ビジネスローン審査甘い 法人

ビジネスローン審査甘い 法人

ビジネスローン審査甘い 法人 関連記事




ビジネスローン審査甘い 法人


「法人用のビジネスローンで審査が甘いところはあるのだろうか」「なるべく通りやすいビジネスローンを探しているのだけれども」、ビジネスローンを検討している人で、法人でも審査に通りやすいところを探している人もいらしゃるでしょう。

ではどのようなところがあるのでしょうか?

ビジネスローンは銀行、信販、消費者金融が実施
ビジネスローンを展開している会社には、銀行、信販、消費者金融があります。

銀行は銀行融資の他に、ビジネスローンなども行っており、法人でも利用できるのが特徴。

信販系はいわゆるクレジットカード会社。
法人用のビジネスローンを展開しているところもあります。

この場合、クレジットカードをビジネスローンとして使用するという形も考えられます。
ビジネス用のクレジットカードには、一般カードを始め、年会費はかかりますがゴールドカードやプラチナカードがあります。

ETCカードも発行しており、追加カードなども利用できます。

このように利便性が高いのが信販系のビジネスローン。しかし銀行系も同様ですが、審査基準が厳しいというのが難点です。

法人用ビジネスローン審査甘いのは消費者金融系
前述した3つの会社の中で最も借りやすいのは消費者金融系です。

個人事業主や経営者の中で、事業資金や事業用の資金調達で悩んでいる方にはおすすめです。

またより借りやすいところを探すのであれば、消費者金融系の中でも中小企業規模の会社がやっているビジネスローンを探すといいでしょう。

消費者金融にも大手とそうでないところに分類されます

一般的に中小の消費者金融系の方が、大手に比べると借りやすいと言われているので、そちらを利用するといいでしょう。

なるべく審査が甘い所、できるだけ通過しやすいところで探すのであれば、中小の消費者金融系がおすすめです。

ただ、借りやすいといっても100%借りられる訳ではありません。もしもの場合ということで、審査に落ちてしまうケースも有るのです。

その際は対策を講じなければなりません。
もし借金を抱えているのであれば、これ以上借入を増やすのではなく、借金自体をなんとかする方法もあります。

その場合は自分で動くよりも専門家に相談するのが一番。
弁護士の中には借金整理の専門家もたくさんいます。

無料でかつ匿名で相談に乗ってくれるので、もし借金整理を考えるのであれば、そちらに相談するといいでしょう。

▲TOPにもどる



ビジネスローン審査甘い 銀行融資


事業性のあるお金を融資したり、事業性資金の資金調達を考えているのであれば、まず頭に思い浮かぶのは銀行融資でしょう。

銀行融資もありますが、スピーディに借入が出来る方法として、ビジネスローンを利用するという方法もあります。

ここではその二者を比べてみましょう。

銀行融資は低金利・高額融資
銀行から事業資金の融資を受ける場合、魅力といえる点は低金利かつ、高額の借入ができることでしょう。

設備投資などにも利用できるのが魅力の1つです。

一方で、審査に時間がかかり、かつ審査自体も非常に厳しく見られるのが特徴。
そのためすぐに事業運転資金に使いたい、事業の資金繰りがまずくて早急に解決したいと考えている経営者や個人事業主の人には向いていないかもしれません。

ビジネスローンはスピーディに解決
一方ビジネスローンはスピーディに借入ができます。
金融機関にもよりますが、金融業者によっては1日で借入ができるところもあるので「すぐにでもお金を準備したい」「今日にでもお金が欲しい」と考えている経営者などにはオススメのサービスであるといえるでしょう。
保証人も自分がなれば問題ありません。

審査は申込する業者によって難易度は異なります。
ビジネスローンを行っている会社は銀行、信販系、ノンバンク系とありますが、その中でも比較的借りやすいと言われているのがノンバンク系です。

