ビジネスローン 審査基準

ビジネスローンの審査基準とは

ビジネスローンの審査基準とは 関連記事




銀行で扱うビジネスローン


事業資金の調達は経営者にとっては大問題です。
銀行からの融資が継続的に行われている間は良いですが、審査基準が通らない場合は、ビジネスローンの利用も考えなくてはならないでしょう。

個人事業主や中小企業の経営者にとっては、ビジネスローンは資金調達方法の一つとして考えておかなければならない、使いやすいローンです。
審査基準が甘いこと、資金調達が早くできることなどメリットも多いです。

銀行融資よりも審査基準が甘いのは当たり前
ノンバンクが主流のビジネスローンですが、銀行融資とは一線を画しています。
それもそのはず、銀行でも融資とは別にビジネスローンを販売しているのですから、本質的に内容が違うのです。

中小、零細企業が借りやすいという窓口がビジネスローンです。
ビジネスローンは、高い金利で審査基準を下げる。
そのため、コンピュータースコアリングシステムの導入によって、審査のコストを下げています。

ですから、審査のスピード化と融資を早くすることを実現することができます。
銀行にとっては、このビジネスローンも収益の一つとしてるのも現状です。
銀行融資としては、審査は厳しいですが、ビジネスローンはどうですか?という提案もあります。

銀行融資の審査が厳しい理由
保証会社の保証を受ける銀行融資では、会社に対して低金利での資金提供をしています。
しかし、不良債権化になることは回避したいため、審査は厳しくすることで、業績が良い、将来的な展望があるところにしか貸さないです。

ですが、中小企業や個人事業主に対してはその保証は危なげです。
そこで、金利を高くして、貸し倒れを防止する目的のビジネスローンなら、回収率が上がる、ノンバンクでのビジネスローンを銀行でも取り入れているのはそのせいです。

審査基準を下げることで、融資とは違うビジネスローンを紹介する銀行も増えています。
あなたの会社の業績、確定申告書では、融資対象にはならないけれど、ビジネスローンの審査は通りますということです。
金利差にして10%近く差があるビジネスローンですが、銀行にとっても、顧客獲得の一つとして、ビジネスローンを利用しているということです。

銀行というネームバリュー
資金調達を銀行が行えるということは、銀行融資ではないですが、経営者としても嬉しいことです。
金融業者を銀行にできるステイタスからいくと、ノンバンクと同じビジネスローン利用ですが、銀行から借りているという自尊心が、経営者の心をくすぐるのも確かです。

▲TOPにもどる



ノンバンクビジネスローンの審査が甘い


ビジネスローンの審査が早いのは、コンピュータースコアリングシステムによるからです。
融資の知識がない担当者でも、データ入力で数字化されたもので、審査基準が分かります。

スコアリングシステムで確認すること
決算書や確定申告書から見える過去の業績、決算内容。
事業歴、業種などの基本データなどが審査されることになります。
ここで、事業計画書、資金計画などのデータを照らし合わせて、ビジネスローンの審査が決まります。

中小企業の場合、ビジネスローンでの借入金はそれほど大きなものではありません。
銀行融資と比較をしても、少ない限度額が多いです。
コンピューターでの審査によって、収益の数字が見えると、審査が通ることが多いです。
簡単なことではないのですが、普通その数字では銀行融資も公的資金も不可能ですが、ビジネスローンなら大丈夫ということになります。

銀行とノンバンクのビジネスローンの違い
これは銀行の審査基準が厳しいのは確かです。
銀行融資ではなく、同じビジネスローンだとしても銀行の方が、シビアになるのは確かです。

そこで、消費者金融のビジネスローンが注目されることになります。
ノンバンク系のビジネスローンとしては、消費者金融のものが多くなっています。
資金力があり、コンピュータースコアリングシステムの使い方などでも優位に経つことで、より確かな審査が行われます。

赤字決算においても将来性を見込んだ審査も行うことで、より審査に通りやすいのは確かです。
銀行のビジネスローンも念頭に審査をすることはありますが、銀行よりもゆるいことで、この赤字決算だと最初からノンバンクに行ったほうが良いと判断することができます。
限度額は同じくらいですから、より確かに早く資金調達をしたのなら、ノンバンクが良い場合も多いです。

