ビジネスローン 審査

ビジネスローン 審査

  1. ビジネスローンの審査を成功させるポイント
  2. 審査に通りやすいビジネスローンのおすすめ
  3. ビジネスローンの審査を通りやすくする為に目を向けてほしい「信用情報」
  4. 審査の甘いビジネスローンはノンバンク系がオススメ
  5. ビジネスローンの申込条件チェックで審査に確実に通る!

 

ビジネスローンの審査を成功させるポイント

事業を行っている方には、ビジネスローンのご利用が最適です。
しかし、ローンですのでどの企業でも100%ご利用出来る訳ではありません。
しっかり審査に通ってご利用する為に、把握してほしいポイントをまとめてみました。

 

事業性資金を借入れしたいなら「ビジネスローン」

事業性資金の借入れをご検討の際は、ビジネスローンがオススメとなります。
ビジネスローンは事業の目的に対してのローンであり、企業のやりくりの為に使う事が出来るローンです。
別名、事業融資ともいいます。

 

他のローンでは事業性用途では、ご利用が出来ない場合がほとんどですので、
事業に利用したいのであれば、ビジネスローンが1番適しているという事となります。

 

ビジネスローンの取扱場所

ビジネスローンの取り扱いは、これらの取扱となります。

 

  • 銀行
  • クレジットカードを発行する信販会社
  • 消費者金融

 

ビジネスローンをご利用するメリット

ビジネスローンには、これらのメリットがあります。

 

年収に関係ない

総量規制がかかりませんので、年収に関係なくご利用が可能となります。
例えば、事業主が個人的に他の金融機関に借入が数百万円あった場合でも、
ビジネスローンは事業に適した目的の融資となりますので、考え方が変わり融資が可能となります。

 

審査可決率が高い

審査可決率が、他のローンよりも高くなります。
特にノンバンク系は審査が甘いので、審査に自信がない方はノンバンク系がオススメです。

 

融資額が高い

企業向けのローンですので、一般的なローンよりは融資額が高い傾向があります。

 

このように、事業をされている方には大変有利なローンとなります。

 

ビジネスローンの審査に通るコツ

せっかくビジネスローンの審査を受けるのであれば、間違いなく審査に通りたいものです。
審査が通るコツを把握する事で、審査通過率を高くする事が出来ます。
ビジネスローンの審査が通るコツを、ご紹介致します。

 

業歴が良い

企業への審査ですので、企業としての状態が非常に重視されます。
中でも業績は、1番目を向けられるポイントです。

 

基本的に銀行のビジネスローンの場合は2年以上、
ノンバンク系のビジネスローンは、1年以上というのが鉄則と言われております。
まだ開業して間もない企業で1年以内の場合は、ノンバンク系の方がオススメとなります。

 

事業計画と資金計画の書類を万全にする

企業としてどのような状態でどのように借入金を使うのかは、非常に問われるポイントです。
このポイントが万全ですと、ビジネスローンの金融機関側に好印象となり、審査が通りやすくなります。
これらの書類を、万度に作成若しくは用意するようにしましょう。

 

事業概要の書類

会社の概要、事業内容、会社案内など、わかりやすく伝わるような内容で作成します。
強さをアピールする事が大事となりますので、企業としての理念や強みを100%アピールできる書類が理想です。
また、略歴や事業内容は、詳しくわかりやすく書く事がポイントとなります。
ダラダラ長く書いては、読み手が不快となってしまいますので、
正しく、簡潔に記載する事が大きなポイントとなります。

 

商業登記謄本

正式名称は「登記事項証明書」であり、一般的に登記簿謄本ともいいます。
最寄りの法務局に請求して、手に入れる事が出来ます。

 

資金の使途用途

融資いただく借入金の使い道を、記載する書類です。
ここでよく発生してしまう難点は、誤字脱字の多さです。
うっかりミスは仕方ないと思われるかもしれませんが、
うっかりであってもミスをしてしまう企業は、信頼できる会社というアピールとはなりません。
2〜3人で処理類をチェックし、万全な内容で作成するようにしましょう。

 

決算書一式

決算書とは、法人概況説明書、勘定科目明細、貸借対照表、損益計算書、
販売費一般管理明細、製造原価報告書、株主資本変動計画書を指します。

 

