ビジネスローン 借りやすい

ビジネスローン 借りやすい

  1. ビジネスローンとは
  2. ビジネスローン 消費者金融
  3. ビジネスローン 銀行
  4. ビジネスローン 借りやすい
  5. ビジネスローン 開業資金

 

ビジネスローンとは

個人事業主や中小企業の経営者にとって、事業の運転資金などの資金繰りは悩みの種です。そして、経営を行っていく中で、急な資金が必要になることも多くあります。
こんな時に余裕があれば補うことが出来るのですが、いつも余裕があるとは限らず困り果ててしまうこともあるでしょう。

 

そこで、公的融資や銀行から融資受けることで、資金繰りを行なうことが出来ます。
ですが、公的融資や銀行融資の場合は、実際の融資が下りるまでに必要な書類の準備や保証人や担保の準備。
または、担当者との面談などが必要になる為、時間が掛かってしまうのです。
結局は、急な出費に対応することが出来ない事態に陥ってしまいます。

 

また、銀行の場合は審査が厳しいこともあります。
黒字の時は融資をしてくれるのに、赤字になってしまうとメインバンクでも断られるというケースも珍しくないのです。
そこで、急な資金を調達する為に活用することが出来るのが、ビジネスローンと呼ばれるものです。
ビジネスローンは、銀行以外でも取り扱われています。
銀行の審査では時間が掛かりすぎる場合や、審査に不安がある場合には民間のビジネスローンを利用しましょう。

 

民間と言っても、消費者金融が提供していることが多いです。
ノンバンク系のビジネスローンになることから、公的融資や銀行融資に比べると金利が高くなってしまいます。
ですが、無担保・無保証で借り入れをすることができ、中には即日融資をしている所もあります。

 

ビジネスローンは、カードローンに似ている部分もあるのです。
コンビニのATMで、24時間借り入れや返済を行なうことができるものもあります。
しかし、用途は事業に関するもののみと定められているので、個人で私的な資金調達に使用することはできません。
また、逆を言えば個人が持つキャッシングのカードを、事業資金の資金調達に使用することも出来ません。

 

 

ビジネスローン 消費者金融

一般的に、ノンバンク系と呼ばれるのが、消費者金融はクレジットカードを発行する信販会社です。
アコムやアイフル、プロミスなどの大手消費者金融の多くもビジネスローンを取り扱っており、個人でも便利に利用することが出来る消費者金融は、事業用の資金調達においても便利に利用することが出来ます。
信販会社で言えば、オリコやセゾンファンデックス、オリックスなどです。

 

消費者金融と言えば、総量規制の対象となる金融機関なので、事業資金を調達することは難しいのではと思う人もいるでしょう。
ですが総量規制にはいくつかの例外となるものがあり、銀行以外が提供するビジネスローンも総量規制の対象外となります。
消費者金融は審査スピードの早さがうりとなっているのです。
これはビジネスローンでも同じであり、事業資金を調達するための即日融資も実施している所がほとんどです。

 

また銀行融資に比べると審査も比較的甘く、個人でも普通のローン審査の場合は、返済能力を見て判断するのです。
対して、ビジネスローンの場合は会社の決算書2期分のみで点数をつけられます。
そして、いくらまで融資することが出来るのかという判断だけになります。
必要な企業の情報をコンピューターに入力し、可否を自動判定するスコアリングシステムが採用しています。
これによって、申し込んだその日のうちに、審査結果を知ることが出来ます。

 

ローン審査を短縮することができ、即日融資を可能にすることが出来るこのシステム、実はデメリットもあるのです。
コンピューターによって出された結果は変えることは出来ず、銀行であれば担当者との面談をして交渉する余地はあるのですが、
ビジネスローンの審査の場合は、一度否決されてしまうと交渉の余地はなく、
また新たな決算書が出来上がるまで、審査を受けることは出来なくなってしまいます。
ビジネスローンの場合は、決算書の内容が第一であり、事業の将来性や社長の人柄などは評価項目になることはありません。

 

 

ビジネスローン 銀行

ビジネスローンは、公的融資や銀行融資に比べると審査が早く、即日で資金調達をすることが出来ることがメリットですが、多くの場合は金利が高いことから、高額な借り入れや長期的な借り入れは好ましくなく、しっかりとした返済計画を立てて利用しなければ、あっという間に自己資金は底をついてしまい、あくまでも、公的融資や銀行融資を受けるまでの繋ぎ資金として捉えておくとよいでしょう。

