ビジネスローン 審査を甘くする方法

ビジネスローンの審査を甘くする方法?

ビジネスローンの審査が甘いと言うのは、銀行と比較してというのが正解です。
実は、年商5000万円以上とか、実は厳しいなどと言う情報も多いのですが、そう簡単にお金は貸してくれないと不満がある方も少なくありません。
しかし、ビジネスローンの場合、消費者金融の個人ローンと違い、審査を甘くする方法があります。

 

それが、自己PRです。

何と言っても業歴

事業資金不足からビジネスローンを借りるのですが、これだけ頑張ってきましたという証拠がほしいところです。
過去2年間程度の業歴が見られることになります。

 

事業計画書の提出

案外と多くの会社がいい加減にしてしまう部分です。
事業計画と資金計画をしっかりと立てて提出してみてください。
ここで完璧であれば、金融業者としても良くできた会社だと評価します。

 

保証人をつける

多額なら保証人をわざわざ立てるのです。
保証人に適人がいないのなら、最初から少額の希望額で勝負です。
消費者金融では無利息期間があったり、事業資金調達には、有り難い対処ですが、少額でどうにもならない場合は、消費者金融では対応できません

 

利益計画の提出

事業資金がほしい、もしあれば収益はこうなるというものを示すのも必要なことです。
それも短期と長期の2種類を用意してください。
順調な経営が期待できるのであれば、審査も通りやすくなります。
赤字が出ないような小細工ではなく、短期的には難しいが長期の計画書などで、将来的には安定する会社アピールをするのです。
これは金利面でも優遇されるので、きちんとした資料提出が望ましいです。

 

貸金業者は、企業の本気度もきちんと見ます。
運転資金がどう回ればこの会社はうまく行くのか、どう生かすというのかを計画の形で示すことが大切です。
大丈夫ですから、貸してくださいという態度は、ビジネスローンの審査に欠かすことができない要件なのです。
特に事業計画書については、きちんと記入することが必須です。
いい加減ですと、それだけで審査が厳しくなってしまうことがあるようです。

 

ビジネスローンでは、ノンバンク系は審査も早く、融資も即日対応してくれるところも少なくありません。
少しでも甘くするには、かりる側の準備も大切だということです。
ビジネスローン会社を比較するのなら、金利などにも注意してください。
少しでも低いのが理想です。