ビジネスローン 法人

ビジネスローン 法人

  1. 法人向けビジネスローンのメリットとデメリット
  2. 法人向けビジネスローンの特徴
  3. 法人向けビジネスローンで注意したいこと
  4. アイフルの法人向けビジネスローン事業サポートプラン
  5. 法人向けビジネスローン申し込みの必要書類

 

法人向けビジネスローンのメリットとデメリット

資金調達に困ったとき、個人ならカードローンの契約をして借入れをする方法がありますが、法人の場合はどうすればいいのでしょう。
住宅向けの住宅ローンや自動車購入に使用する自動車ローンなどと異なり、カードローンの場合特に使途を限定しておらず自由とされています。
しかし、よく約款などに目を通してみると、カードローンは事業性資金としては禁止されています。

 

もしあなたが会社の代表者で事業用資金が不足しているなら、法人向けに作られたビジネスローンに申込みをしましょう。
ビジネスローンは個人事業者向けでもあり、さまざまな事業資金に利用できます。
例えば、設備に投資する資金、発注した外部業者の支払い費用、社員やアルバイトなど給与の支払い、融資金や売上金が入金されるまでのつなぎとなる運転資金、新規事業の発足にかかる資金などです。

 

法人経営者や個人事業主は、ビジネスローン以外にも何種類かの事業融資方法を持っています。
いずれの方法も貸付条件の内容や返済方法、金利の高さ、審査の厳しさが異なります。
最も審査が甘いといわれているのは消費者金融やビジネスローン、次が信用金庫や銀行融資、最後が公的融資の政府系金融機関の順番です。

 

政府系金融機関とは、商工組合中央金庫や日本政策金融公庫のことになります。
こうした公的な金融機関は銀行系などと比べてとても金利の実質年率が低いことから、まだ十分な資金がない新規事業の発足時などにはありがたいメリットです。

 

ただ、公的な資金を用いるということから、利用者になるためにはたくさんの資料を準備しなければなりませんし、審査結果がでるまで待たされるというデメリットもあります。
希望融資額がまとまった額であるほど低金利の魅力は大きなものになりますが、資金調達に時間がないときに膨大な提出資料をそろえることは困難です。

 

ビジネスローンでしたら、急いでいるときでも申し込みをした即日に審査をしている金融業者がありますのでとても助かります。
ビジネスローンの金利の目安は、個人向けの消費者金融キャッシングと同じくらいといったところです。

 

ビジネスローンの利用限度額は高額なので、貸金業者の申し込みを検討されている場合は審査に通るか心配かもしれませんね。
個人が消費者金融を利用する場合は、貸金業法の総量規制により、申込者の年収の3分の1を上限とする決まりがありますが、ビジネスローンは総量規制の適用外なのでその点は安心して申し込みできます。

 

ビジネスローンは連帯保証人や担保が不要ですので、その点も会社経営者や個人事業主の方が利用しやすいポイントとなっています。
商工組合中央金庫や日本政策金融公庫の公的融資に申し込みをすると、実際に貸し付けされるまで早いケースで1カ月かかるというのが現状です。
スピードが要されるときほど、法人からビジネスローンが選ばれています。

 

▲メニューに戻る

 

 

法人向けビジネスローンの特徴

お金が必要になったとき、個人が融資の申し込みをするカードローンに対し、法人の場合はビジネスローンがあります。
お金を借りるとなったら、一番の選ぶポイントは金利の低さだという方も多いのではないでしょうか。

 

低金利で事業資金を調達する手段として、公的融資である日本政策金融公庫や銀行があげられますが、申し込みをして審査に通過し貸し付けされるまで早くても1カ月近く待たなければなりません。
ビジネスローンなら早ければ即日融資も可能ですので、スピードでせっかくのビジネスチャンスを逃したくないときなど、ビジネスローンが力になってくれるでしょう。

 

銀行や日本政策金融公庫からの融資の申し込みをして、審査結果がくるのを待っている間も、事業用資金が必要になることがあります。
あともう少し待てば資金調達の目途がつく、けれどまだ時間がかかりそうだというとき、ビジネスローンによる融資があればつなぐことができます。

 

金融機関から融資を受けるとなると、担保になるような財産は持っていないし、連帯保証人を頼める人なんて思い当たらないという法人の方も少なくないはずです。
ビジネスローンは、連帯保証人も担保も不要ですので心配いりません。

 

日本政策金融公庫などの公的融資と違い、膨大な量の必要書類をそろえなくても申し込みを開始できます。
決算書と確定申告書を提出すれば、ビジネスローンの申し込みができます。
資金調達は普段の仕事の合間に時間を見つけて行うことですから、準備に時間がかからないのは、それだけで大きなメリットといえます。

 

ビジネスローンは、消費者金融などの貸金業者でも扱われている商品です。
消費者金融といえば、貸金業法の総量規制がありますので、年収の3分の1以上の貸し付けはできないことで知られています。
事業性資金はある程度まとまった大口融資になるでしょうから、そうなると審査落ちする可能性が濃厚になってきそうです。

 

ビジネスローンは一般的に利用限度額が大口なところが多く、1,000万円なども珍しくありません。
ビジネスローンなど事業用を目的にした資金は、貸金業法の総量規制の対象外となっています。
ですから、安心してビジネスローンに申し込みをしてみてください。

 

▲メニューに戻る

 

 

