ビジネスローン ファクタリング 違い 有意性

ビジネスローンとファクタリングの違いと有意性

資金調達方法として、

  • 銀行融資
  • ビジネスローン
  • ファクタリング

があります。
その会社によって、方法選択はありますが、一般的な銀行融資は、審査も厳しいので、我が社は相手にしてくれないという場合も少なくありません。
そこで、事業資金入手としては、ビジネスローンとファクタリングが有効と考えます。

 

ファクタリング

自社の売上債権をファクタリング会社に入金をしてもらうことで、資金がまわります。
よって、うまく行けば、負債はゼロです。
会計上では資産となります。
審査もないファクタリングは、返済の必要がなく、売上が減った事実だけです。

 

ビジネスローン

審査がありますが、借入額が大きくできる可能性が高いです。
必要以上に枯れることもないことですが、借入れをチャンスとして事業拡大などが広がります。
返済できる範囲内の借入れで、収益が上がれば将来の展望も開けますが、返済計画はきちんとていなければならないでしょう。

 

事業運転資金も必要性がある場合には、なんとか資金を入手することです。
比較的審査が甘いビジネスローンが早期に資金を手にすることができます。
ファクタリングの審査や金利のゼロ部分は魅力ですが、手痛い手数料が存在します。
今欲しい資金が100%入手できないことで、資金調達失敗があります。

 

ファクタリングで不足してしまった部分をビジネスローンで穴埋めをするのなら、最初からビジネスローンが良かったのに、という展開も予想されてしまうわけです。
そこで、手数料の金利をビジネスローンラインの比較で

  • ビジネスローン10〜15%に対し
  • ファクタリングは最高30%に達します。

 

ファクタリングの使い方を間違えると税金にも影響があります。
ビジネスローンに手をつけるのは、返済計画が立たないからという場合もありますが、審査が甘いところであっても、多額の借入れの場合は、それほど金利は高くないところもあります。
都合の良い話ですが、最近では消費者金融でも比較的良心的なビジネスローンを展開しています。
限度額はさほど大きくないのですが、1ケタの低金利のところもあり、ネームバリューのある消費者金融では、徐々にそうしたビジネスローンの商品が出回っているのが現状です。

 

資金調達としては、その時に決着を付けなければならないのですが、ビジネスローンの審査の速さもメリットです。
赤字決算でも審査が通る場合もあり、その審査の甘さは銀行融資とは雲泥の差です。