赤字 ビジネスローン 審査とおるのか

赤字でビジネスローンの審査はとおるのか?

赤字決算では銀行融資は難しいですが、ノンバンク系のビジネスローンは審査が通ることが多いです。
人気のビジネクストなどでも、赤字決算でも対応しています。
赤字の本当の理由を述べる事ができれば、金融機関も納得できるとされています。

  • 節税のため
  • 赤字決算だが、不動産などの保有資産がある
  • 他社借入が少ない
  • 事業主に返済余力がある

などです。
要するに、いざとなれば不動産を担保にしたり、事業主の返済ができるなど、ビジネスローンの返済能力がある程度認められた場合、ビジネスローンの審査の内容は大きく変わってきます。
本質的には、過去の業歴はもちろんですが、これからの投資金としてのローンであれば、金融機関としても審査を通さない判断をしない可能性が大きいということです。

 

そこで、本来無担保のビジネスローンですが、不動産や保証人を付帯することで、融資額が上がり、審査も通りやすくなることとも言われています。
その時に相談されるのが、ビジネスローンではなく不動産担保ローンなどに鞍替えする提案です。
借入れたい金額が大きい場合、不動産担保ローンは低金利で安定した借入れが約束されるのです。
しかし、額面上の数字にとらわれることなく、ビジネスローンで乗り切れるものなら、不動産は最後までとっておくことも一つの方法です。

 

資金計画の中で、返済ができるというのなら、なるべく低金利のノンバンク系のビジネスローンへの検討がオススメです。
赤字で不動産担保ローンをしてしまうことで、全てを失う前に借りられるものなら、ビジネスローンが先に来る事は妥当な考えと言われています。
事業者向けの専門のビジネスローンを手がけるところでは、事業相談などもできます。
今後の見通しなども踏まえて、今ならどちらのローンが良いかなどを考えるきっかけになることもあります。
赤字であることで、審査に通る可能性がある場合には、保有財産によって選択肢が分かれます。
何もないのであれば、高金利ビジネスローンになってしまう事もありますが、必ず1社だけに決めないで数社の見積もりなどをとって検討されることをオススメします。
ノンバンク系で老舗と言われるビジネスローン専門会社の場合、さまざまなノウハウがあり、消費者金融系ビジネスローンよりも親身になってくれるところも数多いです。
赤字決算の場合は銀行以外の金融機関にいろいろと当たってみると良いのではないかと思われます。

赤字でビジネスローンの審査はとおるのか?関連ページ

業歴がものを言う審査
ビジネスローンの審査で、銀行でも金融機関でも重視をするのは、業歴です。どれだけの実績があるかが大きな鍵になりますから、設立したての個人事業主の場合、審査そのものが厳しいと言われています。 ビジネスローンにもフリーローンがあり、目的を問わない商品、1年程度の業歴でも融資をしてくれるビジネスローン専門の金融機関もありますが、限度額が低く、金利が高いのが特徴です。
ビジネクストのメリットとデメリット
三井信託銀行とアイフルの共同出資会社、ビジネクストは人気です。ちなみに銀行融資ではありません。個人事業主の資金調達方法として、人気があります。担保。保証人は不要ですが、法人のときは代表者が連帯保証になります。この担保や保証人がない審査になりますから、審査時間が大幅に短縮されます。
ノンバンク系ビジネスローンと国の融資 2本立てで乗り切る
現在事業性資金の到達方法はたくさんあります。ノンバンク系というと、安全な資金調達ではないのではないかと疑いを持つ方も多いのですが、一般的には安全な金融業者がほとんどです。そして、この民間の金融業者では、他社の保証業務なども行っているところもあり、より確かな金融会社なのです。