ビジネスローン 審査甘い

ビジネスローン 審査甘い

ビジネスローン 審査甘い 関連記事


 

ビジネスローン 審査甘い

中小企業や個人事業主に特化した事業資金融資にビジネスローンがあります。
昔は銀行は主に大企業に融資をしていたのですが、近年メガバンクも地方銀行も中小企業に対するビジネスローンに力を入れています。
ビジネスローンは無担保・無保証人が基本です。
ただし、法人の場合は代表者が連帯保証人になる必要があるかもしれません。
金利が高い分、通常の銀行の証書貸し付けよりも若干審査が緩く、融資までにかかる時間も短く設定されています。

 

事業者の資金調達はとても大変です。開業資金から始まり事業運転資金、少し起動に乗れば設備投資やつなぎ資金、急な大口の仕入れが入れば大きなお金が必要になる時も
あります。
そういったときに比較的簡単に利用できるのがビジネスローンです。
銀行と、消費者金融、信販会社などのノンバンクがビジネスローン商品を提供しています。
公庫にも無担保の日本政策金融公庫がありますが、融資までに2か月ほどの時間が掛かり必要書類も多く、面接もあります。
銀行やノンバンク商品に比べると非常に金利が低いので時間に余裕がある人は選択肢に入れるといいと思います。

 

ビジネスローンとは一体どのような基準で審査をするのでしょうか?

ビジネスローンの審査基準というのは、大雑把に言えば収入が安定しているかどうかを確認する意味を持っています。
税金の未納はないか、業務歴が短すぎないか、債務超過になっていないか、事業内容は問題ないか、信用情報に問題がないか、などを審査します。
必要書類としては、本人確認書類、決算書や確定申告書(2期分のところが多い)あとは借りる金融機関によって事業計画書や収支計画書、登記事項証明書などが必要なところ
もあります。

 

上にも書いたように、ビジネスローンは金利が高い分、銀行でもほかの融資物よりも審査は甘く、消費者金融では銀行よりも更に審査は甘くなっているのですが、審査に
通らない会社は往々にしてあります。
赤字企業や債務超過の会社や、過去に返済で金融事故を起こしていたり、税金の未納があるなどすれば審査には通りません。

 

そういった場合の事業運転資金調達に、ファクタリングがあります。
会社が持っている売掛債権をファクタリング会社へ売却する方法です。
この方法であれば審査が無いので赤字決済の会社でも事業融資を受けなくても簡単に資金調達できる方法です。
審査が無いので迅速に資金調達ができます。
その反面、ファクタリング会社に支払う手数料が高いのがデメリットで、ビジネスローンを借りたときに支払うであろう利息よりも手数料のほうが高いと言われています。

 

保証人や担保の必要がなく、事業融資を受けられるビジネスローンは事業者にとってありがたい存在です。
金利が高いところが難点ではありますが、他の証書貸付よりも比較的審査が甘いので、少しでも金利が低い銀行から融資を受けられれば非常に心強いと思います。
ノンバンクから借りる場合でも返済シミュレーションを考えて有効的に借りれば事業拡大のチャンスになると思ます。

 

▲TOPにもどる

 

ビジネスローン審査甘い 運転資金

「事業運転資金が足りず、ビジネスローン審査甘いところで借りたい」「個人事業主だが事業資金でお金を借りたい、どこか審査の甘いところはないだろうか」このような悩みを抱えている個人事業主様もいらっしゃるでしょう。

 

事業に必要な資金を準備できない場合、ビジネスローンなどが便利ですが、借入に不安があったり、本当に自分は借りられるのかなど自信が無くなったりすることもありますよね。
では、審査の甘いビジネスローンはあるのでしょうか。

 

ビジネスローン審査甘いところはどこか

ビジネスローンにも幾つか種類があります。銀行がやっている融資や、ノンバンクと言われる銀行以外の業者が行っている融資です。
銀行の審査が厳しいと言われており、ノンバンク系も優しくはありません。

 

事業性を見られますし、事業計画書や確定申告書などをチェックされます。将来性が感じられない場合は審査は厳しくなると言われています。

 

では、ビジネスローンでの借入はできないのかというと、少し考え方を変えれば借入ができる可能性があります。
それは個人で借入をするということ。事業性のあるお金でも融資を受けられる可能性があります。

 

審査の甘さを重視するなら中小の消費者金融に申し込み

事業性資金に使える融資を行っている金融業者いくつかあります。

業者によって融資額は異なりますが、中でも審査の甘さで見るのであれば中小消費者金融業者がオススメです。

 

融資してくれる会社にはいくつかありますが、その中でも銀行などと比べて審査が甘いのが特徴。

 