これらの書類によりチェックされるポイントは、企業として間違いなく返済が出来るのか、
財務の内容に問題がないか、借り入れ融資に対し、確実な返済が可能なのか、という内容がチェックされます。
この場合、個人事業主は赤字ですと審査が厳しくなってしまいますので、注意が必要となります。

 

これらの書類が、全て読みやすく相手に100%伝わる状態にする事がベストとなります。

 

長期利益及び短期利益計画状態をチェック

ビジネスローンの審査では、資本の合計が資本金の上をいっているか、
今期の黒字の状態等が、チェックされ審査されます。
また、換金性のある資産の有無も非常に重要視されます。

 

この2つをチェックし、企業として経営に問題が無いと判断された場合、
返済能力がある安全な企業と判断され、融資がおります。
また、債権に問題があったり、無駄な固定資産を持っている場合も洗い出され、
総合的に企業としてどうなのかを、チェックされます。

 

経営者としての人柄

会社の経営というのは、企業の顔である経営者の人柄や、
信頼性も重視されますので、その部分もビジネスローンではチェックされます。
代表者の評判が悪い場合は企業として優秀と判断されないので、審査に通るのは厳しくなってしまいます。

 

代表者や役員の他社からの借り入れが多い

代表者や役員が他社から多くの資金の借り入れをしている場合も、審査は通りにくくなってしまいます。
ビジネスローンは対企業へのローンですので、個人的な問題は関係ないイメージがあると思いますが、
代表者や役員に無駄な借金が多い場合は、しっかり返済出来ない企業と判断されてしまいます。

 

いかがでしたでしょうか。
ビジネスローンは、このようなポイントをしっかりさせる事で、審査が取りやすくなります。
比較的審査が厳しくない傾向がありますので、書類に不備がないか確認し、
間違いない融資に繋げるようにしましょう。

 

 

審査に通りやすいビジネスローンのおすすめ

ビジネスローンは色々ございますが、審査が通りやすいビジネスローンは限られております。
確実に審査に通る為には、審査に通りやすいビジネスローンにお申し込みをするようにしましょう。
審査が通りやすいビジネスローンを、ご紹介致します。

 

ビジネクト ビジネスローン

金利:100万円未満13.0〜18.0%、100万円以上8.0〜15.0%
融資限度額:50〜1,000万円
担保:不要
保証人:不要
融資対象者:お申し込み時に年齢が満20〜60歳までの法人、個人事業主
審査から融資までの時間:3日程
来店の必要性:なし
使途:事業資金のみ
最長借入期間:5年(60回以内)
上限融資限度額が1,000万円であり、ノンバンク系のビジネスローンの中では最高級の融資額の高さです。
審査が通りやすい金融機関として有名であり、お申し込みから借入れまで来店不要で手続きが可能となります。
振込融資にも対応しておりますので、お忙しい企業であっても便利にご利用いただけます。

 

シンキ オーナーズセレクト

金利:13.0〜18.0%
融資限度額:最大300万円
担保:不要
保証人:不要
融資対象者:法人、個人事業主
審査から融資までの時間:即日融資可能
(ネットにて申し込み後レイク自動契約コーナーへ行く事で可能)
来店の必要性:契約時に来店が必要
使途:自由
最長借入期間:47回以内
新生グループのビジネスローン専門の金融機関であり、保証人不要でご利用が可能となります。
インターネットでお申し込みが可能であり、新生銀行グループですので、
お申込み完了後レイクの自動契約機を使う事が可能であり、
レイクの自動契約機ご利用で、即日融資が可能となります。

 

オリックス・クレジット ORIX CLUB CARD

金利:6.0〜17.8%
融資限度額:50〜500万円
担保:不要
保証人:不要
融資対象者:お申し込み時に20〜69歳までの業歴1年以上の個人事業主
審査から融資までの時間:即日融資可能
来店の必要性:なし
使途:自由
最長借入期間:10年2か月(122回以内)
オリックスグループのビジネスローンであり、ジャパンネット銀行の口座をお持ちの場合は、
インターネットより、365日24時間即日融資、即時返済が可能となる便利なローンです。
お申し込みの審査も早く、最短即日となります。
即日融資がご希望の場合は、開店後すぐにお申し込みをする事で即日融資が可能となる確率が高くなります。

 