消費者金融のビジネスローンなら可能性も広がる
事業性融資もインターネットで簡単に申込ができます。
消費者金融の真骨頂である手軽な申込は、ビジネスローン業界でも対応します。

法人・個人でも銀行系よりも簡単に申込ができるシステムは、事業資金借入にはとても便利です。
すぐに資金がほしい方には、即日融資にも特化している所もあります。事前に口コミ評判などで、審査の甘さは調べておくと、決算の内容でのノンバンクビジネスローンの選択も広がります。

銀行では、その選択肢は困難であり、さすがはノンバンクの審査基準の幅の広さを感じられることでしょう。

▲TOPにもどる



ビジネスローンと保証人付き融資について


ビジネスローンには保証人がない場合が多いです。
これは記述上のことであり、わざわざ連帯保証人をつけることがないということです。
法人の場合は、代表者が保証人になります。

保証人なしだから金利が高い?
審査基準において保証人不要は、借りる側としては助かります。
しかし金利設定が高いことでのリスクはあります。

銀行のビジネスローンでは、信用保証協会保証付融資があり、信用保証協会が保証してくれます。
返済不能になった時に安心ですが、当然審査基準は厳しいです。
ですから、そうなると、審査が通らない事になり、保証人不要のビジネスローンしか借りれないことになります。

もっというと、プロパー融資は、保証人がない融資です。
完済可能性の高い返済能力が高い会社だけを対象にしています。
できれば、本来の資金調達としては、これが理想です。
金利も低いものですが、やはり審査基準は最大に厳しいものになります。

ビジネスローンは多くは借りれない
保証人がない、担保もないビジネスローンは、融資額が低いです。
個人事業主などでは、それほど多くの資金を必要としないので、運転資金としては、ビジネスローンでは十分と考えている方は多いです。

借りる方、貸す方が少ないリスクでの借り方ができるビジネスローンですが、金利だけをみると借りる側のリスクは高いです。
審査基準も比較的ハードルが低いのですが、条件からいくと、信用情報が低ければ、貸付も低い、当たり前のことです。
連帯保証人もないビジネスローンは、事業資金借入が多くないことが言えるでしょう。
設備資金などでは不足しがちなことですが、借り方としては。少額でも仕方がないと妥協するしかないのがビジネスローンです。

ほしいだけ借りたいけれど
ビジネスローンの限度額では到底足りない。
保証人付きの大きな融資が良い場合も多いですが、そうなると審査基準がNG。
ファクタリングができる会社なら採用できますが、それができない場合は、不動産担保ローンなども存在します。
事業性資金としても、地価によっては、多額の借入も可能ですが、不動産所持者限定の話しです。

ノンバンクのビジネスローンの中でも多額の限度額が提案されることも多いです。
信用情報も審査が危ない場合でも、要相談のところは多いですが、そうなると金利が高い、これは駆け引きでもあり、たくさん貸すけれど、返済も大変という図式になります。

保証人付きの銀行融資が理想。
審査基準の厳しさに阻まれて、中小企業や個人事業主に苦悩が続きます。

▲TOPにもどる



決算書類は黒字が理想


ビジネスローンの審査では、決算書や確定申告書がなによりも大切です。
決算書で限度額、金利、返済期間などが決まります。
コンピューターで弾き出される数字で、運命が決まりと言っても良いでしょう。
担当者は機械的に数字を入力することで、審査基準に合致しているかをみるだけです。

決算書を作るという考え方
良い決算書であれば、審査基準通過ができる。
とはいっても虚偽はNGです。

もちろん会計士などで作る書類ですが、借りられる内容にすることが必要です。
事業内容、税金対策の内容などの工夫などでも、決算書類は変わってきます。
自分の会社にとって良い会計士の存在もビジネスローンの成功に関係します。

