ビジネスローン ノンバンク

ビジネスローン ノンバンク

ビジネスローン ノンバンク 関連記事


 

ノンバンクで借入のメリットとデメリット


事業の資金調達は銀行融資が一般的です。
しかし、審査基準は厳しく、事業融資が受けられない場合、ノンバンク系のビジネスローンと言う手があります。

 

ノンバンク系ビジネスローンのメリット

審査のハードルが低い分、借りやすいことです。
消費者金融系、ビジネスローン専門では即日融資にも対応するなど、すぐに資金がほしい方にとっては、ノンバンク系金融業者の存在は大きいです。銀行系融資の審査基準はだいたい同じです。

 

経営状況が苦しい会社ですと、貸してくれないことも多いですが、ノンバンクの独自審査で、経営危機を救ってくれる手立てができます。
審査基準が一律ではなく、A社でだめでもB社で審査が通ることもよくあります。
特に零細個人事業主などは、この柔軟審査で助かります。
対応が異なることで、より確かな自分に合う金融業者に出会うことができます。

 

ノンバンク系ビジネスローンのデメリット

やはり金利の高さです。
銀行と比較をして、経営者や代表者の足元も見られますし、そこまで貸してほしいのなら、高い金利が必要と話を進めることもあります。

 

もちろん違法ではないのですが、高い金利はノンバンク系会社にとっても必要な資金です。
事業資金調達で、その金利は?と言う場合でも、資金そのものがなければ、この先の経営が立ち行かなくなるここともあり、この実態は悩ましいものです。

 

代表者が連帯保証人になります。
返済の目処がたたない場合はきつい選択になりますが、もし既に借入がある場合のノンバンク系ビジネスローン利用の際には、方方の借入先に、今の状況を理解してもらうことも必要でしょう。
貸し倒れにしない意思は伝えた上で、新規ビジネスローンの借入を考えましょう。

 

返済方法を相談する

ビジネスローンの返済方法は種類があり、元利金等返済・元金均等返済・リボルビング返済・アドオン返済・残高スライド返済があります。
それぞれに利点がありますが、今後の業績を見据えて、企業として存続できる返済方法を模索する必要があります。
得をする方法ではなく、利用者が無理なく返済できることが必要です。
融資審査に通りました。

 

言われるまま無理な返済で、途中でどん詰まりをしてしまうのではなく、総返済額が多少割高になっても、金融業者とうまくつきあっていくことができる方法が必要です。
個人融資とは違い、融資額も大きく返済額も負担は大きいです。
事業計画書などの書類はあるものの、実際の事業の展開での返済は別問題になります。
完済ができるために、負担減・返済額増大は回避できないことですが、ここでノンバンク系ビジネスローンの高い金利が響くのは宿命といえます。

 

▲TOPにもどる

 

資金調達前から会社を決めておく


ノンバンク系ビジネスローンは総量規制対象外です。
ですから、年収無関係の借入ができます。
中小企業、個人事業主などでも事業性資金の調達であれば、個人融資ではなくビジネスローンの申込が妥当です。

 

無担保、保証人不要

担保も保証人もないということは、審査スピードが早いです。
融資審査までが確認する書類が少ないことで、即日融資も可能です。

 

ノンバンクのビジネスローンの最大のメリットとしては、すぐに資金調達ができる点です。
また、銀行融資にも申し込んでいる、公的資金の投入までのつなぎ資金としてもビジネスローンは使えます。
いざというときの無担保・保証人不要のビジネスローンは何かと便利に利用できます。

 

事前申し込みの勧め

ビジネスローンというと、困った時の運転資金ですが、実は前もって申し込むほど審査が通りやすいです。
それは、ローンの内容でどんな事業費にいくらくらい必要かを計算しておいて、返済計画書も作成しておきます。

 

事業の運転資金は、経営運転資金と増加運転資金があります。
大企業の場合、すべて計算しての借入が計画的に進められますが、中小企業や個人事業主では、その場凌ぎのビジネスローンと考えがちです。

 

そうではなく、この2つの運転資金の資金調達を考えてみましょう。
経営運転資金は、売上があれば穴埋めができる。
一時的な不足の資金調達です。

 

これが成功したのなら、返済ができると計画が立てられ、初期投資をしておくためのものが増加運転資金です。
これらの計画性のある運転資金は、回収できる見込みがあるため、ノンバンクビジネスローンでも審査は通りやすいです。
目的のある資金調達を、大丈夫な時から用意しておく、審査も通りやすい状態でのローンでの調達は、同時に信用も得ることができます。

