個人事業主 資金調達

個人事業主 資金調達

  1. 日本政策金融公庫がベストな選択
  2. 消費者金融ビジネスローンがお気軽?
  3. 日本政策金融公庫での資金調達
  4. フリーローンでなんとかする?
  5. 資金調達の方法はいろいろ

 

日本政策金融公庫がベストな選択

お金を借りたい理由が、事業性のものである場合、フリーローンではなくビジネスローンを考えましょう。
フリーローンは事業性の資金に使えないことがあります。

 

まずは公的資金から

事業性融資であるのなら、公的資金の借入先が良いです。
銀行ビジネスローンよりも低金利です。
身近な存在としては、日本政策金融公庫などの金融機関がおすすめです。
保証人も必要ですが、手数料を出すことで、対応してもらえます。
100%政府がお金を出しています。
新規開業、再挑戦資金、女性や若者・シニア企業家支援資金などがあります。
個人事業主として、制度資金を運用して事業展開していく上で、国からのバックアップと考えて良いです。
ただし、審査はそれなりに厳しいです。
銀行ビジネスローンなどは、信用保証協会の制度融資が原則です。
しんし、日本政策金融公庫では創業者に対する創業融資制度であり、融資審査は厳しいですが、貸付条件としては、民間と異なります。

 

審査時間がかかることも

最近大手消費者金融などでは即日融資がポイントです。
ビジネスローンなども同じですが、公的資金は審査時間がかかります。
また、日本政策金融公庫の融資を受けるには、必要資金3分の一以上の自己資金が必要です。
制度を利用するのにゼロ資金では相手にされない、審査も遅いということであれば、事業展開が危ないということになります。
そこで、公的資金の活用を念頭に、最初銀行ビジネスローンや消費者金融ビジネスローンの申し込みも同時進行で行います。
特に、消費者金融の場合、開業に間に合わすためのスピード審査は有効です。
公的資金よりも金利も高いのですが、日本政策金融公庫の審査が通れば、一括返済が可能。
民間の資金をつなぎとして利用するのです。
銀行融資に関しては、審査に時間がかかることが多いので、ビジネスローン専門業者や消費者金融がてっとり早いです。
その時に少しでも金利が低い、そして審査が早いに越したことはないでしょう。

 

フリーローンの対応

中小企業にも満たない個人事業主にとっては、多額の資金ではなく、小口融資でも対応できることが多いです。
フリーローンの限度額で十分という場合は、確定申告の書類提出で、銀行でも消費者金融でもフリーローンの申込はできます。
ただし、事業性の転換ができないとされているのは返済見込みの心配です。
金利も高めですから、完済できる目処がなければ、フリーローンの利用はどうか?と思います。
個人事業主でも規模によってですが、公的資金の審査が通る健全経営であることが重要でしょう。

 

▲メニューに戻る

消費者金融ビジネスローンがお気軽?

 

消費者金融や銀行のビジネスローンは原則的に担保も保証人も不要です。
フリーローン感覚で申し込めるのがメリットです。
大手消費者金融モビットでは、フリーローンで使途自由です。
個人事業主でも資金調達として利用ができます。
このモビット、最速即日融資が可能です。
日本政策金融公庫などの低金利ビジネスローンは魅力ですが、早くなんとかしなければならない方には、フリーローンもありでしょう。

 

消費者金融で資金調達、問題はその金額

消費者金融ビジネスローンは、審査が早いですが、フリーローンにはかないません。
そして、注目なのが金利と限度額です。
ビジネスローンもフリーローンも金利は変わらないです。
ということはいち早く資金調達をしたいときには、フリーローンが有利ですが、融資額が問題です。
フリーローンは総量規制範囲内で借入は年収3分の一が限界です。
事業の資金調達として、この金額では不足の場合、ビジネスローンは総量規制対象外です。
書類提出から、年収とは別に計算されることから、ビジネスローンが有利ということになります。
ビジネスローンも申し込みは、フリーローン並の簡単です。
必要書類が多いだけで、WEB完結申し込み、入金も即日融資が可能。
いくら欲しい?いつほしい?ということで、消費者金融ビジネスローンは検討してみてはいかがでしょう?