セゾンファンデックス 事業コース

金利:6.5〜17.8%
融資限度額:1〜500万円
担保:不要
保証人:不要
融資対象者: 20〜65歳まで毎月定期収入があり、電話連絡可能な個人事業主
審査から融資までの時間:即日融資可能
(審査後に平日13時まで必要書類をFAXにて提出出が可能な場合)
来店の必要性:なし
使途:事業資金のみ
最長借入期間:5年(1〜60回以内)
セゾングループが運営しているビジネスローンであり、個人事業主専門となっております。
平日13時まで審査通過後の必要書類のFAXまで済ませる事が出来れば、即日融資が可能であり、

 

アコム ビジネスサポートローン

金利:1〜100万円未満12.0〜18.0%、100〜300万円以上12.0〜15.0%
融資限度額:最大300万円
担保:不要
保証人:不要
融資対象者:業歴1年以上の個人事業主
審査から融資までの時間:即日融資可能
(審査後店頭窓口若しくは自動契約機に行く事で可能)
来店の必要性:なし
使途:自由
最長借入期間:6年9か月(1〜80回以内)
アコムのビジネスローンであり、業歴1年以上の個人事業主用に作られたローンです。
審査が甘い傾向があり、審査後に店頭の窓口か、自動契約機に行く事で即日融資も可能となります。
使途用途に制限が無いので、非常に使いやすいビジネスローンです。

 

アイフル 事業サポートプラン

金利:12.775〜18.0%
融資限度額:個人事業主最大250万円、法人最大300万円
担保:不要
保証人:不要
融資対象者:法人、個人事業主
審査から融資までの時間:即日融資可能(審査後に契約書をFAXし来店する事で可能)
来店の必要性:なし
使途:事業資金のみ
最長借入期間:10年(120回以内)
アイフルのビジネスローンであり、個人事業主と法人に、
ご利用限度額が違う部分が大きなポイントです。
即日融資も可能であり、最高10年の返済期間が可能ですので、
返済がとても楽で、ご利用しやすいビジネスローンです。

 

審査が通りやすいビジネスローンのチェック方法

このように、審査が甘い傾向があるビジネスローンを5つピックアップしてみましたが、
あまり中身は、変わらないように思えるかもしれません。

 

しかし、よく確認すると微妙な差があります。
この程度の細かい差はどうでも良いと思われるかもしれませんが、そんな事はありません。
ローンというのはほんの少しの違いによって支払い総額に影響が出ますので、
少しの差の中でも、一番条件が良いビジネスローンを選ぶ事が得となります。
このようなポイントで選び、ベストなビジネスローンとするようにしましょう。

 

上限金利の低いビジネスローン

金利の比較をしてみるとどのビジネスローンも僅差に見えますが、
その中でも一番上限金利が低いビジネスローンを選ぶ事で、支払い総額に大きな差が発生します。
ピックアップしたビジネスローンの中で比較すると、ビジネクトのビジネスローンの100万円以上のコースの上限金利が15.0%ですので、
こちらのビジネスローンで、100万円以上借入れする事が、余計な金利を支払わず済むビジネスローンとする事が出来ます。

 

必要な融資金額と似合ったビジネスローン

必要な金額が融資可能なビジネスローンじゃないと、いくら条件が良くても無駄となってしまいます。
ビジネスローンは借入れ限度額に違いがありますので、
必要な融資金額に似合った、ビジネスローンをご利用するようにしなければいけません。
100万円ご希望の場合であればどのビジネスローンでも可能となりますが、
500万円必要な場合はビジネクスト、オリックス、セゾンファンデックスの3つのビジネスローンとなります。

 

融資対象に該当しているビジネスローンか

ビジネスローンには、それぞれ融資対象者を設定しております。
よくチェックしてみると、ビジネスローンにより融資対象者が違います。
個人事業主が可能なビジネスローンや、法人のみ可能なビジネスローンがございます。
きちんとチェックした上でお申し込みをしましょう。

 

また、年齢も指定されている場合もあり、特に65歳以上の場合は、
対象とならないビジネスローンもございますので、確認してご利用しましょう。

 

融資までの時間もマチマチ

審査が甘いビジネスローンは融資までの時間も、
素早いというイメージをお持ちの方もいるようですが、そうではありません。
即日融資が可能なビジネスローンもございますが、日にちを要するビジネスローンもございます。
急ぎの場合もあると思いますので、融資までの時間はきちんとチェックするようにしましょう。

 