 

まず融資が必要になったら、公的融資→銀行融資→ビジネスローンの順の資金調達方法を検討し、出来るだけ金利が低い融資を受けることが重要です。
言っても、公的融資や銀行融資の場合は、必要な書類の準備や保証人、担保の準備などがるでしょう。
そして、審査も厳しく、ビジネスローンの場合は決算書の内容が悪ければ、審査が可決されることはありません。

 

そこで個人事業主の人などの場合は、事業に資金を回すことで生活が苦しくなっている場合には、
生活資金を、個人向けのカードローンで借りるという方法もあります。
個人向けカードローンは、事業資金に使用することは出来ないのですが、生活資金が目的になれば問題はありません。
銀行が提供するカードローンであれば、総量規制の影響を受けることなく借り入れを行なうことができ、公的融資や銀行融資、ビジネスローンなど事業者向けのローン審査に通らない場合の手段として、利用出来るのではないでしょうか。

 

 

ビジネスローン 借りやすい

公的融資も銀行融資も断られてしまい、事業資金の調達の目処が立たなくなってしまった場合には、ノンバンク系のビジネスローンという選択肢があります。
特に個人事業主の場合は、公的融資や銀行融資は難しく、個人事業主専用の融資なども用意されているのですが、やはり実際には厳しいでしょう。
ノンバンク系のビジネスローンやビジネスカードローンであれば、比較的審査には通りやすく、決算書の内容が審査の全ての鍵を握っていると言っても過言ではないので、内容の良い決算書さえ作ることが出来れば借りやすくなります。

 

また、貸す側である金融機関側の問題で、借りやすい時期というのが存在します。
ビジネスローンを検討している人にとっては、この借りやすい時期を知っていることが重要です。
それによって、より、審査に通る可能性が高くなるのです。
ビジネスローンが借りやすい時期は一般的には3月、9月、12月です。

 

3月は多くの企業が決算月となります。ビジネスローンを提供している企業の多くも、3月に決算月を迎えることが多いです。
この時期には、他の月よりも利益を上げて業績を上げなければなりません。
何もない月に比べると、多少の問題には目を瞑ってくれることが多くなります。
9月は上期と下期の中間期の締め月となり、3月の次に融資が下りやすい時期となります。

 

12月は年末年始の仕入れや、ボーナス支給など様々な企業で資金の需要が高まることから、融資の申し込み自体が多くなるので、融資を積極的に実行して業績アップを図る傾向にあります。
決算期、中間期、年末のどこかで申し込みをすることで、少しでも審査に通りやすくすることが出来るのではないでしょうか。

 

とは言っても、必ずしもこういった時期に申し込みをしたからと言って、審査に通るというわけではありません。
審査の鍵を握る決算書の内容がどんなによくても、税金を滞納していたり、赤字がひどく債務超過になっている場合は審査に通る可能税は限りなく低くなってしまいます。

 

 

ビジネスローン 開業資金

公的融資や銀行融資などに比べると比較的審査に通りやすく、即日で融資を受けることが出来たりと何かと便利なビジネスローンですが、開業資金としてビジネスローンで借り入れを行なうことは可能なのでしょうか?
答えとしては、一般的なビジネスローンでは利用するのは難しいでしょう。

 

なぜいかと言うと、ビジネスローンの審査基準には最低でも2期分の決算書が必要であり、2期分の決算書があるということは、最低でも2年続けて事業を行っているということなので、これから開業する人には用意することは出来ません。
決算書の内容で、融資の全てが決まるビジネスローンでは、決算書は必要不可欠な為、例外はないと言ってもよいでしょう。

 

ですが、中には開業資金調達用のビジネスローンを提供している金融機関もあり、この場合には公的融資や銀行融資と同じ様に、事業計画書や経営改善計画書などの書類が必要になり、これらの内容によって審査が行われます。
基本的にビジネスローンは、保証人は担保を用意する必要のないローンですが、開業資金調達を目的とするビジネスローンの場合には、保証人を求められることもあり、借り入れが出来る限度額は低く、金利は高く設定されるので借りる側にとってはあまり条件の良い融資にはならないでしょう。

 

事業計画書や経営改善計画書、保証人など用意してビジネスローンに申し込むのであれば、まず先に公的融資や銀行融資に申し込みをし、どちらもダメだった場合には最終手段としてビジネスローンを利用する様にしましょう。