業歴 審査

業歴がものを言う審査

ビジネスローンの審査で、銀行でも金融機関でも重視をするのは、業歴です。
どれだけの実績があるかが大きな鍵になりますから、設立したての個人事業主の場合、審査そのものが厳しいと言われています。
ビジネスローンにもフリーローンがあり、目的を問わない商品、1年程度の業歴でも融資をしてくれるビジネスローン専門の金融機関もありますが、限度額が低く、金利が高いのが特徴です。
事業資金をローンという点ではリスクがあり、回収の目処が立たないところでは、安易に多額な貸付けはできないです。
借り手としても、高い金利での返済になるのは必至です。
その点は展望を踏まえて考えていくことが必要ですが、専門業者の中には、経営アドバイスやビジネスパートナー的な存在になってくれるところもあります。
金利は高いですが、事業の見直しも踏まえて、長期的な計画から借金をすることもできます。
このようなところでは、赤字決算書でも、丁寧に対処してくれるので、これからの事業性資金をうまく調達して、経営を軌道に乗せたい方は、借りるだけではなく相談を踏まえた事業資金調達を考えてみるのも提案の一つです。

 

銀行などでは、2年以上の業歴が必要です。
金利が比較的低い銀行では、信用が何よりも大事です。
返済計画書はもちろんですが、事業計画書などの作成も必要であり、その内容が完璧であるほど、審査が通りやすいです。
案外と難しいとされる内容ですが、銀行資金担当者によると、代表者が提出する計画書などは、安易なものが多く、まるでなっていないと言われています。
この計画書がきちんとした書類に仕上がっているだけでも印象は随分と変わるという口コミがあります。
銀行融資を考えている場合は、提出書類などの充実も考慮すると、審査が通りやすいと言われています。

 

ある程度の業歴があると、大丈夫だろうと思われる反面、このままの方法では返済ができないんじゃないか?という不安心理が審査に大きく影響するようです。
より強固にするため保証人などをつけて、有利に話を持っていきたいところですが、これまでの企業の業歴に頼ることなく、資金利用の明確なビジョンを示す事も大切です。
金融業者にしてみれば、未来が見える資金で完済できる会社でなければ、貸し渋るのは当然のことです。
過去の業歴もこれからの業務も期待が持つような計画書の作成が、案外と審査では重要視されることを知らない方が多いかもしれません。

業歴がものを言う審査関連ページ

ビジネクストのメリットとデメリット
三井信託銀行とアイフルの共同出資会社、ビジネクストは人気です。ちなみに銀行融資ではありません。個人事業主の資金調達方法として、人気があります。担保。保証人は不要ですが、法人のときは代表者が連帯保証になります。この担保や保証人がない審査になりますから、審査時間が大幅に短縮されます。
赤字でビジネスローンの審査はとおるのか?
赤字決算では銀行融資は難しいですが、ノンバンク系のビジネスローンは審査が通ることが多いです。 人気のビジネクストなどでも、赤字決算でも対応しています。赤字の本当の理由を述べる事ができれば、金融機関も納得できるとされています。
ノンバンク系ビジネスローンと国の融資 2本立てで乗り切る
現在事業性資金の到達方法はたくさんあります。ノンバンク系というと、安全な資金調達ではないのではないかと疑いを持つ方も多いのですが、一般的には安全な金融業者がほとんどです。そして、この民間の金融業者では、他社の保証業務なども行っているところもあり、より確かな金融会社なのです。