ビジネスローン プロパ融資

ビジネスローンとプロパ融資

ビジネスローンとは、法人や個人事業者などを対象としたローン商品のことです。

ビジネスローンを扱っているところは銀行、消費者金融、信販会社、ノンバンク、リース会社など多岐にわたります。

 

ローンで知られているものといえばカードローンなどの個人融資のものが一般的なので、事業者向けのビジネスローンというものがあることを始めて知ったという方も少なくないのではないでしょうか。
個人事業主や法人経営者、自営業者などの方には高い知名度があり、審査の甘いビジネスローンを探している経営者も多い状況です。

 

事業融資専門で資金調達をするなら、プロパ融資だろうという意見もあるかもしれません。
プロパ融資は銀行系の事業資金融資の種類であり、他に通称『マル保』と呼ばれる信用保証協会の保証付融資があります。
プロパ融資はビジネスローンとは違って、初めて取引をする企業や赤字をだしている個人事業主、設立から間もない業者などは、最初から審査すら行なわないといわれています。
プロパ融資は直接銀行と交渉を行い、事業資金の借入をするものです。

 

ちなみにマル保は取引が初めてでも審査を受けることができ、プロパ融資の前段階として実績を積むのにいいといわれています。
マル保は事業融資の保証人にそれぞれの都道府県の信用保証協会がなってくれ、銀行融資を申し出ます。

代表者がプロパ融資に申し込みをしたら、審査の結果が出るまでの目安は1ヶ月〜2ヶ月くらいです。
審査ではその会社の実態を把握し、どんな事業案件を扱っているのかなどが見られています。
まとまった資金を融資する以上は、細かいところに至るまで厳しい審査が行われるそうですが、実際にプロパ融資に申し込む会社は経営計画書の作成ができていない所が多いのだそうです。
経営計画書がしっかりと作られているのは、全体の3分の1にも満たないのではという実状があります。
もし、これからプロパ融資を利用したいと検討している場合、経営計画書をの書類を整えていくことをおすすめします。

 

ここまでプロパ融資は審査結果がわかるまで待たされること、厳しい審査を通過しなければならないことというデメリットをお伝えしました。
しかし、これら2つをクリアすれば、プロパ融資のメリットが得られることになります。
プロパ融資は、低い金利で融資が受けられます。
保証料が発生しませんので、そのことも事業費の節約になるでしょう。
借入資金に上限金額の設定がありませんから、今後どんどん事業を拡大していきたいという事業計画があるなら、心強い味方となってくれるのではないでしょうか。

ビジネスローンとプロパ融資関連ページ

ビジネスローンの審査はこの方法で行われている
審査の甘いビジネスローンがあったらどんなにいいかと思っている個人事業主や法人経営者の方は多いことでしょう。しかし、ビジネスローンもお金を融資する以上は返済できなければ倒産してしまいますので、信用できる利用者になってくれそうかを入念に判断しています。ビジネスローンでは、どのような方法で審査を行っているのでしょう。
中小消費者金融は審査の甘いビジネスローンだといわれる理由
事業融資向け専門タイプではどちらかというと個人向けタイプはまだあまり利用件数が少ないので、どのような傾向にあてはまると貸し倒れのリスクが高まるかと判断するのに十分なデータ数がない状況です。その点、事業融資向けタイプはある程度の数の実績がありますので、よりリスクの少ない審査を行うことができています。
ビジネスローンの審査に自信がないときのファクタリング
ビジネスローンで資金調達を検討しているけれど、現在経営を再建している最中であるとか、資金繰りが苦しくてリスケをしているなどの時期は、審査を受けてもいい結果になるか不安です。滞納している税金があったり、赤字決済であるときなども、審査結果に自信が持てないでしょう。そんなときの資金調達こそ、ファクタリングです。