個人事業主も同じです。
零細企業であっても、自分だけで決算書を作るのではなく、正しい知識で事情費の健全化を図ることが必要です。
確定申告書の書き方一つで税金額が大きく変わるように、決算書類の書き方一つで、ビジネスローンの審査基準のクリアができるかどうか、これは大きな問題です。

赤字決算は審査落ち?
赤字決算については、審査は難しいでしょう。
しかし、資金ショートなどの状態も実は黒字倒産目前の場合もあります。

法人でも個人でも、経営に関しては赤字と黒字は紙一重です。
それをどうして表現するかでも変わってきます。
ごまかすのではないのですが、減価償却費用であったり、書き方としてはいろいろ策があります。

今回のビジネスローン申込、事業資金借入で、運転資金が回ることで、業績が大きく変わってきます。
それをきちんと説明する機会があれば、ビジネスローンの審査基準も変わってきます。
赤字決算だとしても、銀行系のビジネスローンは難しいですが、ノンバンクのビジネスローンの場合、対応する金融業者も存在します。

赤字決算でもご相談下さい、というビジネスローン
ノンバンクの審査基準には差があります。
赤字決算だとしても、一応相談に乗りますというところは少なくないです。
口コミ評判などを参考に、審査の甘いビジネスローンであれば、この経営危機を乗り越えることができる可能性はあります。

そうした業者では、金利はより高めになることもあり、違法業者が横行しています。
赤字決算+信用情報で自信がない方にとっては、危険な橋になりますが、良くビジネスローンの審査基準を確認の上、決算書類が多少悪い場合でも借りられる所を検索してみて下さい。
世の中捨てたものではないと感じられる神的な業者もあります。

▲TOPにもどる



事業性融資先はたくさんが良い?


金融業者の事情により、この時期は顧客拡大というときがあります。

時期によっても借りやすい、借りにくいが有る?
3月、9月、12月の決算期です。
利益を上げたいのは金融業者も同じことです。
審査基準で微妙な方の場合のことで、信用情報が悪い方はなかなか難しいのですが、この時をターゲットとして、ビジネスローンの申込のタイミングを図るのも良いでしょう。
銀行融資なども同様です。

借りるなら地方銀行が狙い目?
ビジネスローンは銀行でも展開をしていますが、新規で地方銀行がビジネスローンを手がける時、1件でも多く契約したいことで、審査基準が甘くなることがあります。
プロパー融資や銀行融資ではなく、ビジネスローンです。
運転資金の調達方法として、インターネットで申込ができるところが増えています。

地方銀行も全国対応で申込ができる場合、新規キャンペーンなどで募集をしていることがあります。
担保や保証人なしのビジネスローンですが、条件が揃えば、振込での対応が期待できます。
大手の銀行と同じ内容であったり、個人・法人対応など、地方銀行ビジネスローンも注目です。

ビジネスローンのための金融機関を持つ
銀行融資はメインバンクだけ。
そんな経営者もいますが、ビジネスローンについては、さまざまな銀行やノンバンクの金融業者との取引も模索してみて下さい。
融資の必要が今回だけではなく、今後も必要とする時、利用できるところが多いことで、融通が効くことでしょう。
審査基準が違うところを揃えておくことで、今回はここ、次回はあちらと言うような臨機応変さがあることで、運転資金がまわります。

ノンバンク系のビジネスローンなどは、カードローンもあり、一応作っておくというのも予防線です。
総量規制対象外のビジネスローンカードがあることで、いざというときにすぐお金を聞き出すことができます。
危機になったときではなく普段の時の審査基準で通る事になりますから、経営者になったら、もしもの時のことは考えておくべきです。

個人事業主も確定申告書とともに、ビジネスローンの仲間入りができます。
融資限度額を大きくしておくというのもこの方法です。
それほど必要ない、使わないのが一番ですが、世の中良いことばかりではないですし、借りてあの時は本当に助かったということもあります。
転ばぬ先の杖的なビジネスローンの存在は、担保がない方、いざという時に保証人がいない方にはとても重要な存在といえるでしょう。
ファクタリングができない会社などでも資金調達法はいろいろある方が良いです。

▲TOPにもどる