ビジネスローン 無担保

ビジネスローン 無担保

ビジネスローン 無担保 関連記事




ビジネスローン 無担保

ビジネスローンとは名前の通り、法人や個人事業者相手の融資で仕事に関する事業性資金などを貸し出すローン商品のことです。
もう少し詳しく説明すると中小企業経営者や個人事業主向けに特化した事業資金の融資を行うローンで、ビジネスローンは基本的に無担保・保証人で融資するものが多いです。
無担保融資は担保ありの融資よりも審査が厳しくなるのが普通です。
また審査スピードが速いものが多いのも特徴の1つです。

ビジネスローンを扱う金融機関としては、大きく分けると銀行と消費者金融や信販会社などのノンバンク、日本政策金融公庫という公的機関の3つに分けることができます。
しかし、日本政策金融公庫というのは銀行や消費者金融からの資金調達が難しい経営者に対して積極的に融資している公庫で、審査期間が1〜2か月かかり、資金の使い道についても厳しいので、同じ土俵で比較するのは難しいようです。
ここでは銀行とノンバンク系のビジネスローンについて比較・情報まとめをしてみたいと思います。

金利に関して言えば、一般のカードローンと同じく銀行の方が消費者金融よりも低い金利となっています。
審査に関しては銀行の方が厳しく審査時間も銀行の方が長い場合が多いようです。
比較結果は一般的なカードローンと同じような感じの結果になっています。

金利が低いと、融資した側の利益は少なくなります。故に貸し倒れを最小限に食い止める必要があります。なので審査が厳しくなるという法則が出来上がるのでしょうね。
上にも書いたようにビジネスローンは無担保の場合が多いので銀行であっても消費者金融であっても審査は厳しめに行われます。

銀行、ノンバンク問わずビジネスローンの審査内容まとめとしては、税金の未納がないことと、2〜3年以上の業務歴があることと、最新の決算で債務超過ではないことなどが最低条件として挙げられます。 その他に事業計画書や資金計画書などの提出が必要な場合もあります。
一般的に銀行のビジネスローンの方が決算書などの提出書類も多く、ノンバンクと銀行の審査結果の可否をまとめると銀行の方が審査が厳しいようですが、金利が低いという利点もあるのです。
銀行融資の中に、信用保証協会保証付融資というものがあって、より審査に通りやすくなっています。
保証協会の保証が付くから審査に通りやすく、審査に不安がある立ち上げて最初の頃はこのタイプのビジネスローンを利用する人も多いようです。

消費者金融や信販会社が融資を行うビジネスローンはカードローンのようにカードが発行され利用限度額の範囲内で何度も借入できるタイプのローンが多いようです。
審査はスピーディで即日融資に対応している業者もあるようです。
提出書類も少なく、法人決算書と本人確認書類、事業を証明できるものといった簡単な書類で済む場合が多いようです。

一般的に考えると、金利の面からみても銀行のビジネスローンの方がお得で有利のように思えますが、資金繰りのために早急に融資を受けたい場合などは消費者金融など、ノンバンク系のほうが必要書類も少ないし、審査も早いし、柔軟な審査対応ということで利便性が高いと思われます。
しかも、お店まで出向かなくても無人契約機や郵送で手続きをすることもできます。
返済もATMからできたりするので、経営者から見ても本当に身近なサービスのように感じます。
急な資金繰りや事業拡大のための資金繰りとして、急いで借りたいときやできるだけ審査が甘いところでビジネスローンを考えているのであれば、消費者金融のローンを利用するのがいいと思います。

▲TOPにもどる



ビジネスローン 無担保 融資

ビジネスローンは個人事業主の資金調達の方法の一つとして、また無担保ローンとしての借りやすさもあり今や定着しつつあります。
中小企業や個人事業者に特化したローンであることと、無担保・保証人なしで借りれることと、審査がスピーディという点で事業性資金が足りないときやつなぎ融資の役割として、とても重宝されています。
かつては消費者金融のカードローンを事業資金に充てる方法もありましたが、総量規制があるので、最大でも年収の三分の一の額しか借入できません。
それでは心もとないということで、今はビジネスローンが利用者にとって便利に活用されているのです。

ビジネスローンの中でも審査が甘いのと、融資までがスピーディというのは消費者金融のローン商品の特徴といえます。
銀行のビジネスローンは金利が低くて良いのですが、提出書類が多いのと審査が厳しくて時間が掛かるというデメリットがあります。
必要な時にすぐにお金を借りれるというのは、会社を経営している利用者にとってはとても大事なポイントです。

一般的なビジネスローンの審査内容というと、税金の未納がないかどうか、業歴が3年以上あるかどうか、決算の結果が債務超過でないかなどを基本事項として調べます。
少なくてもこの3つをクリアしていなければ審査に可決できないと思われます。
これは審査が甘いとされる消費者金融のビジネスローンでもチェックするポイントです。

