個人事業主 ビジネスローン 審査に通る ポイント

個人事業主がビジネスローンの審査に通る為のポイントとは

ビジネスローンは比較的審査が柔軟な傾向がありますが、100%審査が通るという訳ではありません。
特に個人事業主は属性が良くないので、審査に通る為には審査に通るポイントを把握した上で検討する事が大事となります。
個人事業主がどうすればビジネスローンの審査に通りやすくなるのか、ポイント等を詳しく解説していきます。

 

個人事業主は使用用途が限られていないビジネスローンを

個人事業主がビジネスローンをご利用する際に一番に目を向けるポイントは、使用用途です。
ビジネスローンは使用用途が限られている商品があり、それが異なっていると審査には通りません。
個人事業主の場合、事業費と生活費が一緒になっている場合が多く、事業用途のみ使用が可能といわれても区別がつきにくく、分けて使う事が難しい場合が大半です。
ビジネスローンの融資の使用用途を逸脱してしまうと違反となってしまいますので、使い方や使い道は忠実に行わないといえません。
その為、個人事業主は、使用用途が限られていない生計費と事業費が併用できるビジネスローンをご利用するようにする事が大事となります。
この選択を間違ってしまうと、審査に通りません。
また、万が一通って使用用途を逸脱してしまうと、全額返金になってしまう場合もあります。
個人事業主の場合、この部分の選択を誤ってしまう事で審査に通らない事が良くあるようなので、気を付けて選ぶようにしましょう。

 

個人事業主のビジネスローンはノンバンク系がオススメ

ビジネスローンは、様々な金融機関にて取り扱っております。
個人事業主は属性が良くないと断定されてしまう為、審査が柔軟な金融機関がオススメとなります。
その為、銀行系のビジネスローンよりはノンバンク系のビジネスローンの方がオススメとなります。
ノンバンク系のビジネスローンが個人事業主にオススメの理由は、これらが挙げられます。

 

審査が厳しくない

銀行系のビジネスローンに対し、ノンバンク系のビジネスローンの方が審査が厳しくない傾向があります。
銀行系の場合審査基準が厳しいので、一般的な会社員の場合でも属性が高い会社員じゃないと審査に通らない傾向があります。
ノンバンク系のビジネスローンは間口が広いので、個人偉業主のような属性が良くない場合でも審査が柔軟でご利用出来る可能性が高くなるからです。

 

審査が早い

ノンバンク系のビジネスローンは、銀行系のビジネスローンより審査が早い傾向があります。
一般的に即日〜数日で審査融資が可能であり、短期間でご利用が可能となります。
個人事業主は早い融資が求められる事もあり、他の金融機関からの融資が厳しい傾向もございますので、素早い審査は必須項目といえます。

 

借入期間が長い

ノンバンク系のビジネスローンは、借入期間が銀行系のビジネスローンよりはるかに長い傾向があります。
銀行系の場合最長5年というのが大半ですが、ノンバンク系の場合6年から長くて10年という場合もあります。

 

ノンバンク系というと敬遠されてしまう方も居るようですが、ノンバンク系の大半は安全な金融機関となっております。
一部の街金融や悪質な業者というのは存在しますが、ノンバンク系はそれらの企業とは違います。

 

ビジネスローンは年収に関係なく融資が可能

ビジネスローンが個人事業主に適しているのは、年収に関係なく融資を受ける事が出来る部分もございます。
個人事業主は年収が高くありませんので、他のローンでは年収に対するくくりに引っかかってしまい、審査が通らない場合があります。
ビジネスローンは年収は一切関係なく、事業目的であればお申し込みが可能となります。

 

ビジネスローンの審査に通るポイント

ビジネスローンの審査に通るポイントは、これらが挙げられます。

 

1年以上の業歴

ビジネスローンはその名の通り、ビジネスに対するローンとなります。
その為、その企業の業歴というのは物凄く審査に反映します。
経営が長ければ長い程、安定して信用できる企業と断定されるからです。
業歴の最低ラインは、各金融機関により異なります。
銀行系のビジネスローンの場合2年以上の業歴を求められる事が大半であり、ノンバンク系のビジネスローンの場合は1年以上の業歴が求められる事が大半となります。

 

事業計画書と資金計画書の完璧さ

ビジネスローンですので、事業計画と資金計画の万全が必要であり、100%完璧に作る事さえできれば審査が通る可能性がグッと高くなります。
企業が金融機関より融資を受ける際に必要な書類は、これらが挙げられます。

 

事業概況書類

企業の概要や事業内容、会社案内等を指します。
会社の理念、自社の強みをアピールし、事業内容や略歴に対し詳しく書きます。
また、主な仕入れ先や販売先を、わかりやすく説明します。
資金計画と返済計画は、数字を間違えないように忠実に作成する事が大事となります。
短期利益計画と長期利益計画は、きっちりと計算しわかりやすくまとめます。
これらのポイントを守り、簡潔にわかりやすく作成します。

 

商業登記簿謄本

 

資金の使途用途

ビジネスローンで借入れする資金の使い道に対して、説明する書類です。

 

決算書一式

 