最長借入期間が長いビジネスローンか

ビジネスローンは大きなお金を融資してもらいますので、
最長借入期間が長い方が、断然有利となります。
最長借入期間はビジネスローンによりマチマチですので、
ご希望の借り入れ期間に該当するのかを確かめた上で、ご利用するようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
審査が通りやすいビジネスローンは色々ございますが、内容が全く違う事がわかります。
ご検討の際は、細かい部分までチェックしてご利用しやすいビジネスローンをご利用するようにしましょう。

 

 

ビジネスローンの審査を通りやすくする為に目を向けてほしい「信用情報」

ローンの審査や使う事にあたり、必ず関わってくるのが「信用情報」です。
信用情報が良くないから審査が通らない、というワードを聞いた事がある方も多いと思います。
ローンの審査はこの信用情報が大きくかかわり、信用情報の内容が良くないと審査には通りません。
信用情報とはどのようなものなのか、ご紹介していきます。

 

信用情報ってなに?

信用情報とは、個人情報の一種です。
様々な意味合いで使うワードですが、ローンで使う信用情報とは、債務の返済は支払い能力の情報です。
どのようなローンを組んでおり、どのような残債があるのか、
返済の延滞など事故はないのか、等を把握する事が出来ます。

 

これらの情報を金融機関がチェックする事で、返済能力があるのか、
貸し倒れのリスクはどうなのかを判断し審査の材料とします。
金融事故に対しローンの審査に引っかかる項目といえば、このような内容です。

 

  • ローンの借り過ぎ
  • 支払いの延滞
  • 事故破産
  • 債務整理

 

この様な内容です。
返済の延滞が1日でもあった場合でも、記録されてしまいます。
このような金融事故が記録されてしまうと、5〜10年程度の一定の期間記録されてしまいます。
その場合、新しくローンを組んだり融資を受ける事が出来なくなってしまい、ビジネスローンも審査は通りません。

 

信用情報に傷を付けない為にはどうしたらよいのか

このように、信用情報に傷が付いてしまうと、ビジネスローンの審査が非常に不利となってしまいます。
信用状情報に傷を付けない為には、このようなポイントに気を付けるようにしましょう。

 

ローンの支払いは絶対延滞しない

ローンの支払いは1日でも延滞すると、信用情報に記載されてしまいます。
ローンというのは自動車の支払いや携帯電話の支払いなど、
どなたでも1つは行っているものですので、非常に簡単に傷が付いてしまいます。
それらの身近な支払いも、1日たりとも延滞しないようにしなければいけません。

 

奨学金の支払いの延滞

こちらもよくある事なのですが、奨学金をもらって支払いを行わないといけない場合、
期日通りに支払いをしない方が、大変多い傾向があります。

 

奨学金の支払いなんだから少しくらい延滞しても良いと思うようで、安易に数か月等延滞してしまう方が多いようです。
奨学金のメインは日本学生支援機構であり、少しの延滞であれば目をつぶる傾向があるようです。
しかし、長期に渡って滞納をする悪質な学生の場合は、信用情報に記録するようになっているようです。
これにより、奨学金を受けた方が信用情報に、傷が付いてしまうパターンが大変多い傾向があります。

 

信用情報の内容が気になる場合

ここまで考えてみると、自分も信用情報に傷がついているのでは?
と、思われる方もいらっしゃると思います。

 

そんな時は、ご自分で信用情報をチェックするようにしまよう。
信用情報機関は、ぞれぞれの会医院に対して情報を提供するようになっております。
つまり、どなたでも閲覧が可能となります。
信用情報を取り扱っている期間は、これらがあります。

 

全国銀行個人情報センター

全国銀行協会が運営している、信用情報機関です。

 

シー・アイ・シー

信販系の信用情報機関であり、銀行系以外のノンバンク系の信用情報機関となります。

 

これらの2つの信用機関は、本人が開示手続きを行う事で、信用情報の登録内容の確認が可能となります。
開示方法は、このような方法となります。

 

  • インターネット開示
  • 窓口開示
  • 郵送開示

 

この中で、郵送開示は融資まで時間がかかってしまいます。
急ぎの場合は、インターネット開示か窓口開示をご利用しましょう。

 

信用情報の開示手続きは本人のみ有効ですが、難しい場合は任意代理人でも開示が可能となります。
その際は、ご本人と任意代理人のお2人の本人確認書類と、開示対象者の実印が押された委任状が必要となります。