消費者金融の中でも更に審査が緩いとされる中小消費者金融の中にもビジネスローンや事業者ローンの商品を提供している業者があります。 そのような街金の審査でも上記は同じようにチェックする大事なポイントです。
ただ、融資額が銀行の方が大きく、消費者金融や街金では限度額は少なく設定されています。消費者金融では最高で1000万円といったところでしょうか。
それでも、即日融資も可能なビジネスローンを無担保で1000万円も融資可能な場合があるなんて緊急時にはとてもありがたい内容だと思います。
ただし法人の場合は代表者が連帯保証人になる必要があるかもしれません。

それともう一つ、消費者金融のビジネスローンは銀行系よりも金利が高いというデメリットもあります。
消費者金融ビジネスローンでは、年利15〜18%といった業者が多い中、公的機関の日本政策金融公庫では3%いかない金利で融資しています。
審査の厳しさにも通過できる自信があって融資実行までの時間に十分な余裕がある人は、日本政策金融公庫に申し込みしたほうが支払利息が断然お得だということです。

しかし、これを読んでいる人は審査に甘いビジネスローンの無担保融資を望んでいると思います。
それならば金利が高くても消費者金融に申し込むのがいいということでしょう。

▲TOPにもどる



ビジネスローン 無担保 審査内容

ビジネスローンには大きく分けて3種類あるのをご存知でしょうか。
一つ目は公的機関の日本政策金融公庫のビジネスローンです。
公庫の審査はとても厳しいですし、何より時間が掛かります。事業資金専門の融資をするところで融資額に対する使い道とそれに見合った金額かどうかのチェックがあり、担当者との面談もあります。
融資までに2か月くらいかかるので、時間に余裕のある人が申し込みする所です。しかし金利はぴか一に低いです。

もう一つは銀行のビジネスローンです。こちらの審査は公庫と消費者金融の間くらいの厳しさです。
貸し出す期間が短いのは銀行系ビジネスローンの一つの特徴です。たいてい1年以内に返済しなければいけないようです。
銀行の他の証書貸付よりも審査にかかる時間が短いです。ということで、銀行融資物の割には金利は高めに設定されているのが特徴です。
審査に必要な提出書類は消費者金融に比べると多いです。

最後に消費者金融のビジネスローンについてです。
なんといってもノンバンクのビジネスローンは審査が早いのが特徴です。
また、来店不要でネットから申し込んで必要書類は郵送やFAXでという手軽な借り入れができるのですが、金利が一番高いのがノンバンクの特徴といえます。
提出書類も少ないので借りるハードルは一番低いです。
金利は高くてもいいから、とにかく早くお金を借りたいという事業主に向いた借り入れといえます。
消費者金融においてカードローンは総量規制の対象ですがビジネスローンは総量規制の例外となっています。

会社の経営者をしていると大きな仕入れがあったり、事業を大きくするための事業資金が必要になることがあります。 資金がないから諦めるのではなく、事業融資を受けて資金調達するのは事業者の大事な仕事です。
ビジネスローンは個人事業主や中小企業の資金繰りをサポートするための無担保・無保証人のローンです。
法人の場合は代表者に連帯保証を要求される場合があるようです。

大きく分けると上記のように3種類の借入先があるのですが、現実的に考えると日本政策金融公庫は審査が非常に厳しいわりに時間と手間がかかるのであまり現実的ではないのかもしれません。
急に大きな仕入れが入ったり、つなぎ融資を急いで準備しなければいけないこともあるし、できるだけ審査は甘いほうがいいと考えるのであれば、金利は高いけれども消費者金融のビジネスローンが一番事業資金融資として借りやすいのかなぁと思います。

消費者金融も大手と中小に分けることが出来、中小や街金の中にもビジネスローンや事業者ローンを提供している業者はあります。
各業者によって必要書類が違いますし、細かなルールも違います。
そういった各お店のビジネスローンの特徴・評判・借入限度額・可否まとめなどを載せているサイトがあります。
ランキングもされているので、どこの金融機関から借りようか悩んでいるときは非常に参考になります。

銀行のビジネスローンも結構借りやすいですし、即日融資とまではいかなくても数週間で借りれる所はあります。
消費者金融よりも金利は低いので、必要書類やお金がいつ必要なのかなどの事情を考え合わせて判断するといいのではないでしょうか。
その時に可否まとめサイトなどを利用してみてください。

▲TOPにもどる



ビジネスローン 無担保 可否まとめ

会社経営者や個人事業主にとっての資金繰りは非常にしんどい問題だと思います。
例えば商品を売っても掛けで販売した場合は、商品を渡したにもかかわらず期日までお金は入ってこない状態になるわけです。
商品が売れるのは喜ばしくても、次の商品を仕入れするお金に困るという、資金繰りが厳しい状態に陥るのです。

他にも事業を広げたい時の設備資金やつなぎ融資などの事業資金に頭を痛めている事業者は多いと思います。
そんな時に個人事業主向けに、無担保・無保証人で事業融資を受けられるローン商品がビジネスローンです。
法人の場合は代表者に連帯保証を求められる場合もあるようです。

我々の身近にあるビジネスローンとしては銀行融資と消費者金融などのノンバンクからの融資の2通りがあります。
審査内容は意外と簡単で、未納になっている税金がないこと、2〜3年以上の業務歴があること、最新の決算で債務超過でないこと、などが条件となっています。
他には資金計画や事業計画などの書類提出が必要なようです。
消費者金融では確定申告書、事業内容確認書、身分証明書などの提出が求められるようです。

