、返済するために働き、事業を成功させることで、金利完済だったということが言えるでしょう。

公的融資、銀行融資、大手消費者金融などのビジネスローンも審査落ち。
最終的に高い金利のビジネスローンで危機を脱出。
その後事業が成功して、大金持ちになったという方もいます。
世の中何が起こるかわからないです。

不動産もなし、銀行審査も通らない、どうしようも無い立場でも、運転資金の調達ができ、回転していくことで、すべてが好転することもあります。
利息が高いことで躊躇してしまう場合、返済目処が付けば、中小消費者金融のビジネスローンもありです。
借りすぎ図、事業計画と返済計画をきちんと立てて、無理の無い金額の借入をしましょう。
利用限度額はそれほどではないのですが、500万円の実質年率20%はかなり返済が進みます。
覚悟だけはしておいたほうが良いですが、繰り上げ返済などができることで、総返済額の削減も可能です。

▲TOPにもどる