ビジネスローン審査甘い ファクタリング

ビジネスローン審査甘い ファクタリング

「ファクタリングを利用して資金調達しようと思ったが、自社には合わなかった」
「会社のカード支払いが近づいており、なんとかして事業資金を準備しないとマズイ」
「どこかスピーディに事業融資が受けられるところはないだろうか」

資金繰りのことで頭を抱えている経営者・個人事業主の方もいらっしゃるでしょう。
スピーディにかつ、なるべく高い確率で資金を準備できる方法や、融資が受けられる方法ないのでしょうか。
ここでは資金を準備する方法と、それぞれの融資スピードならび審査の難易度についてご紹介します。

銀行融資、公的融資はお得だが審査厳しく遅い

事業融資を受ける方法として代表的なのが銀行融資や公的融資です。

金利が低く、かつ融資額も非常に大きいのが特徴ですが、審査は厳しくかつ融資までのスピードも数週間かかるなど時間が必要です。
これらの金融業者や公的機関から融資を受けるのには、メリットが大きいのですが、反面時間や審査の厳しさがあるので、急いでいる方には向いてないでしょう。

ビジネスローンが早く、かつ審査も緩い

もう一つの方法がビジネスローンを使用するというもの。
銀行融資に比べると審査スピードが非常に早く、1日で資金が準備できるサービスもあります。

審査の厳しさは業者によって異なります

銀行や信販会社などの審査は厳しいとされ、一方でゆるいのは消費者金融系です。

消費者金融系も大手と中小と分類され、中でも中小の方が審査は緩いと言われています。

中小の消費者金融系ビジネスローン

とにかく資金を準備したい、審査が通る所で用意したいのであれば中小の消費者金融系ビジネスローンで申込するといいでしょう。

ただ、審査スピードや通りやすさの反面、金利が高く、限度額も低いことは知っておくといいでしょう。
会社のお金を準備する場合、あなたの希望や条件に応じてどこで借り入れするか決めることが大切です。

ただ、ここに挙げた方法でも希望する借入ができなかった、審査に落ちてしまったという可能性も起こりうることです。
その場合どうすればいいのかというと、もしあなたの会社や事業に借金があるのであれば、弁護士に相談するというのも方法の1つ。

ネット上にもそのやり方を説明する記事もあるので、どうしてもお金が準備できないが、どうしようもない場合は、借金専門の弁護士に相談するのも1つの方法であることを知っておくといいでしょう。