ビジネスローン 審査に自信がない ファクタリング

ビジネスローンの審査に自信がないときのファクタリング

審査の甘いビジネスローンに申し込みをしたいけれど、どうしても融資を受けられる自信がないということもあるでしょう。

中小消費者金融などの審査の甘いビジネスローンといわれる商品の前に、審査が厳しい大手メガバンクなどで審査落ちを味わってしまったら、自信がなくなるのも無理はありません。

 

もし自信を失っているときにどうしても資金調達をしなければいけない状況で、なおかつ売掛債権を保有しているという場合、ファクタリングという選択肢があることをぜひ知ってください。
ファクタリングはあまり耳にしたことがないかもしれませんが、売掛金をファクタリング会社に譲渡することで、譲渡金額が作れるという方法です。
資金調達の手段がビジネスローンなどだけでなく、ファクタリングという方法があることも知っていれば、経営者としては心強いのではないでしょうか。

 

持っている売掛金が通常なら何ヶ月も先でないと振り込まれないものであっても、ファクタリングならすぐに現金として受け取ることができます。
ビジネスローンの場合は自社の審査を受けて通過しなければ融資を受けることができませんが、ファクタリングでは自社の審査はないとのことです。
審査はあるのですが、その対象はクライアントである売掛先業者となります。

もちろん、その売掛先であるクライアントが審査落ちしてしまったら、売掛金を資金に変えることはできません。
ですが、売掛債権のやり取りがあるところというと一般的に大手の企業であることがほとんどですので審査に通過しやすいでしょう。

 

ビジネスローンで資金調達を検討しているけれど、現在経営を再建している最中であるとか、資金繰りが苦しくてリスケをしているなどの時期は、審査を受けてもいい結果になるか不安です。
滞納している税金があったり、赤字決済であるときなども、審査結果に自信が持てないでしょう。
そんなときの資金調達こそ、ファクタリングです。
怪しい闇金に引っかかってしまうより、ファクタリングという選択肢を試してみた方が賢明です。
申し込みをする業者がどのような経営状況であってもいいので、いざというときのためにファクタリングについて知っておけばきっと支えになってくれます。

ビジネスローンの審査に自信がないときのファクタリング関連ページ

ビジネスローンとプロパ融資
ビジネスローンとは、法人や個人事業者などを対象としたローン商品のことです。ビジネスローンを扱っているところは銀行、消費者金融、信販会社、ノンバンク、リース会社など多岐にわたります。ローンで知られているものといえばカードローンなどの個人融資のものが一般的なので、事業者向けのビジネスローンというもの
ビジネスローンの審査はこの方法で行われている
審査の甘いビジネスローンがあったらどんなにいいかと思っている個人事業主や法人経営者の方は多いことでしょう。しかし、ビジネスローンもお金を融資する以上は返済できなければ倒産してしまいますので、信用できる利用者になってくれそうかを入念に判断しています。ビジネスローンでは、どのような方法で審査を行っているのでしょう。
中小消費者金融は審査の甘いビジネスローンだといわれる理由
事業融資向け専門タイプではどちらかというと個人向けタイプはまだあまり利用件数が少ないので、どのような傾向にあてはまると貸し倒れのリスクが高まるかと判断するのに十分なデータ数がない状況です。その点、事業融資向けタイプはある程度の数の実績がありますので、よりリスクの少ない審査を行うことができています。