 

金利では公的資金が断然有利

個人事業主の融資窓口としての日本政策金融公庫では、中小企業などに積極的な融資を行っています。
実は個人事業主がフリーローンの多重債務者である、そんな場合の審査も対応しています。
延滞やブラックリストでなければ、あとは事業のところで問題がない場合は、小口融資ほど、審査は通りやすいです。
ビジネスローンと違って保証人も必要ですが、これは信用保証協会付けで手数料があれば対応。
初期投資はかかりますが、日本政策金融公庫などの事業資金は、1%以下の低金利。
消費者金融ビジネスローンより15%も差が出ます。
急いで資金調達をしなくても良いという方は、まず公的資金が第一候補です。
返済額に大差が出るのは当然ですし、返済猶予の対応も公的資金では対応が柔軟です。
消費者金融よりは、何かについて対応は良いですが、審査時間はかかってしまうのは仕方のないことです。

 

消費者金融ではなく銀行融資

銀行のビジネスローンも消費者金融よりは金利が低いですが、金利差はフリーローン並です。
公的資金のように低金利ではないのですが、審査時間がかかります。
取引のある銀行であれば、資金調達の相談も良いですが、審査となると現実を厳しく見られることになります。

 

 

▲メニューに戻る

日本政策金融公庫での資金調達

個人事業主の資金調達では、低金利の公的資金、日本政策金融公庫などがおすすめです。
審査には時間がかかりますが、返済負担を考えると、ベストな方法です。

 

日本政策金融公庫の融資

最高でも3%の金利は、中小企業者強い味方です。
自営業者、経営者の創業融資で計画的な資金調達であれば、審査も通りやすいです。
個人事業主をサポートすることを目的として、政府が作った金融機関です。
銀行ビジネスローンのように儲けが目的ではなく、信用保証協会の保証も必要無しです。
頑張る個人事業主向けには絶好のチャンスと言えるでしょう。

 

日本政策金融公庫の融資は面談があります。
必要資金の3分の一以上の自己資金が必要で、半年分の通帳提示が義務付けられています。
一応審査としては、きつい内容と言えますが、お金がないから貸してほしいという形の融資ではなく、これだけの余力はあるけれど、資金調達で頑張りたいということです。
融資審査は、消費者金融や銀行のように信用情報の確認だけではないということです。
自己資金100万円程度で500万円くらいの融資というのですが、金利が2%、10年間程度の返済期間。
どれを見ても民間資金とは比較にならない資金調達方法です。日本政策金融公庫で借りたいのなら、自己資金を作ることです。

 

資金がないのに、何を言っている

当然そうきます。
そこで、カードローンやフリーローンでの自己資金作りです。
消費者金融ビジネスローンと行きたいところですが、業務内容できつい場合は審査が通らないこともあります。
小規模な個人事業主であれば、総量規制で年収3分の一程度で自己資金を作って、日本政策金融公庫に申し込むということです。
通帳にまとまった資金を入れるためのキャッシングです。

 

開業資金は別の融資

開業資金のための場合はその必要がない場合があります。
まずは話しを聞いてからですが、自己資金が必要、ためられない時の民間ビジネスローンやフリーローン、カードローン類いは念頭に考えて下さい。
つなぎ資金としての利用もありますが、日本政策金融公庫の審査通過ができない時の返済法を確認してからの行動になります。
借りたけれど返済できないのであれば、話にならないことです。
創業したての個人事業主にもチャンスがあります。
創業融資制度もあり、高い金利のビジネスローンよりもお得です。
審査担当者との面談なども、計画書や決算書などの必要書類の不備がないことで、柔軟審査が期待できるともいいます。
大切なのは、誠意ですが、あまりにもひどい経営内容ではちょっと?という口コミもあります。
日本政策金融公庫にいくなら、自己資金、これがポイントでしょう。

 

▲メニューに戻る

フリーローンでなんとかする?

日本政策金融公庫の資金調達は良いけれど、そんなに簡単ではないとの口コミもあります。
そんなに計画書を立てられるほどの事業ではない個人事業主の場合は、民間金融機関での資金調達を検討しましょう。
民間期間のメリットは、スピード審査と即日融資、デメリットは高い金利です。

 

ビジネスローンのポイント

金利がどうしても気になるところです。
銀行と消費者金融では銀行が低いのですが、フリーローン並と考えて下さい。
短期間で解決がたくものであれば、消費者金融の15%超の高金利ビジネスローンも有効です。
フリーローンと違い総量規制対象外でワイドな資金調達もできます。
ただし、返済期間は長くならない方向きで、急な資金調達には最適です。

