事業資金 甘い

事業資金 甘い

事業資金 甘い 関連記事




事業資金 甘い


「事業資金を準備したいが、なるべく高い確率で借入出来るところを知りたい」「融資審査が厳しくないところを探している」など、事業性資金の準備をしようと思っている経営者の方や自営業者の方もいらっしゃるでしょう。

そもそも事業資金の融資を受ける方法には、どういったものがあるのか、その中で借入しやすいものにはどこがいいのでしょうか。

事業資金の融資が出来る方法は?
事業に使うお金の融資受ける方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

代表的なものが公的融資です。
具体的にはいわゆる国金と言われる日本政策金融公庫からの融資や、地方自治体から受ける融資・補助金・助成金などがあります。

これらは営利団体ではないため金利が低いのが魅力ですが、一方で審査に非常に時間がかかる上にその審査基準も厳しめです。

銀行融資も事業資金の調達方法の1つ
こちらも公的資金同様に銀行から融資を受けるものですが、審査時間は長く基準も厳しめです。

通常、信用保証協会の保証がないと融資が受けられませんが、それがないプロパー融資と呼ばれるものもあります。

ただ、銀行と長く良好な関係を築いていけるので、柔軟に対応してくれるのは一つの魅力であるといえるでしょう。

もう一つはビジネスローンを使うという方法
ローンの一種で銀行を始め、クレジットカード会社などの信販系や、消費者金融系などがこちらのサービスを展開しています。

ビジネス向けのカードローンもあるため、ATMで借入・返済ができるところもあり、カンタンに使える上に、審査スピードも非常に早いのが特徴。

最短で即日での融資が受けられます。

事業資金調達での審査が甘いところは?
前述のうち、最も審査が甘いのはビジネスローン、中でも消費者金融系が審査がゆるいと言われています。

消費者金融の中でも審査が甘いのは中小企業系。
ネットなどで申込ができます。

さらに保証人も本人(法人であれば代表者)がなれますし、担保も要らないケースがほとんどです。

なるべく事業資金を借りる上で、審査が甘いところを選ぶのであれば中小企業系の消費者金融を選択するといいでしょう。

ただ、中小企業系でも借入が出来ないケースもあります。
その際は借金等がある場合は、その整理を行うのがいいかもしれません。

借金の整理は弁護士に相談するのが一番でしょう。匿名での相談もできます。

▲TOPにもどる



ビジネスローン審査 厳しくない

会社や事業のお金を賄うために、ビジネスローンの利用を検討している個人事業主や会社の代表者様もいらっしゃるでしょう。

ビジネスローンはスピーディに融資が受けられ、かつ借入・返済もスムーズにできるので、非常に便利な方法です。

ただ「会社に借金が多く、審査に通るか不安」「個人で事業規模も大きくないので希望額が借りれるか分からない」など不安を抱える人もいらっしゃるでしょう。

その場合はビジネスローン審査の中でも、厳しくないところを選択するのが一番。
では、ビジネスローンの中でも審査が甘いと言われているのは、どういった金融業者なのでしょうか。

ビジネスローン審査が厳しくないのは消費者金融
ビジネスローンは銀行やカード会社などの信販系、消費者金融系などがサービスを展開していますが、中でも消費者金融の審査が厳しくないと言われています。

消費者金融は個人向けのカードローンのイメージが強い方もいらっしゃいますが、事業者向けに事業融資も行っており、事業資金にも使用できます。

他にもたくさんのメリットがあり、例えば最短で即日融資が受けられたり、担保不要かつ保証人も代表者がなれば大丈夫だというところもあります。

しかし審査には条件があります。
資金計画書や確定申告書2期分の提出(会社なら決算書など)が必要ですし、それを元に審査も行われます。

ビジネスローンは非常に使い勝手の良いサービスですが、審査に不安が残るのなら異なった方法も検討するといいでしょう。

その一つがファクタリングです。

ファクタリングとは?
ファクタリングとは、売掛金を通常支払いサイクルよりも早く回収できるというサービス。

売掛金をファクタリング会社に譲渡することで、資金を調達し、その売掛金はファクタリング会社が先方から回収します。

与信などの審査が伴わない上に、最短で1日で資金の回収ができるので、売掛金がある業者にはメリットの多い方法でしょう。
ただ、もちろん手数料は発生するので、無料で使用はできません。

