中小消費者金融 審査の甘いビジネスローン 理由

中小消費者金融は審査の甘いビジネスローンだといわれる理由

ビジネスローンを扱っている消費者金融は多くありますが、その中でも大手より中小の方が審査の甘いビジネスローンだといわれています。

規模が違うだけで同じ消費者金融なのに、どうして審査の甘いビジネスローンだといわれているのでしょう。

 

個人が利用するキャッシングやカードローンでは、申し込みをしたときに利用限度額が決定し、その範囲内でしたら何回でも借りたり返済を繰り返できるというのが一般的ですよね。
ビジネスローンではそうとは限らず、大手消費者金融では限度額の範囲内で何回でも利用できるのですが、中小は契約をしたときに全額を貸し付けされ、あとは返済していくという流れになります。

 

融資をする消費者金融側としては、貸し付けをした資金が貸し倒れしないことを求めています。
繰り返し借りたり返済したりを繰り返せる方法より、1回きりの中小のスタイルの方が、貸し倒れする確率は低いといわれています。
ということは、貸し倒れする可能性が高い方ほど、厳しい審査で利用者を見極める必要があります。
そのことから、中小消費者金融は審査の甘いビジネスローンを扱っているといわれているのです。

 

同じ中小消費者金融でも、さらに審査の甘いビジネスローンを追求したいなら、2つの申し込み方法でも気を付けておきましょう。
ビジネスローンを扱うところには、事業融資向け専門の消費者金融と個人向け専門の消費者金融の2通りがあります。

 

事業融資向け専門タイプではどちらかというと個人向けタイプはまだあまり利用件数が少ないので、どのような傾向にあてはまると貸し倒れのリスクが高まるかと判断するのに十分なデータ数がない状況です。
その点、事業融資向けタイプはある程度の数の実績がありますので、よりリスクの少ない審査を行うことができています。
そのことからビジネスローンに申し込むなら、個人向けのところではなく事業融資向けタイプにした方が有利な審査が期待できるでしょう。

中小消費者金融は審査の甘いビジネスローンだといわれる理由関連ページ

ビジネスローンとプロパ融資
ビジネスローンとは、法人や個人事業者などを対象としたローン商品のことです。ビジネスローンを扱っているところは銀行、消費者金融、信販会社、ノンバンク、リース会社など多岐にわたります。ローンで知られているものといえばカードローンなどの個人融資のものが一般的なので、事業者向けのビジネスローンというもの
ビジネスローンの審査はこの方法で行われている
審査の甘いビジネスローンがあったらどんなにいいかと思っている個人事業主や法人経営者の方は多いことでしょう。しかし、ビジネスローンもお金を融資する以上は返済できなければ倒産してしまいますので、信用できる利用者になってくれそうかを入念に判断しています。ビジネスローンでは、どのような方法で審査を行っているのでしょう。
ビジネスローンの審査に自信がないときのファクタリング
ビジネスローンで資金調達を検討しているけれど、現在経営を再建している最中であるとか、資金繰りが苦しくてリスケをしているなどの時期は、審査を受けてもいい結果になるか不安です。滞納している税金があったり、赤字決済であるときなども、審査結果に自信が持てないでしょう。そんなときの資金調達こそ、ファクタリングです。