事業 資金 ローン

事業 資金 ローン

事業 資金 ローン 関連記事




三井住友銀行と三井トラストのビジネスローン


多分、銀行での事業資金がベストだと考えている方は多いです。
実際融資先年の銀行の選択は、会社としての信用、借入先の金融機関として、既に取引している場合もあります。
ビジネスローンとして、新たな開拓と考えている方に、三井住友トラストと三井住友銀行のビジネスローンをご提案します。

リボ・オン
2014年から取扱の開始をした中小企業の事業資金、自営業、個人事業主への融資を目的としてローンです。
ビジネスローンとカードローンの2つのタプがあります。
一応三井住友トラストということで、不動産担保ローンになります。

カードローンタイプでは、繰り返し使える事ができ、フリーローンにはない大口の融資もOKです。
ビジネスローンは最大1億円の融資額が用意できるなど、ビジネスローンとしては不足のない内容です。
銀行系としては驚く額ではないのですが、中小企業などを相手にしている点で、返済計画で立てられるのなら、是非ご検討下さい。
金利は
  • ビジネスローン 5〜15%
  • カードローン  8〜15%
です。フリーローンと変わらない内容ですが、限度額が高く、金利も低めです。ただし審査については、本来不要の連帯保証人が必要とされることもあります。

三井住友銀行ビジネスセレクトローン

本来の三井住友銀行のビジネスローンです。
審査時間が1ヶ月と長くなることもあり、三井住友銀行の営業エリア内の限定です。
法人営業部の申込で、審査が始まります。
即日融資は絶対にない話しですが、これがビジネスローンの流儀です。

上記の三井住友トラストでは不動産担保ローンとしてですが、ビジネスセレクトローンはよくある銀行のビジネスローンです。
ですから、金利が2.125%〜となっています。

リボ・オンとも比較では、クラクラしてしまうくらいの低金利ですが、これが銀行系ビジネスローン者最大の魅力です。
担保も保証人も不要ですが、最大1億円の融資。
これができれば良いのですが。

結局は審査の差
不動産担保ローンの場合は金利も高いですが、審査内容で言うと、雲泥の差です。
それだけ金利差があるのですから、低い融資額の場合はリボ・オンはいうなれば消費者金融ビジネスローン並の金利です。
しかし、審査は多少融通が聞くだけではなく、カードローンとしてワイドな限度額など、銀行のビジネスローンは魅力があります。

どちらが良いのは一目瞭然ですが、ビジネスセレクトローンの方は、相当な審査内容であることは確かです。
ノンバンクの選択をしようとしている方に、リボ・オンのような内容のものもありますという紹介です。
同じ三井でもビジネスローン内容にはご注意を。

▲TOPにもどる



ビジネスローンの提出書類に一言


個人事業主や中小企業経営者にとって、ビジネスローンの選択は慎重になります。
事業資金は、
  • 起業資金
  • 設備投資
  • 運転資金
に区別することができます。

金融機関の考え方
フリーローンとは違うビジネスローンに関しては、事業資金の目的を問うことになります。
それが上記の3つです。
その目的と融資額がはっきりしていることで、返済計画が机上の空論にならないことを審査します。

この中で開業資金については、金融業者などは簡単ではなく限定的になります。
日本政策金融公庫などの公的金融機関が対象になります。
設備投資に関しては、不動産担保や保証人が必要な多額の借り入れが必要になることもあり、より慎重に審査になります。

設備投資後の収益の関係も勘案することになります。
そして、運転資金ですが、この目的でのビジネスローンは多いでしょう。
銀行、ノンバンクなどが対象です。

審査で確認すること

運転資金に関しては、その目的をはっきりとさせ、金額と収益見込み、完済期間などが必要です。
法人ども個人でも、これらのことが書類として上がってこないことには、審査も開始されないことになります。
厳密に計算をしい、把握することが必要です。
これが運転計画書であり、それに基づく返済計画を立てます。

ある銀行の融資担当者が、金融業者のビジネスローンの申込で、計画書がないことが多いと嘆いていたといいます。
フリーローンのキャッシングのように、言われたままの書類提出ですが、それが公的文書だけだと言うのです。
自分の文字で、借り入れ計画、返済計画書類などの作成をしない方が多いといいます。
企業として、一からこちらから提案してやっと計画が上がる、これでは審査通過はできないといいます。

