甘い 審査 法人カード

甘い審査の法人カード

法人カードでも審査が甘いとされるものがあります。
ただし、最低限の条件が存在しています。

 

やっぱりコレと言うもの

法人カードでは、会社名ではなく、代表者や経営者が名義になります。
したがって、会社の決算書以前に代表者などの信用情報が問題になります。
消費者金融カードローンなどで審査落ちをしてしまう個人情報の場合、難しいでしょう。
特に2年以内の延滞情報はNGです。

 

その他各種ローン、多重債務者や債務整理直後などの個人の金融事故は、
審査の甘い法人カードでは、対応できないでしょう。消費者金融ローンと同じです。

 

過去に法人カードでミスっている

個人情報は、ブラックリストとして、年月とともに情報が更新されます。
しかし、法人カードとしての金融事故は、ほぼ永遠に残ります。

 

信用保証協会などの信頼を失っている、資金調達で大失態をしていて、
改めて法人カードと言うのは、審査の甘いところでも審査が通らないのです。
個人情報の更新はできても、法人情報は残ってしまうようです。

 

必要書類

これも法人カードの種類によって違います。
代表事業者の本人確認書類だけで、対応してくれるところもありますが、
多額の限度がなら、決算書、不動産謄本などの提出もあります。
ただし、個人事業主の場合は本人確認書類だけでOKです。

 

消費者金融カードローンでも良いのですが、個人事業主として事業者ローンでもなく、
法人カードを持つことも、高いステイタスがほしい方には最適です。
少しでも審査の甘いところでの、法人カード保持者になれるチャンスです。
また、事業資金調達にしても、法人カードでは会社経費にも使えますから、カードローンとは別物です。

 

赤字決算で法人カード

たいていは黒字決算が2期分ですが、赤字決算でも作れる法人カードがあります。
これぞ審査の甘い法人カードであり、こんなカードを待っていたという方も多いことでしょう。

 

基本的には、ブラックリストには借入ができない内容ですが、
独自審査であれば、個人の中小消費者金融同様の審査があります。
言うなれば、消費者金融のように抜け道として、審査が柔軟なところがあるのです。

 

事業資金調達として、事業者ローン、ビジネスローンなどがあります。
信用情報で難しい銀行や日本政策金融公庫なども相談窓口です。
ファクタリングなどでの、資金調達もできます。

 

法人カードをステイタスとしてほしい、運転資金を作りたいからどうしてもなどの動機でも、カード選びが変わります。
個人ではない別の顔を持つことで、カードの種類は増えるのです。甘い審査も探せば見つかります。

甘い審査の法人カード関連ページ

審査の鍵は固定電話?法人カードの謎
法人カードとは、会社のための決済カードです。会社と経営者のステイタスによって借入金額が変わります。審査は設立3年以上、黒字決済2期連続で、固定電話の有無となります。これが法人カードの審査に大きく影響を及ぼすのです。返済能力の高さを数字で見極めますので重要となります。
審査が甘いというアメックスビジネスカードを持つよりも
アメックスビジネスゴールドは、アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードです。法人カードとしては、商業登記簿謄本や登記事項証明書があれば、個人カードではなく法人カードを作ることができます。中小消費者金融で審査通過ができる経営者であれば、持てる可能性はあります。
ビジネスローンとの違いは?
法人カードとビジネスローンは違います。クレジットカードとしての法人カードは、キャッシング機能をつけることができますので、ビジネスローンとしての使用ができます。会社と経営者や代表者が契約者になる点も違い、相対的に甘いのが法人カードです。
法人カードの内容とは?外資系の審査が甘いらしい
事業資金に使える法人カードでは、社員に追加カードを与えて、経費の一元化ができます。面倒な経費決済が一度にできることになります。経営者なら法人カードを持っているステイタスはほしいです。ビジネスローンと比べても使途の方法としては、法人カードの方が利便性は高いです。
法人のカードローン融資の審査は甘いのか
個人よりも法人へのカードローンなどの融資に対する審査は甘いのか厳しいのかということが気になりますが、これはなんとも言えません。法人のほうが株式会社などの体裁をとっていると銀行側も融資しやすいのです。また、法人が破綻したとしても個人にその負債がかかることはありません。
法人が消費者金融会社からお金を借りる場合
銀行からお金を借りることができたら一番いいのですが、そうとばかりも言っていられない状況もあるでしょう。そういった場合は消費者金融会社から借入も検討しなくてはいけません。提出する個人の収入証明書が法人では決算書になるだけなのです。そして事業計画書。高額融資の場合は不動産担保ローンが良いでしょう。資金調達を考えましょう。
法人でもなかなか融資を受けることができない
銀行も消費者金融も融資をする際には、信用度のチェックとして、属性を見ますので、法人が資金調達をする場合に必要なのは、確実に儲けることが出来るか等の事業計画書か、保証人または担保です。それだけ融資をする際には慎重になるのです。
銀行や消費者金融会社以外から資金調達する
ファクタリングと言う手があります。売掛金の現金化で、すぐにでも資金が必要な時に残す手段はこれとなります。ファクタリング会社に買い取ってもらい、売掛金から手数料を引いたものの融資となるのです。審査や融資が断れるといったものが無いのです。
融資の審査が甘いからといって借りすぎないこと
個人に比べて法人のほうが審査が甘く融資を受けやすいとされています。担保設定をすると7割り程度の融資が出来ます。高額融資になりがちですが、できるだけ余力を残すためにも、融資金額を控えめにしましょう。お金が足りない場合の破綻も考えなければいけないのです。