このように資金調達にはいくつかの方法があります。
ビジネスローンやファクタリングなどがその代表的な方法でしょう。

しかしこれらでも借入や事業運転資金の準備が難しい場合もあります。
その際は、借金専門の弁護士に無料でかつ匿名相談を行うのがいいかもしれません。

解決の糸口が見つかる可能性が高いと言えるでしょう。

▲TOPにもどる



ビジネクスト審査に通る個人事業 落ちる法人の違い

資金調達をする方法には、ビジネスローンを利用するという方法があります。

ビジネスローンを展開する会社としてビジネクストがありますが、個人でも審査に通ったり、一方で法人でも審査に落ちてしまうこともあります。

ここではビジネクストの特徴を踏まえつつ、なぜそのような違いが出るのかについて検証します。

ビジネクストの特徴
ビジネスクストは事業者向けのローンを展開する消費者金融系会社の1つ。

ビジネスローンを始め、事業用カードローン、自営者カードローン、ビジネスカードや、法人向けクレジットカード(一般カード・ゴールドカードなど)を展開しています。

ビジネス向けに特化しているのが特徴であるといえるでしょう。

ビジネクスト審査に通る個人・落ちる法人の違い
なぜビジネクストでは審査に通る個人・落ちる個人が存在するのでしょうか。

まず審査上ポイントであるのはしっかりと返済できるかどうかということ。
個人向けのカードローンやクレジットカードの審査では信用情報をチェックされますが、ビジネス向けのローンでは将来性をチェックされます。

つまり、いくら事業規模が大きい法人であっても市場全体が縮小傾向にあり、会社の財務状況などを勘案しても将来性が見込めない場合は審査に落ちますし、一方でまだ事業規模が小さくても成長が見込める場合には個人でも通過します。

このように現在の財務状況なども重要ですが、どれくらい伸びているのかなど将来性があるのかどうかも審査上重要なポイントとなります。

審査に不安があるのならビジネクスト以外も視野に入れる
審査で通るのか不安に残るのであれば、ビジネクスト以外も検討しましょう。

ビジネクストはビジネスローン会社の分類で見ると、大手の消費者金融に該当します。

消費者金融系には中小企業系も存在し、そちらの方が審査が甘いと言われています。

自分の会社が審査に通るのか、希望の限度額で借入できるのか不安と考えるのであれば、中小企業系の消費者金融で申込をするといいでしょう。

会社の資金調達には日本政策金融公庫などの公的融資や銀行からの銀行融資などがあります。

しかし審査が厳しく、時間がかかるためできることならビジネスローンを使用すると、より使いやすいかもしれません。

ただ、ビジネスローンの審査自体も通らないこともあります。
その場合は、借金専門の弁護士に相談する方がいいかもしれません。

▲TOPにもどる



ビジネスローン審査 通りやすい

事業資金の融資を受けたり、事業で使う資金を調達したいと考える事業者の代表者や個人事業主の方もいらっしゃるでしょう。

事業融資を受ける方法としては銀行などの業者から資金調達をするのが一般的ですが、できるだけ審査が甘く、通りやすい金融業者で探している人もいるはずです。

では事業運転資金の融資ができる会社の中で、できるだけ借入がしやすいところにはどのようなものがあるのでしょうか。

ファクタリングと呼ばれる選択が合っている可能性もある
事業資金を準備する=融資を受けるというイメージが強いかもしれませんが、売掛金を譲渡して早期に資金を回収できるファクタリングと呼ばれる方法も最近注目されています。