ノンバンク系とはいわゆる消費者金融のこと。
消費者金融の中でも、中小の消費者金融系であれば最も借りやすいと言われています。

売掛金があればファクタリングも1つの方法
銀行融資とビジネスローンの比較をしましたが、それ以外の方法としてはファクタリングも最近注目され始めている資金調達法の1つ。

これは売掛金を早期に回収できるというもの。
借金ではないので、それ以外の方法で資金繰りを調整したいのであれば、オススメの方法であるといえるでしょう。

このように事業の資金を準備する方法はいくつかあります。
ただ、多くの方法には審査があり、当然審査があるということは落ちてしまうこともあります。

もし落ちてしまった場合は、弁護士に相談するといいでしょう
弁護士の中には借金専門で行っているところもあり、匿名無料相談も実施しています。
融資に通れば一番ですが、難しい結果になってしまった場合は弁護士に相談するというのも視野に入れておくといいでしょう。


▲TOPにもどる



ビジネスローン審査甘い 担保


担保がなく借入できるところはあるのか、なるべく融資が受けやすい金融業者は存在するのだろうか、などこういったお金に関する疑問を持つ人も多いでしょう。

担保無く借り入れでき、かつ審査が通りやすいところはどういったものがあるのでしょうか。

事業資金の調達のための3つの方法
事業で使う資金を準備するためには、どのような方法があるのでしょうか。
ここではその3つの方法をご紹介します。

国金などの公的融資を使う
個人事業主などの事業者や、会社経営している経営者がお金を借りる場合、方法の1つとしては公的融資があります。

これは日本政策金融公庫や地方自治体などから融資・助成金などを受ける方法。
金利が低く、かつ安心できるのが特徴。

一方で決算書や事業計画書などの提出が必要で、かつ審査に時間を要します。
事業資金融資をすぐにでも受けたい、つなぎ資金としてなるはやで融資を受けたい人には向いていません。

銀行融資も低金利で高額融資
2つめの方法は銀行から借り入れする方法。
公的融資と似ており、低金利でかつ高額な融資を受けられます。

一方で審査に時間がかかりますが、そもそも審査自体も厳しいのが特徴。
審査に不安が残る人にはあまり向いていないかもしれません。

ビジネスローンがスピーディで審査も緩い
ビジネスローンが審査が最も早く、かつゆるいのが特徴。
ただ、ゆるいといっても申し込む業者によっては厳しく審査されます。

ビジネスローンの中で最もゆるい審査と言われているのが、消費者金融系。
その中でも中小規模のところがおすすめです。
担保の準備も原則不要ですし、他社借入があっても審査に通ったなどの口コミもあります。

保証人も代表者がなればいいので、なるべく早い資金の準備が必要だったり、返済のために資金繰りしなければならないといったりする人にはおすすめです。

ただ、公的機関や銀行などの事業者金融に比べると金利が高めに設定されているので、注意が必要です。

しかしビジネスローン審査甘い 法人借りやすいといっても返済状況に問題あると、審査に落ちてしまうこともあります。

その場合は、借入自体を考え直す必要もあるかもしれません。

借金を整理するという方法も1つです
ただ自分一人で行うのは非常に困難。

その場合は借金専門の弁護士に相談するといいでしょう。
匿名で無料相談を行っているので、安心して話をすることができます。


▲TOPにもどる



ビジネスローン審査甘い 申し込み


「ビジネスローンを検討しているが、審査が甘いところで申し込みしたい」「すぐにお金が必要で、審査に通る所を優先したい」

事業費の工面や、事業資金の調整のために資金の準備に奔走している経営者の人や、個人事業主の方もいらっしゃるでしょう。

「返済に間に合わないかも…」「なるべく早くにお金を準備しないと」という状況であれば、審査に落ちてしまうとより支払いが厳しくなっていきます。

では、どのような状況を打破してくれる方法などはあるのでしょうか。

審査が甘くかつ融資スピードが早いところを選ぶ
なるべく早めにお金が必要な場合は、審査が早くかつゆるい所がオススメです。

その1つがビジネスローンに申込をするというもの。
ビジネスローンとは、事業資金として使えたり、事業費用途の資金借入ができる資金調達法の1つ。

早めにお金を準備したいという人におすすめです。

その理由が審査スピード。
銀行や公的融資と異なり、スコアリングシステムを採用しており、通常の融資よりも早くお金を工面できます。

またサービスの提供元には銀行、信販系、ノンバンク系とありますが、審査スピード・融資スピード・審査のゆるさを考えるのであれば、ノンバンク系(消費者金融系)がオススメです。

