ビジネスローン審査甘い 資金調達

ビジネスローン審査甘い 資金調達

資金繰りは大変ですよね。
予定していた入金が遅れていたり、思ったよりも原価が高く付いたり、取引先への支払日が近づいているのに、お金が準備できていない、ということもあります。

個人事業主様や経営者様などでこのような悩みを書かている場合、解決できる方法の1つとしてビジネスローンがあります。

ただビジネスローンにも審査があり、できることなら審査に通りやすいところを探したいですよね。
では、ビジネスローンの審査が甘いところはどういった所があるのでしょうか。


資金調達が出来るビジネスローン審査甘いところはどこか?

事業者向けにビジネスローンを融資してくれる金融業者には銀行系やノンバンク系、信販系などがあります。

銀行は銀行融資だけでなく、ビジネスローンを展開しているところもあります。
ただ、銀行融資やビジネスローンは審査が厳しいのが特徴です。

信販は主にクレジットカード会社のことを指します。ゆとりのある限度額なのも特徴の1つ。銀行ほどはありませんが、審査は厳しめです。

ノンバンクとは、いわゆる消費者金融のこと。消費者金融系でも大手と中小とに分類されます。
各社ビジネスローンを展開していますが、この中でもノンバンク系、さらに言えば中小の消費者金融がもっとも審査が甘いと言われています。

審査に自信がないのであれば、中小のビジネスローンを利用しよう

事業融資の受けやすさで言うと、中小のビジネスローンが最も受けやすいと言えるでしょう。
なぜなら審査が一番甘いからです。

保証人も自分がつけば別に立てる必要もありませんし、銀行融資などと比べると金利は高めですが、融資スピードも非常に早く、1〜2日で融資してくれる業者もあります。

支払い期日が迫っている場合などは、ビジネスローンを利用するといいでしょう。

売掛金の多い会社であればファクタリングという選択肢もあり

もしあなたの業種が売掛金が多く、納品から支払いまでのスパンが非常に長いが安定している場合は、ファクタリングと呼ばれるサービスを使うのも1つ。
ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に譲渡し、定められた支払いサイトよりも前に資金が受け取れるというもの。

事業が軌道に乗ってても倒産してしまう可能性(黒字倒産など)がありますが、ファクタリングをうまく活用することによってそのリスクも回避することができます。