こちらは借金ではないので、履歴を残したくない会社にはおすすめです。
最短で1日でお金を準備できるので、売掛金の回収が課題になっているところなどにはオススメです。

では、話を戻して借入がしやすいところはどこなのでしょうか。

ビジネスローン審査が通りやすいのは消費者金融系
お金を貸してくれる金融業者の中で、審査が甘いのは消費者金融系です。

消費者金融系の中でも中小企業規模のところが審査が甘いと言われています。

消費者金融と言われると、個人向け貸付のイメージが強いですが、法人や事業性個人にも行っています。

業歴ももちろんチェックされますが、ビジネスローンを展開する銀行や信販系の会社に比べると審査は甘めです。
また大手よりも中小が甘いという点を知っておくといいでしょう。

事業運転資金が準備できない場合の対策は?
希望する借入額を、希望するスピードで受け取れるのが一番ですが、希望にそえない、つまり審査落ちしてしまうことも当然あります。

その際はお金を借りる以外の選択肢も頭にいれておかないといけないかもしれません。

その一つの対策が「弁護士に借金相談する」というもの。

弁護士には離婚や借金などさまざまな分野がありますが、借金に強い事務所・人もいます。

できるだけ借金に特化した弁護士事務所で相談するといいでしょう。

借金というデリケートな相談になるため、弁護士側は配慮して匿名で相談に乗ってくれるところもあります。

さらに初回相談無料のところも存在するので、もし希望の借入ができない場合は弁護士に相談できるということも、
頭の中に入れておくといいでしょう。

▲TOPにもどる



事業資金 即日調達

「ローンを利用してすぐにでも融資を受けたい」「ビジネスローンを銀行から借りて、できるだけ希望の限度額が欲しい」「カードローンは即日で事業資金が調達できるの?」

カードを含め、お金の面でさまざまな希望や悩みを抱える経営者や事業の代表者もいらっしゃいます。

即日で融資してもらうためには早い審査スピードが重要となりますが、どのような方法があるのでしょうか。

銀行融資はスピードが遅い
事業資金の融資には銀行融資をイメージする人も多いでしょう。

ただ銀行融資には担保が必要だったり、信用保証協会の保証を求められたり、保証人が別途必要だったりと審査に時間がかかるため、即日調達は非常に困難を極めます。

では即日調達ができる会社などはあるのでしょうか。

事業資金を即日調達できる方法は?
即日調達出来る方法としてはビジネスローンがおすすめです。

ビジネスローンには不動産担保が貸付条件となる不動産担保ローンや、担保や保証人を別途必要としないビジネスサポートローンなどがあります。

即日での融資を希望するのであればビジネスサポートローンがいいでしょう。

審査には企業であれば決算書、個人事業主であれば数期分の確定申告書の提出が必要になりますが、審査に通過すれば即日での融資が受けられるようになります。

売掛金があればファクタリングも即日調達可能
もしあなたの事業や会社に売掛金があれば、ファクタリングも希望が叶う方法になります。

これは売掛金を通常支払いサイクルよりも早めにもらうことで、資金繰りの問題を解決できるサービス。
日本ではまだ知名度が低いサービスですが、欧米では一般的に使われています。

借金ではないので、返済の義務も当然ありません。
もし売掛金があればこの方法も視野に入れるといいでしょう。

事業資金を即日調達にするには、審査スピードも重要ですが、審査の通りやすさも大切です。
消費者金融系の中でも中小企業系のものがありますが、この企業は審査がビジネスローンの中でもゆるいと言われており、かつ即日融資も対応しているので、希望にかなった融資が受けられる可能性が高くなります。

もし事業資金をなるべく高い確率で融資してほしいのであれば、中小企業の消費者金融系でビジネスローンを申し込むといいでしょう。

もし借入できなかった場合は、弁護士に無料相談できるのでこちらも知っておくといいでしょう。

▲TOPにもどる