 

そのノンバンク会社を見つけるコツ

これは、資金調達をしなくてはならなくなったときではなく、営業の一環としてサポート会社を探しておくということです。
これが銀行というのが理想です。

 

事業費をすべて銀行の融資で賄えるのであればよいのですが、ノンバンクのビジネスローンの臨機応変さは多いに役立てるべきです。
代表者が連帯保証人になる、担保があれば不動産担保ローン利用もできる、金利が低めなどのチェックポイントはあります。
消費者金融、信販会社、大手銀行などのめぼしいビジネスローンは要チェックです。

 

経営者の信用情報などは、総量規制対象外のビジネスローン、ノンバンクなら、多少審査は甘くなります。
金利も高いのは仕方のないことですが、限度額が大きめだけど、実際のローンでは返済できるだけの範囲が必須です。
ノンバンクの場合、赤字決算書でも対処してくれることがあります。

 

▲TOPにもどる

 

保証会社の有無と審査の甘さ


銀行融資などでは、保証会社や保証協会の信用保証付き融資が存在します。
返済不能になった時の弁済ができますが、当然審査は厳しくなります。

 

銀行では断られた

ノンバンクビジネスローンでは、保証協会とは別枠で、手形貸付による連帯保証人不要の融資になります、
業績などを含めた審査はありますが、独自融資で回収できると判断することが多いです。
銀行と比較をしても審査は甘いです。

 

資金調達の目的が設備資金だったり、借入が大きかったり、返済期間が長い場合でも、手形貸付なら期日が来ても借り換えができます。

 

あらかじめ返済期間を長く設定しているノンバンクもあります。
これは返済ができると見込んだ場合、長い返済期間がノンバンクにとってメリットとなる場合が多いからです。
業績、決算書の書類を完璧にしておくことをオススメします。

 

即日融資ならノンバンクに相談

信用保証付き融資は個人事業主や中小企業でも融資を受けやすいのですが、その限度額がいっぱいになると、新規借入が難しくなります。

 

個人融資での消費者金融の総量規制のようなものです。
そこで、ノンバンクの独自審査のビジネスローンがとても有利になります。
設備投資など、先の収益増大が期待できるビジネスローンの場合、審査が甘くなることが多いです。
事業の安定化が期待されることは大きいため、事業計画書の作成は絶対です。

 

赤字決算だとしても

賭けのようなものですが、赤字決算でも内容を見せて下さいというノンバンクもあります。
事業相談を含めた融資を進めることで、事業計画とともに、資金調達の目的を徹底的に分析、時にはアドバイスもあります。
返済期間を長くしたり、負担ない返済額の調達、そして希望金額ではなく直近必要最低限にまで下げるなどの工夫で、とりあえず資金調達にこぎつけることができます。

 

このようなノンバンクのサービスでは、来店だけではなく、全国対応でインターネットや電話だけでも対応してれるとこが多いです。
既に債務者である、信用情報に自信がない方でも審査の甘さでは期待して良いノンバンクは全国展開しています。
ただし、高い金利は仕方のないことです。

 

銀行融資、日本政策金融公庫などの金利と比較をしてため息などはつかないよう、前向きで行きましょう。
とりあえず1社程度では話がつかないこともありますから、複数社粘り強く説得したり、話を聞いてもらうことが必要でしょう。
ビジネスローンの口コミ情報などは検索をするといろいろとノンバンク会社が出てきます。

 

▲TOPにもどる

 

担保ありのビジネスローンはどう?

 


お金を借りる時、比較的審査が通りやすく、金利も若干低くなるのが不動産担保ローンです。
代表者や経営者の自宅などを担保にするのですが、中短期のつなぎ資金として考えることが必要でしょう。

 

即日融資は難しい

ノンバンクビジネスローンの無担保は審査も早いですが、不動産担保ローンの場合は、審査時間がかかります。
地価にもよりますが、審査内容としては、担保がある限り、一定の資金調達は期待できます。
信用情報、決算書、事業計画なども必要になり、希望額とのすり合わせを期待したいところですが、ビジネスローンと違いあくまでも地価が原則になります。

 

