ビジネスローン 資金調達

ビジネスローン 資金調達

  1. ビジネスローンの貸し渋り
  2. 東京スター銀行のビジネスローン
  3. ファクタリングで資金調達
  4. 資金調達に困ったら企業再生
  5. リスケジュールの危険性

 

ビジネスローンの貸し渋り

ビジネスローンの資金調達をする際に、銀行側から貸し渋りや貸し剥がしを受ける企業が最近は多いようです。世の中は、アベノミクスで景気が良くなったように言われていますが、それは上場企業などの一部だけであり、中小企業の中には資金繰りがままならない会社もあります。

 

それでも、経営を続けていく上でなんとかローンを組みたいと思っても、銀行取引の際に貸し渋りをされてしまい融資を受けることが出来なくなってしまう、または、融資をしてもらっていたのだけれど期限前に返済をして欲しいと言われる、貸し剥がしなどが行われることもあります。

 

そのような場合、どのように資金繰りの改善をしたらよいのでしょうか?まずは、出来るだけ資金を会社の外から借りないようにすることが大事です。そのため、キャッシュフローをリアルタイムで把握し、常々改善を行っていきましょう。

 

また、銀行などから融資を受けられなかった場合には、「日本政策金融公庫」などの政府系金機関もありますので、そのような視点を持ちながら資金調達先を多様化していくことも重要となります。日本を支えているのは、中小企業の経営者とその社員です。苦しい時でも一致団結し、頑張ってほしいと思います。

 

 

東京スター銀行のビジネスローン

ビジネスローンに強みを持っている銀行と言えば、東京スター銀行がありますよね。普通の銀行でのビジネスローンでしたら、決裁書を見せても審査が通らなくて融資をしてもらえなかった。などということがありますが、東京スター銀行では、自分の名義では無い不動産を担保にすることが出来るため、資金調達に有利になるというシステムを採用しています。

 

ビジネスローンと言うと、次のつなぎのためにすぐに用意したいと言う時にとても便利ですよね。しかし、いざ申し込みをしてみようとしても審査で落とされてしまうこともあります。それを回避するためにも、この東京スター銀行での不動産担保ビジネスローンはとても良いのです。

 

まず、先ほど述べたように審査の判断材料として不動産担保力を重視します。これは決裁書だけでは不安な個人事業主などには嬉しいと思います。また、担保に入れる不動産ですが、自社や自分名義の不動産ではない場合でも入れることが出来ます。そして、その不動産に複数の抵当権がついていたとしても大丈夫なのです。

 

このように、東京スター銀行での不動産担保ビジネスローンは、中小の企業や個人主に特化したローンとなっています。もし、資金繰りに困ったら担保融資をしてみるのも手ですね。

 

 

ファクタリングで資金調達

ビジネスローン強みは、担保がいらず保証人も無しにローンが組めることです。審査自体もとても早く、即日融資してもらえることもあるので取引先との売掛金などが発生した時に次までのつなぎとして利用することが出来ます。

 

しかし、何らかの理由でそのビジネスローンが利用できない場合があります。業績の不振などで審査が下りない時などです、そのような時に資金調達をするのはとても大変です。

 

そのような時には、ファクタリングを利用してみるのはいかがでしょうか?ファクタリングとは簡単に説明すると、自分の会社が保有している売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらい、その売掛金の金額を早期にファクタリング会社の方から支払ってもらう、というものです。これにより、売掛金が入らずに資金繰りが悪くなってしまう、不渡りを出してしまうなどというリスクを減らすことが出来ます。

 

このファクタリングにより、売掛金の早期資金化につながるので、銀行借り入れのように担保を要求されることが無く身軽にキャッシュフローの改善が図れます。また、ファクタリングを行うことで、売掛金のオフバランス化ができバランスシートのスリム化が出来ます。このように、ファクタリングによって円滑な資金調達が出来るようになります。

 

 

資金調達に困ったら企業再生

良く、テレビなどで企業の業績が傾いたから「リストラ」しなくては。なんてストーリーを目にします。リストラなんて、自分の身に降りかかったらとても恐ろしいとは思うのですが、業績不振になってしまった企業を立て直すには、そのような企業再生の措置をとるしかないこともあるのです。

 

通常ですと、資金調達に困った場合は、無担保ですぐに借入が出来るビジネスローンを利用しますよね。しかし、業績の悪化によりその審査が下りなかった場合はもう企業再生をしてなんとか回復をしなければいけません。