不動産担保なども必要なく、無担保・無保証人で事業性資金を借りられるのは、経営者にとっては本当に心強いものです。
しかも消費者金融のビジネスローンの場合、即日融資もありえます。
つなぎ融資のように、できるだけ早く借りたい場合などには便利でしょう。

また、ネットから申し込みできて、必要書類は郵送やFAXで済ませられて、振り込み融資に対応してくれる業者もあるそうで、忙しい経営者向けのうれしいサービスも充実しています。 ただし、金利が高いのがデメリットです。消費者金融の場合、年利13%から18%という高金利になっています。

このようなビジネスローンの他に、もう一つ資金調達の方法でファクタリングというものがあります。
ファクタリングとは、会社が持っている売掛金をファクタリング会社に売却して現金化する方法のことです。
それを事業資金に回すのです。
どちらが得かといえば、ビジネスローンのほうが得なのですが、審査に通らない場合は資金を作るためにファクタリングの方法を取るようです。

また、JCB法人カードのビジネスローンも年利15%で500万円まで借入れできて無担保・無保証人ですから使い勝手がいいカードだと思います。
東京スター銀行のビジネスローンも年利6.5〜14・5%と低く、ATMから借入できるので利便性が高いです。
ただ一つ、オリックスクレジット株式会社が保証会社になっているので、その審査に通らなければ借入できません。

このように考えてみれば経営者が事業資金全般を調達する方法にも色々あり、ビジネスローンを借入するにしても借入先がたくさんあります。
銀行の中には仮審査から始まって融資までに一か月かかるビジネスローンもあり、スピーディとは程遠いところもあります。
そういった評判や即日融資の可否まとめを乗せたサイトはとても役に立ちます。
これからビジネスローンを検討する人は参考にされるといいと思います。

▲TOPにもどる



ビジネスローン 無担保 審査

個人事業主の事業性資金として利用するものにビジネスローンがあります。
大量の注文を受けたときの仕入れ代金が急に必要になったときや設備投資など、ある程度まとまったお金が必要になったときに無担保・無保証人で利用できるのがビジネスローンの強みです。
中小企業の資金調達の方法として、最近は簡単に申し込みできるとして人気が高いようです。
金融機関側からしても取引先を増やす良い手法となっているようです。

我々が比較的簡単に利用できるものとして、銀行融資のビジネスローンと消費者金融融資のビジネスローンがあります。
融資額の大きさと、金利の低さを考えると銀行の方が有利だと思います。
銀行系であれば最高額で1億円まで融資可能なところが多いようです。また、金利も2%〜10%くらいといった所です。

消費者金融や信販会社のいわゆるノンバンクのビジネスローンとして、何よりのメリットは最短で即日融資が可能なところです。
事業資金は急に必要になることも多いものです。
審査に何週間もかかってしまうと、ビジネスチャンスを逃してしまうことになるかもしれません。
ただし、ノンバンクは金利が10%〜18%くらいと高いので返済が負担になってしまう可能性もあります。

ビジネスローンが使い勝手がいいのは分かっていても肝心の審査に通らなければ借入することが出来ません。
審査内容としては、税金関係の未納がないこと、2〜3年以上の業務歴があること、最新決算で債務超過ではないことなどがチェックされます。

提出書類としては、事業者の本人確認書類、収入証明書、決算書、事業計画書、資金計画書など、法人の場合は商業登記簿謄本なども必要です。 利用者が法人か個人事業主なのか、また、選んだビジネスローンによっても提出書類は大きく違ってきます。
代表者の実印が必要な場合もあります。前もって借入先に必要書類を確認したほうがいいでしょう。
また、書類が多く必要だということは、それだけ審査に時間が掛かるということだと思っていいと思います。

ビジネスローン商品は銀行からも消費者金融会社や信販会社からも実にたくさんの商品が揃っています。
どの商品にもメリット・デメリットはあるでしょう。
とにかく早く融資を受けたいという場合は即日融資の可否まとめやローン商品の評判などの情報を集めたサイトもあるので、参考にしてみるといいと思います。

ビジネスローンは相対的に金利が高いです。
消費者金融などでは、18%という高金利になる場合もあるので、急ぐ必要がないのであれば、公庫の日本政策金融公庫に申し込みするという方法もあります。
しかしながら、金利が低いということは、それだけ審査が厳しいということでもあります。
誰でもが利用できるものではないようです。

金利が高いノンバンクのビジネスローンを借りる場合はしっかりと返済シミュレーションを立てることをお勧めします。
ノンバンクの審査にも通らなかった場合は、もう一つ資金調達の方法としてファクタリングもあります。
売掛金の現金化です。しかし手数料が高いというデメリットがあります。

資金調達に不動産担保などが必要ないというのは、経営者にとってありがたいことだと思います。
どういった事業融資の形を選ぶかは難しい問題だと思いますが、メリットとデメリットを考え併せて自分自身で判断するしかなのかなぁと思います。

▲TOPにもどる