 

ビジネスローンの信用情報は法人代表と法人自体が対象

ビジネスローンの信用情報の影響は、法人代表と法人自体が対象となります。
この2つの信用情報の内容が良くないと、審査には通らない可能性が出てきます。
また、ビジネスパートナーがいる場合は、ビジネスパートナーの信用情報も、
審査に影響しますので、気を付けるようにしましょう。

 

いかがでしたでしょうか。
ローンの審査の際に影響する信用情報は、ビジネスローンでも影響してしまうポイントとなります。
ビジネスローンの場合、業績も審査の大きな対象となります。
法人としての信用状態も、大きく影響を与えます。
他社からの借り入れのし過ぎや延滞さえなければ、信用情報は大丈夫という事になります。
ローンを使っていく為には、信用情報には絶対に傷を付けないようにしましょう。

 

 

審査の甘いビジネスローンはノンバンク系がオススメ

ビジネスローンを受ける企業は、業績があまり良くない企業も多くあります。
そのような場合、なるべく審査が甘いビジネスローンをご利用してみたいものです。

 

ビジネスローンは大きく分けて2つの金融機関があり、銀行系とノンバンク系がございます。
この2つを比べると、審査が甘く通りやすいのはノンバンク系のビジネスローンとなります。
何故ノンバンク系のビジネスローンの方が審査が甘くオススメなのか、
理由や、目を向けるべきポイントをご紹介致します。

 

ノンバンク系は審査に対する間口が広い

ノンバンク系のビジネスローンは、多くの企業にご利用してほしいという考えがあります
間口を広げて多くの企業にご利用してもらい、
多くの企業からの金利によって、成り立てていきたいという考えです。

 

銀行は多くの金利を取るという考えではなく、
確実に返済が出来る、質の良い企業にのみご利用されたい考えがあります。
ノンバンク系の場合金利で利益を取っていく考えが強いので、
多くの人から金利を回収したい考えがありますので、審査を甘くしてでも多くの企業にご利用して頂きたいのです。

 

ノンバンク系のビジネスローンは金利が高い

融資の窓口を広げるという事は、
その分、高い金利でのご利用となってしまう事は当然の事となってしまいます。
銀行系と比べると金利が高いので、その部分を注意してご利用する事が大事となります。
中でも金利が低くご利用しやすいノンバンク系のビジネスローンを、ご利用するようにしましょう。

 

ノンバンク系のビジネスローンは聞いた事がある名前の金融機関を

ノンバンク系のビジネスローンの審査が、甘くご利用しやすいのはわかりましたが、
大事なのが、聞いた事がある名前の金融機関をご利用する事です。
ノンバンク系は文字通り銀行じゃない企業を指し、
銀行じゃないビジネスローンを行っている金融機関は、大変多くの数がございます。

 

その中には、全く耳にしたことが無い名称の金融機関もございます。
そのような金融機関はヤミ金の影響もございますので、大変危険です。
一度でも耳にしたことがある金融機関をご利用する事で、余計な金融機関に引っかからずに済みます。

 

口コミをチェックする

ノンバンク系のビジネスローンは、評判が気になる方も多いと思います。
お金を借りるのですから、評判が良くない金融機関では後々困ってしまいます。
ネット社会になり様々な口コミが交わされておりますので、是非そちらをご利用するようにしましょう。
メジャーな金融機関のビジネスローンは、必ず口コミが載っております。
それらをチェックして、ご利用を検討するようにしましょう。

 

あまりにも甘い条件のノンバンク系には注意しよう

ノンバンク系のビジネスローンは審査が通りやすいポイント以外は、
不利なポイントが多いので、なるべく良い条件のノンバンク系のビジネスローンを探す事がベストとなります。
ここで注意してほしいのが、耳にしたことが無いような金融機関のノンバンク系のビジネスローンで、
物凄く、金利が低い商品を目にする事があるという事です。

 

確かに金融機関として知らない名称ではありますが、条件が良いとついつい惹かれてしまうものです。
しかし、このようなビジネスローンは絶対にご利用してはいけません。
この様なビジネスローンは、ヤミ金や詐欺の可能性があります。

 