 

企業再生をする理由としてこんな例があります。食品製造販売業の例です。この企業においては、営業利益が赤字であり、かつ金利の高い借入金が2億円ほどある問題があります。これに対する企業再生は、経費削減や商品廃棄を抑えキャッシュフローを正常に回す措置をとったそうです。

 

また、飲食店やスポーツ設備の経営をしている企業では、2、3か月後に資金がショートしてしまい、借入金金が6億を超えている状態でした。これに対する企業再生措置は、倒産を防ぐための赤支店リストラ、遊休資産の換金化などを行うことでしたこのように、ビジネスローンを利用できない場合でも、企業再生などで資金調達が出来るということが分かってくるのです。

 

資金繰りに困ったら、早めに企業再生を行った方が良いですね。

 

 

リスケジュールの危険性

銀行や金融機関などで、ビジネスローンを組んで資金調達をしている企業はたくさんあると思います。しかし、不況の時代が長引き、事業経営が苦しくなっている会社も多いのではないでしょうか?

 

そんな時に改善策として、銀行や金融機関などへリスケジュールを申し込む手段もあります。そもそも、リスケジュールとは2009年12月に制定された中小企業金融円滑法から施行されたものです。この法律は2013年には終了していますが、これにより金融会社の中でリスケジュールというものが浸透し、中小企業の返済などの緩和に役立つようになりました。

 

ビジネスローンでの資金調達が難しくなっただけでなく、返済や返済方法のメドが立たなくなってきてしまった場合などには、速やかにリスケジュールを行うことが良いのですが、このリスケジュールは、一度申請してしまうと相手の金融機関などに警戒されてしまうため、新規の借入が出来なくなってしまう危険性があります。

 

リスケジュールにより、金利をカットしてもらったり返済期間を延ばしてもらったりは出来るのですが、逆に返済できる力があまりないと判断されてしまうのです。企業にとってはとても痛手ですよね。このように、企業再生としては良い措置かもしれませんが、それから先の事を見据えた時に、企業側に代打液になってしまうという危険性をはらんでいるのがリスケジュールなのです。

 

ビジネスローン 資金調達記事一覧

創業時の資金調達なら初心者でもおすすめ出来る日本公庫の新創業融資制度独自のアイデアや発想で生まれたサービスの数々。宝の持ち腐れにするのは勿体無いというものです。事業プランが決まったらいよいよ起業です。しかし、起業をされる方の絶対的な壁となるのが資金問題。起業家にとって創業時の資金調達方法は、必ず検討しておかなければいけません。とは言っても、資金調達方法ってどんなものがあるのかさっぱり…。そんな方へ...

新しい事業支援に信用保証付の融資事業を考えられている方でアイデアは豊富だけど、お金が無いから起業できないと悩んでいる方も多くいる事だと思います。始まりはとても肝心ですので、やる気を資金不足で奪われている場合ではありません。どうしても自己資金が足りないと思っている方でしたら"信用保証付の融資"をご検討してみましょう。創業融資として、候補の一つに考えたい資金調達方法としましては、こちらの信用保証付の融...

ビジネスローンや事業資金用途に株式会社エスワイシーお金をただ借りるというだけでなく、企業にとっては資金調達という事が重要となってくる事でしょう。個人でただフリーローンでキャッシングをしたり、それによって小口融資を受けるのとは全然わけが違い、事業者向けローンを検討しなければ資金不足となってしまい恐らく企業どころではないと思います。とは言っても、数多くありますビジネスローン。比較しても何が何だかわから...

東京スター銀行の中小企業応援ローンと言えば不動産担保ビジネスローン?事業の運転資金が必要になったら、やっぱり不動産担保ローンも捨てがたい案となります。東京スター銀行には、中小企業向けの不動産担保ビジネスローンというものがありました。大口融資が必要な時でも低金利で、借入が出来るのもメリットがあります。ちなみに、保証会社はアサックス株式会社となっております。何かとつなぎ融資が必要となったり資金不足の賄...

急な資金調達が必要になったらファクタリングを活用事業の存続を左右する課題として、資金繰りにあると思います。取引先への支払い、運転資金の調達、事業資金確保。経営者であれば誰でもお悩みになられる事だと思います。こんな時にファクタリングが大役立ちするって知っていましたか?ファクタリングを利用する事で、企業主が保有している売掛金をこのファクタリングサービス会社が買い取り、資金化を高速に行えるというものです...