金利は多少高くなりますが、事業資金融資を受ける方法としてオススメです。
またあなたのサービスやモノが納品してから、入金までブランクが長い場合はファクタリングという方法を使うのも1つ。
これはカンタンに言うと売掛金を早期に回収できるというもの。それを代行しているファクタリング会社なども存在します。

 

お金が必要な理由にもよるが弁護士への相談も視野に

事業性のあるお金を工面するためには、上記のような方法があります。
しかし、いずれにしても審査が必要であるためそれができなかった場合にどうするかも事前に考えておくといいでしょう。

 

もし、借金の支払いで借入をしたいのであれば、借金そのものを整理するのも一つの方法。
弁護士の中には借金相談を専門的に行っているところもあり、無料で相談できるので実施するといいでしょう。

 

▲TOPにもどる

 

ビジネスローン 審査甘い 融資

ビジネスローンとは、個人事業主や中小企業経営者、事業者向けの無担保・無保証人ローンの通称です。
特徴を挙げるとすれば、担保が不要であることと、金利が他の銀行の証書貸し付けより高めに設定されていること、その分審査が柔軟な傾向があることなどが挙げられます。

 

ビジネスローンは銀行でも扱っていますし、消費者金融や信販会社などのノンバンクで扱っている商品も多数あります。
銀行系のほうがノンバンク系に比べると金利が低いのと、銀行のビジネスローンの方が返済期間が短く設定されているようです。
また、審査はノンバンク系のほうが必要書類が少なくて比較的甘い審査になっているようです。

 

中小企業経営者や個人事業主が安定的に事業費の資金繰りを行うことは非常に難しいと思います。
銀行カードローンや大手消費者金融からの借り入れでも自営業者には厳しい審査結果になる場合が多いです。
そういった中で事業資金が必要になったときにすぐに資金調達できる金融業者を確保できるかどうかは大事なポイントになると思います。

 

消費者金融や信販会社が提供するビジネスローンは必要書類も少な目で即日融資というところもあります。
また、カードローンのようにカードが発行されて、必要な時にATMから借入・返済できるといったサービスがあるところもあります。
ただ難点は金利が高いことです。
100万円未満の融資だと年利18%が上限になっています。
これだと次の融資までのつなぎ目的などの短期間の利用やどうしてもの緊急事態用として考えておくのが安全かと思います。
借りる場合は返済シミュレーションを考えた方がいいと思います

 

審査に2か月くらい時間が掛かって、提出書類も多く面談まであるという公庫商品なのですが、日本政策金融公庫は無担保で融資してくれて金利が3%位と非常に低いです。

時間に余裕がある人は検討されてみるといいかもしれません。

 

審査が甘い事を最重要条件とするのであれば、やはりノンバンク系のビジネスローンでしょう。
もう少し厳しくてもよいのであれば銀行系のほうが金利は低いです。

 

どうしても審査に通らない場合は、ファクタリング会社へ売掛債権を売ってお金にするという方法もあります。
この方法であれば、借入ではないので負債を抱えるということにはなりません。
しかし、手数料を高くとられるというデメリットもあります。
ビジネスローンを借りるほうが金額的にお得ではあるのですが、赤字が続いている会社や債務超過で審査に通らない会社の経営者では、ファクタリングを利用する人が
多いようです。

 

ビジネスローンの申込時の必要書類を簡単に挙げておきます。
本人確認書類、決算書または確定申告書。その他には印鑑証明や登記事項証明書、事業計画書や収支計画書など、申し込む金融機関によって細かなところは違ってきますし、
法人か個人事業主かによっても違ってきます。
申込先の金融機関に確認したほうがいいと思います。

 

中小企業では事業運転資金の資金調達に頭を悩ませている事業主は多いかと思います。
どうやってお金を準備するかは、自社の経営状態やこれから先の見込みなどを考慮して判断するしかありません。
今がビジネスチャンスだと思って乗り切りたいものです。

 

▲TOPにもどる

 

ビジネスローン 審査甘い 業者

審査が甘いビジネスローンをお探しの事業者さんは多いかもしれませんね。
というのも、利益が出ていない会社や最近の決算で債務超過であったりすると、審査に通らないとされているからです。

 

個人事業主や中小企業の経営者の人はみなさん資金調達に苦労されていますね。
商品がたくさん売れたとしても掛けで販売していると、期日まで現金は入ってこないのですから、新たに仕入れをするためだったりの運転資金に必要なお金が上手く回らず、
事業資金不足に悩んでいる人は多いようです。

 

そんな時に利用しやすいのがビジネスローンです。
ビジネスローンは銀行や、消費者金融・信販会社から提供されています。
無担保・保証人なしで、審査時間が銀行であっても比較的短く、消費者金融では即日融資にも対応している融資会社があります。
法人の場合、代表者が連帯保証人になる必要があるかもしれません。
融資限度額は銀行の方が高く、5000万円から最高で1億円というところもあります。
ノンバンクでは300万円から最高で1000万円といったところです。
しかし、金利が高いのが難点です。返済が負担になっていく可能性もあるでしょう。