ビジネスローン審査甘いところで申し込みしたいのなら
消費者金融系がおすすめですが、なかでも中小の消費者金融系が最もゆるいと言われています。

保証人も代表者がなれますし、最短で1日で融資してくれます。

すぐにお金が必要なのであれば、こういったところで申し込みをするといいでしょう。

ただ銀行融資などに比べると金利は高め。
その分返済額も高めになるので、気をつけておくといいでしょう。

売掛金があればファクタリングも効果あり
もしあなたの会社・事業に売掛金があるのであればファクタリングもオススメです。

これはファクタリング会社に売掛金を譲渡し、その分支払いサイトよりも早めにお金がもらえるというもの。
手数料はかかりますが、与信審査などは含まれないので、おすすめです。

それでも資金が準備できない場合は
資金の使途がどのようなタイプによるか、借金があるかなどによりますが、借金がある場合はそのお金自体に働きかける方法もあります。

詳しくは借金専門の弁護士に相談するといいでしょう。匿名無料で話ができますので、気軽に相談できます。

▲TOPにもどる



ビジネスローン審査甘い 業者選び


ご自分で事業をやっていたり、会社を経営している人で、悩みがちなのが資金繰り。

「取引先への支払いが間に合いそうになく困っている」「資金調達を早期で行いたい」など悩みを抱えている経営者や個人事業主の方もいらっしゃるでしょう。

早期な事業性資金の調達にはビジネスローンが便利ですが、どの業者が良いのか迷っている人もいるはず。
ここではビジネスローンの中でもなるべく審査が通りやすいところはどこなのか、という点をご説明します。

ビジネスローン審査甘い業者選び
ビジネスローンのうち、審査が甘い業者を選ぶ場合はどのようなところがいいのでしょうか。

事業融資と言われると銀行融資をイメージする人も多いですが、こちらは審査が非常に厳しく、かつ時間もかかるのでオススメできません。

審査の甘さで見た場合は消費者金融系のビジネスローンがいいでしょう。

総量規制の対象外になっていますし、かつ保証人も会社の代表者がなれれば問題ありません。

金利は銀行に比べると少し高めですが、審査スピードのゆるさに加え、審査スピードの早さも魅力の1つ。
資金繰り問題解決のために、早期の事業融資が必要な方には、ビジネスローン、中でも消費者金融系がおすすめです。

審査に不安が残るのであればより借りやすいところも知っておく
審査に不安があるのであれば、消費者金融系の中でも中小企業規模の金融業者で申込をするといいでしょう。

ネットなどで事業展開をしている会社も多く、そのままホームページで申込ができます。
ただ、カードが発行できなかったり、金利が少し高めに設定されていたりなどのデメリットはありますが、借りやすさで見たときは最も優れている業者であるといえるでしょう。

売掛金があればファクタリングというサービスも利用できますが、なるべく早期であれば中小企業規模の消費者金融系が最もオススメです。

審査に通らない場合の対処法
ただ中小企業規模の消費者金融系でも審査が発生します。
審査に落ちてしまったら、他に借入できるところは非常に少なくなります。

そうなる前に対策を持っていると精神的な不安も減ります。

例えば弁護士に相談するのも1つ。
借金専門の弁護士事務所も多数存在するので、匿名無料相談をやっているところを中心に話をする、という対策を前もって持っておくといいでしょう。

匿名なので従業員などにもバレずに相談することが出来ます。

▲TOPにもどる