これらの書類は、書き慣れていない方が大半だと思います。
1番大事なのは、誰でも読めて100%理解出来る書類を作る事です。
どんなに中身が良い書類であっても、読みにくい書類では相手に伝わりませんし却下されてしまいます。
正しくわかりやすい書き方で作成し、何度も読み直して完璧な書類を作るようにしなければいけません。

 

大口融資の場合は保証人を付ける

個人事業主でも、大口の融資が必要な場合もあります。
大口融資が必要な場合は、保証人を付ける事で信用性が高まり融資の可決率を上げる事が出来ます。
保証人を付ける事は一定の保証料が必要となってしまいますが、保証人を付ける事で貸し倒れのリスクが少なくなると信用性が高くなります。
保証人なしでビジネスローンの融資を受ける為には、300万円以下の少額融資がオススメとなります。

 

融資に通りやすい決算書のポイント

審査の際には、決算書を一式提出します。
決算書とは、これらの書類となります。

 

  • 法人概況説明書
  • 勘定科目明細
  • 貸借対照表
  • 損益計画書
  • 販売費一般管理費明細
  • 製造原価報告書
  • 株主資本変動計画書

 

決算書の審査では、これらのポイントをチェックされます。

 

  • 会社の経営状態
  • 個人事業主に返済能力があるのか
  • 財務の内容に問題が無いのか、好転する材料はあるのか
  • ビジネスローン借入れ融資費用は、どのように返済が出来るのか
  • 返済に充てるお金はどこから工面するのか(利益なのか、売り上げなのか、その他)
  • 融資の希望額はその方に対し妥当なのか
  • 借入れ資金の使途は何なのか
  • 担保や保証人はどうなっているのか
  • 保証人は返済能力があるのか

 

個人事業主の場合、決算書に赤字があると審査が通りにくい傾向があります。
個人事業主は収入が少なくかかわっている仕事関係も少ない傾向があるので、赤字があるとそこから這い上がってくる事が簡単ではないからです。
また、事業費から収支をはじめ生活費も捻出るため、少しの赤字でも返済能力が乏しくなると判断されてしまいます。
その為、お申し込みの際は副収入も忘れずに申告する事が大事となります。
認められる副収入があるのであれば、その分審査が可決しやすくなります。

 

税金の滞納をしない

税金の滞納をしている方は、支払い能力が低い方と断定されてしまい、融資に結びつく可能性が低くなってしまいます。
税金の滞納がある場合は、税金の支払いが全て済んでからビジネスローンのお申し込みをするようにしましょう。

 

経営状態が良くない場合は審査に通りにくい

経営状態が良くない場合は、返済能力が低い方と断定されてしまいます。
その為、融資に結びつく可能性が低くなってしまいます。

 

個人事業主の人柄も審査の対象となる

個人事業主は、会社の顔です。
その為、個人事業主の人柄や信頼性も審査の対象となります。
人柄により、この人に融資をしても間違いなく返済してもらえるのか、と安全性を確認する事が出来ます。
評判が良くない方は、審査が通らない可能性もあります。

 

このような個人事業主は審査に通らない事も

個人事業主はビジネスローンの審査に通りにくいという方もいるようですが、審査に通らないという事はそれなりの理由があるからです。
どのような理由があるのか、ピックアップしてみました。

 

  • 書類に不備がある
  • ビジネスローン商品をきちんと調べず申し込んで申し込み対象となっていなかった
  • あいまいな書き方が多い書類
  • 返済計画や事業計画に信用性がうかがえない
  • 審査でオドオドしてしまう

 

この様な些細な事で、審査に通らない事は少なくありません。
個人事業主は融資を受ける事が出来る金融機関が少ないので、間違いの無いようにお申し込みをする事が大事となります。

 

いかがでしたでしょうか。
個人事業主がビジネスローンの審査に通る為には、これらのポイントを万全にしておくようにしましょう。
審査が通るはずのビジネスローンでも、ご自分の不手際で審査に落ちてしまうなんて、たまったものではありません。
特にノンバンク系のビジネスローンは審査が優遇されておりますので、間違いなく通るようにお申し込みをするようにしましょう。

個人事業主がビジネスローンの審査に通る為のポイントとは関連ページ

銀行のビジネスローンは個人事業主に適しているのか
個人事業主がビジネスローンを選択する際、銀行と消費者金融で選択に迷うと思います。銀行の方が信頼性があり、出来れば銀行のビジネスローンをご利用したいと思うのではないでしょうか。銀行のビジネスローンは個人事業主に向いているのか、詳しく掘り下げてご紹介していきます。
個人事業主が審査対象となっているオススメビジネスローン
個人事業主がご利用出来るビジネスローンは、多々あります。その中でも、信頼性が高く人気のビジネスローンをご紹介致します。〇ビジネスローン ビジネクストビジネクストは、審査に柔軟なビジネスローンとして人気があり、個人事業主のご利用も可能となります。
個人事業主はビジネスローンの審査に通りにくいのか
ビジネスローンのお申し込み条件は、安定した企業としての内容が重要視されます。個人事業主は企業としての内容をなかなか示しにくいので、安定している企業として示しにくいとも言われております。個人事業主はビジネスローンの審査に通りにくいのか、審査のポイント等も含めて知ってほしい情報をまとめてみました。