審査 鍵 固定電話 法人カード 謎

審査の鍵は固定電話?法人カードの謎

法人カードとは、会社のための決済カードです。
個人向けと違い、会社と経営者のステイタスによって借入金額が変わります。
会社の経費に使える、便利なカードです。

 

法人カードの審査

一般的な審査基準は、設立3年以上で、黒字決済2期連続です。
そして、忘れてならないのが固定電話の有無です。
これは、個人のカードローンで言えば、大手消費者金融や銀行系カードローンの審査基準のようなものです。
ブラックでもないし、収入も安定していて、即日融資が可能という理想的な基準です。

 

3年目神話

法人カードでは、個人のカードローンにはないさまざまな提出書類があります。
もともと所有者は、◯◯会社の代表になり、このカードはビジネスローン的な使い方もできます。
消費者金融などの金融業者では、個人の返済能力だけではなく、バックボーンである会社に対しての与信が大きいです。

 

ですから、資金調達として、売上が大きな会社なら借入額も大きく限度額を引き上げることも可能です。
そうした信用を黒字決済2期分と要求するのですが、返済能力の高さをその数字で見極めます。
よって、、3年程度の社歴は必要と見ます。

 

しかし、最近では、1年目での法人カードの審査通過もできます。
審査内容にもよりますが、甘い審査で融資ができることも可能ですが、
この場合の限度額は、与信ができるまで、少ない設定であることが多いです。
金融業者としては、そのあたりはうまく調整していて、限度額が小さい、
借入金が少ないことで、金利も高いというおまけ付きです。

 

赤字だから法人カードは甘い?

2期分も黒字なら、法人カードは必要がない。資金調達ミエミエのカードの申込です。
もともと法人カードを使いこなせるほど、余裕があると言うのが、ステイタスの証です。
資金がほしいのなら、ビジネスローンでしょう?というのが法人カードです。

 

審査では、事業者本人の信用情報も関係しますが、
多少ブラックの気配があったとしても、会社的に黒字であれば、会社の顔で、カードが作れるということです。
事業資金調達の目的であればこそ、黒字である必要性は大きいです。
保証協会などが関係してくる法人カードの場合、この点はうるさい審査です。
どうしても資金がほしければ、日本政策金融公庫などの低金利の資金が最適ですが、
審査が長いですし、こちらもなかなか厳しいものがあります。

 

固定電話の存在

例え、1人の会社、1円の資本金の株式会社でも、固定電話があれば法人カードの審査には大きく左右します。
ある2人の社長さんで、同レベルの会社で、法人カードが作れたのは固定電話があるからでした。
担当者から、わざわざ固定電話がないのですか?との確認電話が入った程です。
個人カードローンの在籍確認でも固定電話のない会社は審査落ちであり、
日本の会社の固定電話の存在は、まだまだ健在です。

 

ここで言う審査基準は標準的なものです。
個人のカードローンでも、厳しいところと、甘い審査の中小消費者金融などが存在していて、法人カードでも同様です。
しかし、固定電話に関しては、ないと審査落ちの可能性が大きいと言うのですから、ここは確認をした方が良いでしょう。

審査の鍵は固定電話?法人カードの謎関連ページ

甘い審査の法人カード
会社名ではなく代表者や経営者が名義になります。 したがって、会社の決算書以前に代表者などの信用情報が問題です。独自審査で、個人の中小消費者金融同様の審査があります。消費者金融のように抜け道として、審査が柔軟なところがあるのです。事業者ローン、ビジネスローンなどがあります。
審査が甘いというアメックスビジネスカードを持つよりも
アメックスビジネスゴールドは、アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードです。法人カードとしては、商業登記簿謄本や登記事項証明書があれば、個人カードではなく法人カードを作ることができます。中小消費者金融で審査通過ができる経営者であれば、持てる可能性はあります。
ビジネスローンとの違いは?
法人カードとビジネスローンは違います。クレジットカードとしての法人カードは、キャッシング機能をつけることができますので、ビジネスローンとしての使用ができます。会社と経営者や代表者が契約者になる点も違い、相対的に甘いのが法人カードです。
法人カードの内容とは?外資系の審査が甘いらしい
事業資金に使える法人カードでは、社員に追加カードを与えて、経費の一元化ができます。面倒な経費決済が一度にできることになります。経営者なら法人カードを持っているステイタスはほしいです。ビジネスローンと比べても使途の方法としては、法人カードの方が利便性は高いです。
法人のカードローン融資の審査は甘いのか
個人よりも法人へのカードローンなどの融資に対する審査は甘いのか厳しいのかということが気になりますが、これはなんとも言えません。法人のほうが株式会社などの体裁をとっていると銀行側も融資しやすいのです。また、法人が破綻したとしても個人にその負債がかかることはありません。
法人が消費者金融会社からお金を借りる場合
銀行からお金を借りることができたら一番いいのですが、そうとばかりも言っていられない状況もあるでしょう。そういった場合は消費者金融会社から借入も検討しなくてはいけません。提出する個人の収入証明書が法人では決算書になるだけなのです。そして事業計画書。高額融資の場合は不動産担保ローンが良いでしょう。資金調達を考えましょう。
法人でもなかなか融資を受けることができない
銀行も消費者金融も融資をする際には、信用度のチェックとして、属性を見ますので、法人が資金調達をする場合に必要なのは、確実に儲けることが出来るか等の事業計画書か、保証人または担保です。それだけ融資をする際には慎重になるのです。
銀行や消費者金融会社以外から資金調達する
ファクタリングと言う手があります。売掛金の現金化で、すぐにでも資金が必要な時に残す手段はこれとなります。ファクタリング会社に買い取ってもらい、売掛金から手数料を引いたものの融資となるのです。審査や融資が断れるといったものが無いのです。
融資の審査が甘いからといって借りすぎないこと
個人に比べて法人のほうが審査が甘く融資を受けやすいとされています。担保設定をすると7割り程度の融資が出来ます。高額融資になりがちですが、できるだけ余力を残すためにも、融資金額を控えめにしましょう。お金が足りない場合の破綻も考えなければいけないのです。