法人向けビジネスローンで注意したいこと

法人が事業資金を調達したいとき、最短即日融資もできるなど対応がスピーディなことなどから多くの会社経営者に選ばれてるのがビジネスローンです。
融資の申し込みの際には必要書類の提出が求められますが、ビジネスローンは基本的に事業所得を示す決算書や確定申告書があればOKです。
ビジネスローン商品によっては、事業歴を把握するために二期分の確定申告書を用意します。

 

法人が融資を受けられるところには、銀行や公的融資がありますが、ビジネスローンはこれらよりも対応が早いことから、高金利というデメリットがありますので気を付けてください。
法人によっては、急きょ資金が必要になったためにビジネスローンで借り入れをしたのですが、あまりの金利の高さから返済が困難になる事態がでています。

 

会社を経営していると、季節的な要因や設備に欠陥が生じて修理費用がかかるなどということも起こるものです。
中小企業や零細企業はどうしても備えられる事業資金が少額になりがちですので、ビジネスローンや銀行などの融資が必要になることがあります。

 

不慮の事態だけでなく、例えば事業を拡大したい、新規事業を起こしてさらなる飛躍を目指したいという前向きな動機により、資金調達の必要性がでてくることもあります。
このような場合にもビジネスローンは役立ちますので、申し込み前には必要書類などを確認してどこにするか選びましょう。

 

新規事業の資金などこれから長期間に渡って返済していかなければならない大口融資の場合、金利が高いビジネスローンは不向きという意見もあります。
基本は、金利が低い銀行や公的融資から借り入れを行うことをおすすめします。
これらは申し込みをしてから借り入れができるようになるまで、早くても1カ月近く待たされます。
この待ち時間に、即日融資も可能なビジネスローンで穴埋めをし、以降は銀行や公的融資で資金調達をすることを検討してみてはいかがでしょうか。

 

▲メニューに戻る

 

 

アイフルの法人向けビジネスローン事業サポートプラン

アイフルといえば、大手消費者金融の一社として高い知名度を誇っています。
ご自身が経営する法人の融資先は、安心できる大手がいいという方も多いことでしょう。
急きょ事業用資金が必要になった場合、アイフルの「事業サポートプラン」というビジネスローンがあります。

 

事業サポートプランは2タイプがあり、「無担保ローン」と「不動産担保ローン」から選ぶことができます。
法人で融資を受けるため大口になるという場合、貸金業法の総量規制が心配になるところです。
しかし、事業サポートプランは事業性融資であることから、年収の3分の1以上の大口融資も受けることができます。

 

アイフルの事業サポートプランは基本的に即日融資も可能なのですが、時間帯によっては翌営業日以降の融資になってしまうこともあります。
お急ぎのときには、午前中の早い時間帯に手続きを行うなど、早めに申し込みをした方が確実です。
電話やインターネットから、申し込み手続きができます。

 

事業サポートプランの無担保ローンは、1万円から500万円の利用限度額で、金利は実質年率6.0%〜18.0%です。
法人プランと個人プランがありますので、個人事業主の方もOKです。

 

不動産担保ローンは、100万円から1億円と高額の利用限度額で、金利は実質年率6.8%〜12.0%です。
こちらも無担保ローンと同様に、法人だけでなく個人事業主の方も貸し付け対象となっています。

 

担保にできるのは、建物や土地といった不動産です。
法人が融資を受ける場合には、原則として代表者の連帯保証が必要になりますので気を付けて申し込みをしてください。

 

個人事業主に限り、契約限度額100万円から2,000万円でカードローンが利用できます。
事業用資金ということで、カードローンでもはやり融資金額が大口なので大変助かるのではないでしょうか。
金利も通常で借り入れするより低くて有利ですので、上手に活用していきたいところです。

 

▲メニューに戻る

 

 

法人向けビジネスローン申し込みの必要書類

法人向けビジネスローンに申し込むときには、どのような必要書類の準備が必要になるでしょう。
各社で詳細は異なるでしょうが、今回は一般的にビジネスローンの申し込みで共通する必要書類についてご紹介します。

 

まず、法人の代表者の本人確認書類が必要です。
多くのビジネスローンでは、連帯保証人に代表者がなるためです。
運転免許証・健康保険証・パスポートのいずれかの写し(コピー)が一般的です。
マイナンバーカードや住基カードも有効です。

 

ビジネスローンの提出書類は公的融資や銀行のように多くありませんから、その分間違えずにしっかり準備したいところです。
法人の申し込みでは、決算書・印鑑証明書・商業登記簿謄本(登記事項証明書)となります。

 

決算書は、ビジネスローンによって1期分と2期分のどちらか指示が異なります。
経営状況報告書が必要で、決算書は不要というケースもありますので、直接確認してみてください。

 

商業登記簿謄本は謄本と抄本とがありますので、謄本を選ぶように気を付けてください。
住民票のような役割を果たすものなのですが、謄本はこれまでの変更事項も全て把握できる内容です。
抄本は全部ではなく部分的になりますので、提出物として不十分になってしまいます。

 

事業資金を早く用意したいときは、提出書類の再提出をしていると余計な時間を取られてしまいます。
ビジネスローンは早ければ申し込みをした即日融資も可能ですので、再提出になってしまうと損をしてしまいます。

 

法人ではなく個人事業主の方がビジネスローンに申し込みをする場合は、本人確認書類と確定申告書を提出することになります。
確定申告書は法人の決算書のように、1期分と2期分のどちらかの指示が異なりますので、その都度確認することが重要です。

 

今回ご紹介した内容は一般的なものですので、詳細は各社のビジネスローンの公式ホームページなどで最新情報をチェックしてみてください。