ビジネスローンの極意
決算書で多少悪い数字でも、ビジネスローンの場合は目的がはっきりとしてること、返済意思表示が大切だと言います。
銀行などでは赤字決算では融資は難しいものの、返済計画がしっかりしている場合には、審査内容も再確認するといいます。

経営者としての資質が問われることですが、返済能力が多少衰えているとしても、長期返済にすることで、負担を小さくすることも可能だと言います。
また、担保がある場合、担保価値の高い不動産などがあるのも有利ですが、とにかく借りたい意思と強く返済できるという熱意も必要なようです。
銀行でのビジネスローンの低金利は、今後の返済、経営にも大きく影響を左右するものです。
借りたい目的と返済計画がどこまで立てられるか、ビジネスローンの課題の一つです。

▲TOPにもどる



ノンバンクで借りるビジネスローン


ノンバンクの融資サービスとして、手形貸付、証券貸付、不動産担保ローン、ビジネスローンなどがあります。
消費者金融、信販会社、クレジットカード会社などです。
融資業務に力を入れている所も多く、審査も銀行より柔軟ですが、金利は高めです。

独自審査で期待が持てる
銀行融資、ビジネスローンなどは低金利が売りです。
審査は厳しいのは個人向けローンでも同じです。
ただ借りられないではすまないのがビジネスローンです。
運転資金として今すぐどうにかしなければならないのですが、仮に銀行融資に申込をしてから、審査時間がかかってしまうので、ノンバンクでの融資をうけるのもありです。
つなぎ資金としての役割もありますが、そのまま銀行融資の審査落ちで、運転資金に全面的に使われることも多いです。

つなぎ資金のメリット
返済期間画を短く設定するつなぎ資金ですが、ノンバンクのメリットはスピード審査と融資も早いことです。
最近では、即日融資の所もありますし、全国対応でどこの地域からの申込ができるノンバンクも少なくないです。
大手消費者金融のカードローンキャッシング並にインターネットで申込、そのまま入金も可能です。
急用のつなぎ資金には持って来いの方法です。

運転資金がほしい

運転資金とぃっても、いくつか種類があります。
今すぐ現金がなければ倒産してしまう、とりあえずキャッシュフローのため、運転資金の増加のため、ボーナスなど臨時のため、設備購入などです。
これらの項目ははっきりとさせることが必要です。
フリーローンでは使途自由が前提ですが、ビジネスローンは絶対にどんなことで必要なお金であるか、目的が必要です。
決算書の審査の見方として、◯◯だからビジネスローンが必要な時期という説得力のある説明を必ず求められます。これができるとできないとでは、審査通過に大きな影響を与えることになります。

融資限度額はありますが
1億円の限度額といっても、そんなに必要ない場合が多いです。
少額融資だとしても、それは返済可能額であることが審査要件にも響きます。
要するに、返済不可能の融資の申込では、現実的ではないということです。
ビジネスローンに関しては、必ずそれが会社の血肉になることが証明されること、それによって返済額が生まれることがない限り、審査は通過しないです。

反対に、数字が悪くても、◯◯だから、◯◯したい。
そして、返済に至るプロセスがきちんとしていることで、ノンバンクの審査通過がしやすいと言います。
ここがノンバンクの独自審査の最大のメリットです。

▲TOPにもどる



フリーローンとビジネスローン 個人事業主の選択肢


個人事業主のローンでは、フリーローン、ビジネスローン両方が利用できます。
ちなみに普通の会社員がビジネスローン申込はできません。

ノンバンクのローン
ノンバンクとは消費者金融などの銀行金融以外ですが、ビジネスローン展開は充実しています。
特に個人事業主の場合、スピード審査と融資が早いことで、急な入用にも使えます。
運転資金ということで言えば、当然ビジネスローンなのですが、フリーローンとビジネスローンの内容は少し違います。