 

自営業者が事業資金融資を受けるのが難しいというのは、カードローンの審査を考えてみればよく分かります。

銀行カードローンでも大手消費者金融でも自営業者は収入が不安定という理由で属性が低く、審査に通りずらいことはご存知の方も多いと思います。
しかし、ビジネスローンは金利が高いということもあり、銀行でも比較的審査は甘いようです。
銀行と消費者金融を比べると、消費者金融のほうが金利が高く、審査も銀行より更に甘いといわれています。

 

とはいっても、上にも挙げたように審査基準に満たずに通らない事業者は多いのです。
審査に通るための最低条件を挙げてみると、2〜3年以上の業歴があることと、赤字ではないこと、税金の未納がないことと、債務超過でないこと、過去の借り入れで
事故情報がないこと、などがあります。

 

必要書類も、本人確認書類と決算書・確定申告書はいずれにせよ必要ですが、その他の書類は法人か個人事業主かや、申し込む金融業者によって違ってくるので、その辺も
確認しなければ不足すると審査を受けられななってしまいます。
迅速な融資が出来なくなってしまう原因となるので気を付けなければいけません。

 

赤字や債務超過が原因で審査に通らない場合、それでもどうしても事業融資を受けたい時は、融資ではなくてファクタリング会社へ売掛債権を売るという方法があります。
これをファクタリングといいます。
ファクタリングは負債ではないので精神的にも楽ではありますが、手数料を高くとられるので、比較計算するとビジネスローンのほうがお得のようです。
しかし、審査が無いので赤字の企業でも簡単に資金調達できる方法となります。

 

経営者は、必要な時にどのような形ででも資金を集めることが出来る準備があると安心です。
そういったときのために普段からビジネスローンやファクタリングについて調べておくのもビジネスチャンスを逃さない秘訣かもしれません。

 

▲TOPにもどる

 

ビジネスローン 審査甘い 資金

審査が甘いビジネスローンといえば消費者金融のビジネスローンだと思います。
消費者金融の中でも大手よりも中小消費者金融のほうが審査が甘いです。
ただし、審査が甘いということは金利が高いということになります。

 

まず、ビジネスローンについて少し説明したいと思います。
ビジネスローンは中小企業や個人事業主に対する資金調達のための事業者融資で、無担保、無保証人で融資するローン商品です。
提供している金融業者は銀行と消費者金融・信販会社などのノンバンクがあります。
金利については銀行であっても通常の証書貸し付けよりも高めに設定されています。消費者金融ではさらに高い設定です。
その分審査は柔軟になっています。事業者金融、商工ローンとも呼ばれています。

 

必要書類は本人確認書類と決算書または確定申告書、それ以外には借りる業者によって違いますが事業計画書や収支内訳書、資金計画書、登記事項証明書などが必要だと
思います。
提出書類が多いところは審査に時間が掛かる可能性が高いです。
ちなみに消費者金融では即日融資も可能です。

 

審査の基準としては、利益が出ている会社であること、税金をきちんと払っていること、最新の決算が債務超過ではないこと、過去の返済で金融事故など起こしていないこと、
業歴が2〜3年以上のあること、社長の信用度のチェックなどがあります。
赤字企業では審査に通らない可能性が高いです。

 

審査に通らなければ事業融資を受けることが出来ません。

そんな時、他の方法としてファクタリングがあります。
あまり聞きなれない言葉ですが、自社が持つ売掛債権を資金調達のために手数料を払ってファクタリング会社へ売却することです。
借金ではないので担保も必要ありません。負債ではないのです。
しかし、手数料が高く、ビジネスローンを借りれるのであれば、その方がお得だと思います。

 

個人事業者や中小企業の経営者にとって、事業資金を工面するのは頭が痛い作業です。
ビジネスローンを借りることが出来ればいいのですが、消費者金融で借りるとかなり金利が高いです。
負担が大きいと思うので、借りる場合は短期間だけなどと期間を決めたほうがいいかもしれません。

 

他にも事業融資方法として法人カードのビジネスローンという方法もあります。
日本政策金融公庫(国金)では非常に低金利で年利3%前後で融資を受けることができます。ただし、審査に仮審査、本審査とあり融資までに2か月ほどかかります。
提出書類も多く、面接も行われます。非常に時間と手間がかかるのですが、金利が低いので時間に余裕がある人は考えてみてもいいかもしれません。

 

事業者の資金調達の方法は色々あるようです。
急ぎで必要なのか、時間的余裕があるのかでも違ってきますが、色々調べて一番自分の会社に合う方法を探してほしいと思います。

 

▲TOPにもどる

 