 

限度額は銀行が大きいですが、審査にも時間がかかります。
1ヶ月以上かかってしまうこともあり、すぐにほしい資金調達であれば、間違いなく消費者金融やビジネスローン専門業者での相談です。
金利の高さとの調節は難しいですが、今後の事業展開にどう必要かを考慮することが大切です。
消費者金融ビジネスローンの即日融資は魅力です。

 

フリーローンの有効活用

ビジネスローンとしての申し込みではなく、フリーローンですと提出書類も必要ありません。
ただし、金融業者では、フリーローンをビジネスローンとして活用してはならないとしています。
ですから、フリーローンの申し込みの時に個人事業主、自営業者とあることで、多額の資金の借入には躊躇することがあります。
モビットだけは、ビジネスローンの転用にも寛容であり、提出書類不要でのキャッシングができます。

 

事業性資金OKの銀行もありますが、一応確定申告書などの審査確認は丁寧に行うようです。
審査の基礎知識として、個人事業主は属性がパートやアルバイトよりも信用度は低いです。
個人事業主の中には株式などの投資を生業としている方が、ビジネスローン目的に申し込みもあるようですが、リスキーな賭けです。
くれぐれも注意が必要です。

 

フリーローンの限度額で間に合うのなら

個人事業主でのフリーローンの限度額は年収3分の一。
その範囲内で良いのなら、そして返済の目処がつく資金調達なら、金利の高い消費者金融や銀行フリーローンでも対応しても良いでしょう。
しかし、ガッチリ資金調達であるとか、経営の一端に深く関係をするのなら、やはり日本政策金融公庫などの検討をしてみて下さい。
ただし、自己資金がないとダメなので、その資金をフリーローンで賄うのはありです。
日本政策金融公庫の審査落ちで、全額返済することが条件で、いたずらの借金を増やさないことです。

 

▲メニューに戻る

資金調達の方法はいろいろ

資金調達方法として政府系金融機関、銀行や消費者金融があります。
信用金庫などは地元優先の融資制度がありますが、保証協会つき融資などがあります。
これはもしも返済できないときに弁済してくれるもので、返済額の他に毎月保証料を支払うことになります。
保証がつかないブロパー融資は、消費者金融ビジネスローンなどと同様です。
低金利なのは、政府系金融機関の日本政策金融公庫などで、中小企業融資、開業資金融資などがあり、2%前後の低金利がメリットです。
ただし、審査も厳しく、審査時間もかかります。

 

何が良いか、返済計画を立てられるのなら

金利が高ければ、返済は大変です。
銀行も消費者金融もビジネスローンは10%超です。
ただ、即融資ができるだけではなく、消費者金融は審査もそれほどではないです。
フリーローンと違い、総量規制以上の融資も魅力です。
保証も心配がないのなら、ブロパー融資で十分です。
国の補助金が受けられる事業であれば、こちらも低金利です。
申込者の提出書類としては、創業計画書、事業計画書なども必要です。
日本政策金融公庫の融資では自己資金も必要ですが、ビジネスローンとの組み合わせでの資金調達ができます。
ビジネスローンで資金を作り、日本政策金融公庫の融資を受ける。
多分その方法が理想です。

 

個人事業主、事業の規模と返済の目処

簡単にビジネスローンより融資と言えば、フリーローンでの代用です。
人によっては、事業資金だけど生活費の一部となり得る場合があります。
本来はしてはいけないこと、フリーローンを事業の目的に使わないことになっています。
利用者の内情までは探らない、返済ができる範囲内(総量規制範囲内ですから少ない)であれば、対応ができます。
金利は高いですが、即日融資も期待できます。
消費者金融ビジネスローンも即日融資ができることが多いですが、フリーローンは提出書類も少ないので、借りやすいでしょう。
事業資金がどのくらい必要かも検討材料もなりますが、金融会社の選択は、事情に合わせてお考え下さい。
小口融資ならフリーローンなどでも良いでしょう。
確定申告書の内容が良ければ、審査も早いです。

 

ブラックリストはなかなか大変

資金調達したいブラックリストに関しては、フリーローンも審査通過は難しいですが、審査の甘いビジネスローン専門業者などでは相談に乗ってくれる場合があります。
不動産があれば不動産担保ローンも審査に通りやすいといえます。
是非相談してみて下さい。