フリーローンとビジネスローン
基本的に2つのローンは目的が違います。
そして、消費者金融に存在する総量規制ですが、ビジネスローンは対象外です。
ということは年収3分の一以上の借り入れができる。
多額の借り入れが可能です。
個人事業主の規模で言うと、中は多角的に経営をしているかたもいます。
ビジネスローンでは、運転資金や事業資金借り入れのためのさまざまな書類が必要になります。
フリーローンでは確定申告書程度でOKです。
違いはいろいろですが、フリーローンではビジネスローンに転用できないものが多くある、これが難でしょう。

審査が早いのはフリーローン

フリーローンは即日融資ができる可能性が高いです。
お金が必要、それも少額融資でと言うと、フリーローンが便利ですが、その内容がビジネスローンでも使えるものなら、ビジネスローンに行かなくても良いでしょう。
返済能力があれば、普通に借り入れができます。

しかし、多額になってしまう、事業資金の返済が大変、相談が必要とあれば、最初から面倒でも書類を揃えて、ビジネスローンの申込をすることが良いでしょう。
審査に時間がかかることが多いですが、銀行と比較をしてもずっと早いです。
フリーローンの良さはスピード審査ですが、金額的にきついことがいえます。
ノンバンク融資で、フリーローンで不足してしまった場合、本当にビジネスローンとして必要な場合、審査が通らない事態になることも考えられます。

個人情報と業績
基本的にフリーローンで審査する個人情報とビジネスローンの決算書などの審査は別です。
ですから、個人事業主として、事業資金が必要というときには、信用情報だけではなく、決算書も確定申告書などで、ビジネスローンの申込をきちんとすべきでしょう。
案外とついフリーローンに手を出したくなることがある個人事業主ですが、計画を持って資金を使うことで、今後拡大経営などのときにも役立ちます。
公的資金である日本政策金融公庫、銀行融資なども検討材料の一つにどうぞ。

▲TOPにもどる



ノンバンク会社を選ぶことのメリット


事業資金は公的資金の日本政策金融公庫からの審査が通れば御の字です。
審査が長いですが、低金利で安心です。
また、ここで借り入れができたことが信用情報の記録として、信用アップにつながります。
また、反対に、公的資金、銀行融資の審査落ちは、それだけ信用のない会社とされます。

審査に自信がない場合
最初から、このようなハードルが高い審査基準は相手にしてくれないから申し込まない。
それは信用情報での審査落ちの記録を付けたくないから。
実はとても賢い選択です。

ひょっとしたら、審査通過ができかもしれませんが、口コミなどで、無駄な抵抗と分かれば、ノンバンクからのビジネスローンを考えましょう。
事業資金といっても、赤字決算とは限定されません。
違った必要な資金、経営的には順調というときにこそ、日本政策金融公庫や銀行融資に申込むことです。
この提案、あまり知らない方が多いです。

ノンバンク融資のデメリット
ノンバンクのビジネスローンの金利が高い。
ここに着目してしまうと選択肢が第二、第三になります。
確かに、銀行よりは高いですが、実は数%の幅であることが多いです。
資金調達として、慎重に計画、返済も少し早める、返済期間を短くしていくことで、案外と金利も気にせず資金繰りが成功します。

審査落ち信用情報を作るよりずっと良い結果になります。
今よりも将来のためのノンバンクの選択は是非考えてみて下さい。

自分の属性と合うノンバンクか?

インターネットの検索でビジネスローンを取扱うノンバンクは多いです。
注目したいのが金利ですが、融資限度額も多額な場合は重要です。
しかし、それだけではなく、口コミやホームページの内容、ときには質問などで聞きたいことをリサーチすることをオススメします。
例え少額融資であったとしても、フィーリングだけではなく、マッチングすることで、今後のビジネスパートナーとしての金融業者の付き合いができればベストです。
そんなにいつも付き合いたくないノンバンクですが、もしもの時に安心業績がいることは必要です。

もちろん銀行なども懇意にしていることは必要ですが、それはそれで、何かのときとても役立つノンバンクの存在はぞんざいにはできません。
ここが相性が良いと思われる業者の選択は早めに行って下さい。
この時、金融庁届け出の正規金融業者であることは当然ですが、金利が高いからダメではなく、内容も見た上で、有益な材料があれば、検討することが必要でしょう
金利差も大きいですが、サービス内容の充実さも大差があるようです。
同様にファクタリング会社なども検討して下さい。

▲TOPにもどる