連絡先に定住性が考えられないノンバンク系は避ける

耳にしたことが無いノンバンク系の金融機関でよくある事が、
ホームページに住所の記載が無く、連絡先が携帯電話番号となっている事です。
この場合1か所の場所に定住出来ていない金融機関の可能性があり、
先に手数料などの、悪質な費用を請求して、融資しない可能性がありますので、注意が必要です。

 

一般的な金融機関は、ホームページに必ず住所と固定電話番号を記載します。
これが無い場合は、わざと記載していない可能性があります。
ノンバンク系のご利用の際は、住所と固定電話場号の記載を必ずチェックするようにしなければいけません。

 

いかがでしたでしょうか。
このように、ノンバンク系のビジネスローンは間口が広い傾向があります。
よって、審査が甘く通りやすい傾向です。
審査に不安がある企業は、ノンバンク系のビジネスローンがオススメです。

 

 

ビジネスローンの申込条件チェックで審査に確実に通る!

ビジネスローンの審査に必ず通る為には、申込条件に該当していなければいけません。
例え黒字で安定した経営をしてきた企業であっても、申込条件が欠けていると審査には通りません。
間違いなく審査に通るよう、ビジネスローンのお申込条件をチェックするようにしましょう。

 

ビジネスローンにはお申し込み条件がある

ビジネスローンは、企業であれば、誰でもご利用出来るローンではありません。
お申し込み条件がございますので、それに該当していなければ、
ローンを使う事が出来なくなってしまいます。

 

年齢

年齢を指定している金融機関もあり、その範囲に該当していなければ審査の対象とはなりません。
金融機関によりマチマチですが、20〜60、65、69の年齢を設定している金融機関が大半です。
上限の年齢に差がある傾向があり、年齢を増している法人代表の場合は、
年齢が該当しているのかをチェックし、お申し込みをしましょう。

 

業歴

企業が何年会社を運営しているのかを問われ、
銀行の場合は2年以上、ノンバンク系の場合は1年以上の場合が大半です。
長く続いている企業は、評価が高くなります。

 

法人なのか個人事業主なのか

ビジネスローンによっては、法人のみなのか個人事業主のみなのか、
はたまた、両方がご利用出来るのか制限されております。
これらが該当していないと審査対象にはなりませんので、きちんとチェックするようにしましょう。

 

赤字経営の場合は審査に通りにくい

当たりまえの事ですが、赤字経営の企業より、黒字経営の企業の方が審査通過率が高くなります。
赤字の場合は捉え方の差もあり、今現在赤字であっても、
今後事業により黒字転換していくきざしがある場合は、赤字でも審査が通る場合もあります。

 

赤字が2期以上続いている企業の場合は、審査通過は厳しくなってしまいます。
赤字の企業の場合は、金融機関にご相談をすると良いでしょう。
初めてのビジネスローン融資の場合、
赤字の状態で、審査に通る可能性は低くなってしまいます。

 

企業の人物像としての信頼度が高い

ビジネスローンは企業に対する評価により審査を行いますが、
融資可否ギリギリの場合は、企業の代表者などの人物像も影響を与えます。
評判が良くない、お金にだらしない、このような経営者の企業では審査が通らない場合があります。

 

企業としてアピールできる書類を作って提出する

ビジネスローンの場合、企業としてどのような状態なのか明確にする為に提出する書類があり、
それらの書類を、明確にわかりやすくする事で、審査が通りやすくなります。

 

事業計画書や収支計算書は、事業の内容が明確になるように作る事でアピール度が高くなります。
融資までの時間を短縮させる事も可能となりますので、この書類は慎重に明確に作るようにしましょう。

 

企業としての独占的な事業性

企業としてどれだけ独占的な事業をしているのかは、将来の返済能力に対し非常に左右します。
例えば、特許を持っている製品を作っている、独自のノウハウを持って事業を行っている、
他の企業が真似できない事業を行っているなど、独占的要素が強い企業は評価が高くなります。

 

お申込書類に誤字脱字を作らない

当たり前の話ですが、ビジネスローンのお申込書類に誤字脱字は作っていけません。
ビジネスローンのお申込書に誤字脱字が多い場合は少なくなく、
うっかり間違ってしまった場合でも、審査が通りにくくなってしまいます。
ただの間違いであっても、書類提出の際にしっかりできない人と判断されてしまい、
そのようなだらしない企業には、融資は出来ないと判断されてしまうからです。

 