ビジネスローン 審査甘い 金利

ビジネスローンとは中小企業や個人事業主に対して無担保・無保証人で事業性資金を融資する事業者金融のことです。
消費者金融業者が提示している金利を見てみると、6%〜18%などずいぶん幅があります。
なぜならば、申し込む会社の審査結果によって金利も変わってくるからです。
できるだけ金利を低く借りたければ、上限金利が低い金融会社で借りるほうがいいと思われます。

 

個人事業者や中小企業の経営者が事業運転資金を工面するのには大変な苦労があります。
運転資金や増改築の費用など、次から次にお金が必要な場面がやってきます。
そんな時、低いハードルで借入できるところがあると安心できます。

 

その方法としてビジネスローンは無担保で、しかもスピーディに、消費者金融であれば即日融資も可能なので、急ぎの資金調達に活用できます。
しかし、デメリットとして上記のような金利の高さがあります。
つなぎ資金としての短期間や次にお金が入ってくる予定がわかっているときなどに利用しなければ返済が大きな負担になってしまう可能性もあるでしょう。

 

手軽にビジネスローンを借りることができるとすれば、銀行か消費者金融や信販会社でしょう。
金利は銀行の方が低いですが審査はその分厳しくなります。借入限度額も銀行の方が高く設定されています。

 

非常に金利が低い事業融資の方法として、日本政策金融公庫があります。こちらも無担保融資です。
年利3%前後ということで、ノンバンク系のビジネスローンとは比べ物にならない低金利なのですが、審査に2か月ほどの時間が必要です。
提出書類の多さと仮審査と本審査があり、面接もあるようです。
手軽に借りるという感じではありません。
しかしながら、時間に余裕があって、書類なども準備できるのであれば魅力的な金利であることには変わりありません。

 

通常、消費者金融などでビジネスローンを借りるときの必要書類は、本人確認書類と決算書・確定申告書などです。

他に、借入先によっては事業計画書、収支計画書、印鑑証明、登記事項証明書などを求められる所もあります。
基本、必要書類が多いほうが審査が厳く時間もかかると考えられます。

 

しかし、ビジネスローンは銀行でもノンバンクでも金利が高めに設定されているので、基本的に審査は緩めで融資はスピーディに行われます。
ただし、利益が出ない赤字の個人事業主や決算が債務超過になっている会社、未納になっている税金がある企業などでは審査に通りません。
そのような審査に通らない会社がどうしても運転資金が必要な時は、会社が持っている売掛債権を売って現金化するファクタリングを行う企業が多いようです。
ファクタリング会社に手数料を取られるので、ビジネスローンを借りるほうがお得ではあるのですが、審査に通らない場合はこういった方法があることを知っておくといいと
思います。

 

これから自分で会社を立ち上げようとする方は、このような事業資金の工面が大変になる時があると思います。
お金を作るのには、本当に様々な方法があります。
その時々でそれを使い分けるためにも情報を得ておくことは大事なことだと思います。

 

▲TOPにもどる

ビジネスローン 審査甘い記事一覧

「事業資金をなんとか準備したい」「ビジネスローンで審査に通りやすいところはないのか」会社を経営されていたり、個人でお店を出していたりする人で、お金の工面に悩んでいる人もいらっしゃるでしょう。事業性資金の融資を受けるためには一般的にはどのような方法があるのでしょうか。銀行融資や公的融資ビジネスローンなどが一般的事業性のあるお金の融資を受けるためには、どのような方法があるのでしょうか。まず第一に思い浮...

融資を受けたいと考えているが、なるべく審査の甘い所がいいと思っている経営者・事業主様もいらっしゃるでしょう。会社や事業でお金を工面出来る方法としては借入やファクタリングを使う方法があります。例えば銀行から銀行融資を受けたり、日本政策金融公庫などの公的融資を受けたり、売掛金を譲渡するファクタリングを使用したりという方法です。しかし、銀行や公的融資には担保や信用保証協会の保証が必要なケース、審査に時間...

「資金調達が必要でどこか借りられないか悩んでいる」「自営業者だが、資金を準備したくてどこで申込すればいいのか迷っている」このような疑問や悩みを抱えている経営者、個人事業主様もいらっしゃるでしょう。お金を借りるための手段はいくつかありますが、なかでもできるだけ審査に通りやすいところはあるのでしょうか。個人事業主でビジネスローン審査甘いところは?個人事業主や経営者を対象として、貸出をおこなっている会社...

「事業を行っているが、保証人なしで貸してくれるところを探している」「資金調達のために審査が甘い金融業者がるといいのだが」「日本政策金融公庫から融資が下りず、困っている」経営者様や個人事業主様の中で、上記のように資金繰りに悩んでいる人も多いでしょう。中でもビジネスローンの審査が甘い所を探している場合は、どのような業者が良いのでしょうか。事業に使えてビジネスローン審査甘いところはどこ?事業性のあるお金...