どこの不動産でどの程度の価値を見出すことができるかが大きな問題です。
審査基準はビジネスローンとは別物になりますが、利用価値として選択肢の一つです。
ただし、返済不能になった場合は、手放す上にそのとき地価が下落していた場合、返済額が大きくなるという危機感もあります。

 

同時にビジネスローンを探す

必ず不動産担保ローンと同時に別のビジネスローンも探すことは必要です。
金利が低い日本政策金融公庫などの公的資金、銀行では不動産担保ローンの金利も低いですが、審査基準が甘いとされるノンバンクでもファクタリングなどの利用も考え、別の資金調達も視野に入れることが必要です。

 

そのため、決算書、事業計画、返済見込み書などの作成をしておくことは当然ですが、信用情報で自信がないとしても、きちんと書類の用意はしておくことです。
不動産担保ローンは個人融資でも審査は通りやすいのですが、流動的な資金になりますから、完全に信用できないこともあります。
もし使っていない不動産などがあれば良いのですが、売却も視野に入れるなどの対応も必要です。

 

最近のノンバンクビジネスローンの動向

保証会社が入らない独自審査のノンバンクでは金利が高いとされています。
ただし最近では、下降傾向にあり、返済期間を短縮することができれば、銀行の金利と大差がない業者も出てきました。
審査基準の甘さが功を奏し、申し込み者が多いのもありますが、金利の数字だけ見て驚くことなく、計画的に返済を相談をすることで、良いビジネスパートナーとしてノンバンク会社を見つけることをオススメします。

 

継続的な付き合いをしていくことで、すぐに資金調達ができる。
一定の審査ハードルが下がることで、経営危機を救ってくれる一助に成ることは容易に予想されることです。
信販会社や消費者金融などでも対応していますが、審査の甘い中小消費者金融などでも、不動産担保ローン・ビジネスローン展開はしています。

 

▲TOPにもどる

 

オリックスVIPローンカードビジネスの魅力


個人事業主でお金を借りたい。
数あるノンバンクのビジネスローンの中でも、オリックスVIPローンカードビジネスは人気です。

 

まるでカードローン

即日融資に特化していて、インターネット申込ができます。
その日のうちの資金調達が可能なのは、ノンバンクの特権といえるでしょう。
個人事業主も中小企業の経営者もすぐにお金が必要というニーズにしっかり対応してくれる頼れる存在です。

 

法人代表者にも対応は、ノンバンクビジネスローンでは珍しい存在です。
ただし、会社名義ではなくというのがポイントです。
法人代表者としてのビジネスローン、それを会社の貸付金として返済していくのです。

 

このメリットは何と言っても、融資スピードの早さです。
銀行融資、会社名義のビジネスローンでは、このスピード感はありません。
まるで、個人融資(言ってしまえば同じことですが)カードローンと同じ扱いで、資金調達ができることになります。

 

1年以上の開業で審査通過

ノンバンクのビジネスローンの審査基準では、最低3年程度と設定されていますが、オリックスVIPローンカードビジネスは1年以上でOK。
開業資金の不足があとを引いているとか、安定していない時の資金調達にも役立ちます。
新規開業個人事業主にはとても助かる存在といえるでしょう。

 

銀行融資、日本政策金融公庫などの公的融資を既に受けている方も多いです。
大手銀行などが相手にしてくれない場合の資金繰りに関しては、こうしたカードローンがあるととても便利です。
返済期間などは調節して、便利な分もちろん金利は高めです。
完済できる範囲の限度額にしておき、完済後追加融資の形で、なるべくノンバンクの多重債務だけは絶対に回避して下さい。信用情報もブラックですと審査落ちもあります。

 

個人事業主はノンバンクで借りれるの?

個人事業主の場合、決算書や事業計画の中に私的な資金が入り込むこともあります。
これは、必ず別枠で考えておくことが必要です。

 

オリックスVIPローンカードビジネスの内容は、あくまでもビジネスだけのものであり、他に個人融資のためのカードローンの用意は絶対です。
信用情報がブラックにならないキャッシングの仕方はもちろんですが、従業員がゼロの場合は、事業展開については柔軟に対応することも必要です。

 

僕の事業にビジネスローンは必要か?
返済だけの余力があるか?収益は?
そのようなことも常に勘案し、ビジネスローンの使い方は個人のカードローン以上に気を使うことをオススメします。
ノンバンクの審査基準が甘いだけに、借り過ぎなどは要注意です。

 

▲TOPにもどる