お申込書類は慎重に作成記載し、他の方にも確かめでチェックしてもらうようにしましょう。
企業ですので人は多くいらっしゃいますので、最低でも3人でチェックすると間違いないでしょう。

 

虚偽の記載は絶対にしてはいけない

業績が悪い企業や他社からの借入金額多い場合、
お申込書類に、嘘の内容を記載してしまう企業があります。

 

この様な嘘の内容は、後に必ずバレてしまいます。
バレてしまった場合は嘘をつく企業と断定され、審査には通りません。
多少業績が悪くても、正直に記載するようにしましょう。

 

税金の未納は絶対にしてはいけない

ローンというのは、税金を滞納していると審査の状態に影響します。
銀行のビジネスローンは、税金を滞納している場合は、審査が通らない可能性が高いです。
税金の支払いが滞納してしまう方は、融資をしても滞納した税金の支払いに充ててしまうので、
支払いが滞る可能性があると、判断されてしまうからです。

 

ノンバンク系のビジネスローンは税金の滞納に対し、
100%審査が通らない場合はありませんが、審査には通りにくい状態となってしまいます。
ビジネスローンをご利用する際は、滞納している税金の支払いを行ってからにするようにしましょう。

 

資産を多く持っているか

ビジネスローンを受ける企業は現金が無く困っている場合ですが、
現金は不足しているけれど、不動産等の資産を持っている企業は、審査が通りやすくなる傾向があります。
1年以内に現金に変える事が出来る審査が、どれだけあるかにより、支払い能力の査定が変わるからです。
また、流動資産を持っていても負債を下回る程度の流動資産の場合は、審査評価のプラスとはなりません。

 

いかがでしたでしょうか。
ローンの審査というのは、チェックポイントを数値化し、
その数値の総合点により、融資するか否かを決定します。
銀行は満点からの減点方式、ノンバンク系は0点からの加点方式で行っていきます。
ビジネスローンに配点は一般のローンとは異なり、決算や信用情報の配点が大きくなります。
この点をいかに大きくするかが重要でありますので、注目して審査を受けるように心がけましょう。

 

ビジネスローン 審査記事一覧

ビジネスローンは、事業融資全般のことをいいます。銀行、ノンバンク系カードローンは金融機関での取扱をしています。そのほか、証券貸付の方法もあります。カードローンは、個人が行うキャッシングと同じように、限度額が決まっていて、自由にお金を引き出すことができますが、証書貸付は一度の契約で◯円の貸付けを行い、決まった額の返済をしていくものです。事業者向け目的ローンというものであり、住宅ローンやカーローンと同...

ビジネスローンの審査で、銀行でも金融機関でも重視をするのは、業歴です。どれだけの実績があるかが大きな鍵になりますから、設立したての個人事業主の場合、審査そのものが厳しいと言われています。ビジネスローンにもフリーローンがあり、目的を問わない商品、1年程度の業歴でも融資をしてくれるビジネスローン専門の金融機関もありますが、限度額が低く、金利が高いのが特徴です。事業資金をローンという点ではリスクがあり、...

三井信託銀行とアイフルの共同出資会社、ビジネクストは人気です。ちなみに銀行融資ではありません。個人事業主の資金調達方法として、人気があります。担保。保証人は不要ですが、法人のときは代表者が連帯保証になります。この担保や保証人がない審査になりますから、審査時間が大幅に短縮されます。WEBでの申し込みで来店の必要があります。仮審査を経て必要書類を郵送かFAXで送付するだけで本審査が行われます。事業資金...

赤字決算では銀行融資は難しいですが、ノンバンク系のビジネスローンは審査が通ることが多いです。人気のビジネクストなどでも、赤字決算でも対応しています。赤字の本当の理由を述べる事ができれば、金融機関も納得できるとされています。節税のため赤字決算だが、不動産などの保有資産がある他社借入が少ない事業主に返済余力があるなどです。要するに、いざとなれば不動産を担保にしたり、事業主の返済ができるなど、ビジネスロ...

現在事業性資金の到達方法はたくさんあります。ノンバンク系というと、安全な資金調達ではないのではないかと疑いを持つ方も多いのですが、一般的には安全な金融業者がほとんどです。そして、この民間の金融業者では、他社の保証業務なども行っているところもあり、より確かな金融会社なのです。そのような金融機関からの借入れとなると、信用度も高いのは当然ですが、保証業務をしていることでの会社の地位も高いことがわかります...