ビジネスローン 審査基準

ビジネスローン 審査基準

ビジネスローン 審査基準

  1. 審査基準が甘いのはノンバンク系だけど
  2. 赤字と新規の解決法 ビジネスローンの手立てはないのか?
  3. 審査基準が甘いと金利は高い
  4. 代表者や経営者の信用情報も審査される
  5. 金融機関の主な審査項目

審査基準が甘いのはノンバンク系だけど

ビジネスローンは、事業資金の融資のことですが、審査基準がフリーローンとは違います。
どんな目的でどのくらい必要なのか、いつまで必要としているかを確認してから、借入先を考えましょう。

 

ビジネスローンを借りたい人

大企業の場合、個人判断での融資はないでしょう。
お抱え銀行などがあり、ビジネスローンを探すことはありません。
たいてい個人事業主や中小企業の経営者が、普段の融資先ではない、急な資金調達などに考えることが多いです。
そこでからでも借りられたら良いのですが、必ず審査基準が存在しています。
審査は安定収入があることが大前提です。
倒産しかけているところへの融資はない話です。

 

コンピュータースコアリングシステム

最近金融会社の審査と言えば、自動審査が多いです。
フリーローンで即日融資ができるのと同じです。
データから審査をすることが多く、審査時間が早いとか、すぐに資金調達ができるというときには、社内の数字で判断されることが多いです。
代表者1人だけの場合でも資金調達の審査は同じです。
机上での審査ではなく最近のインターネット申し込みなどのビジネスローンはこの形です。
消費者金融なども同様です。

 

審査基準はフリーローンと似ている

審査は返済ができるかを確認するものです。
他社の借入がない、収入(収益)があるなど、返済能力の高さを確認します。
ですから、あちこちからの債務があったり、赤字経営である時には、厳しい審査基準であるところでは借りることができます。
銀行融資で、懇意にしているところでは、コンピュータースコアリングシステム以外にも話をする機会もありますが、それ以外は機械的な申し込みで判断されることになります。

 

ビジネスローンならではの審査

会社をしていて、税金などの支払いができない場合、審査基準に引っかかります。
金融業者では、税金未払いは信用がないとみなします。
赤字だとしても、支払うものは支払った上でという方が、まだ審査的には良いです。
確定申告書などの提出書類が揃っていることは必要ですが、未払い、延滞がキャッシングだけではなく、税金にポイントが行きます。
ちなみに、不動産担保ローンなども審査基準は甘いとされるものですが、税金未払いで審査落ちすることは多いです。

 

釈明として。

財務状況をなんとかしたいビジネスローンで、赤字決算だけど、業務内容改善が見られると支払いがうまくいく。
こうしたことを説明することができるのであれば、延滞が1ヶ月程度であれば、フリーローンよりも審査基準で言うと、うまくいくことがあります。
フリーローンですと、使用目的を言う必要がないのですが、ビジネスローンの場合は、何に使うということは分かっていることです。
もっと言えば赤字だから貸してほしいというのが本音であり、税金が支払えるのならビジネスローンの申し込みなんかしないということになります。

 

柔軟審査なら銀行よりノンバンク系のビジネスローン

審査の甘さで言うのなら、ノンバンク系で連帯保証人が必要なビジネスローンほど審査基準は甘いといえます。
事業資金借入で、計画性のあるローンでないと、返済できないのであれば、倒産の危機が待っています。
審査基準が甘いところで借りたい、というのもありですが、返済計画が立てられない、というのであれば、少額にするか、今回は借りられないことも視野に入れる必要があります。

 

▲メニューに戻る

赤字と新規の解決法 ビジネスローンの手立てはないのか?

赤字決算だからビジネスローンが通らない。
利益が出ないことで返済能力がないと判断される。
これは金融機関や金融業者似とっては、当たり前の見解です。
しかし、運転資金がないことには、経営が成り立たない、そのためのビジネスローンです。

 

決算書のここを見る

決算書類が赤字であったとしても内容を重視します。
減価償却費などで赤字になった場合は、その前の段階が審査基準になります。
要するに、直近の決算が赤字であったとしても、法人の経営で、その経費がなにであるかが問題です。
償却費計上後の経営利益は、審査基準にならないとされています。
事業内容から、赤字にこだわらず、返済ができる事業費があれば、審査が通ることはあります。
ですから、事業性融資の場合の審査の書類では、恐れず赤字だとしても、諦めないことです。

 

新規開業資金は難しい

当然事業融資は実績がないと審査基準はクリアできません。
銀行融資で2年以上、ノンバンクでも1年以上の経営実績が必要です。
事業内容はもちろんですが、審査基準で2期分の決算書とある場合は、少なくとも2期分は必要です。
個人事業主でも確定申告書が2期分なければならないです。
加えて、本人の信用情報でブラックなどの金融事故があると、きつい審査になります。
そのときには担保や保証人ありの融資の可能性などを相談してみて下さい。
利益が派手に上がっていれば、と言うのは理想ですが、事業計画書、資金計画、返済予定書などの提出書類があると、有利に審査が進むこともあります。

 

年齢の審査基準

20歳から60歳くらいまでが審査対象になります。
若ければ経験不足と見られがちなのは仕方のないことです。
ベンチャー企業立ち上げの資金繰りなどでビジネスローンの申し込みでは、保証人が必要なこともあります。
ある程度の後ろ盾が必要になる、これは社会人として、当然のことです。
また、健康状態なども加味され、加入している生命保険などの審査対象になります。
現実的に返済がどれだけ可能なのかをあらゆる方面から探ることがあります。

 

審査基準でこれだけ赤字があるとダメという数字は各金融機関で持っています。
その数字にはまってしまうことで、すべての融資が受けられないことは予想されます。
こうして返済ができますと熱意はあったとしても、業績や将来の見通しで、審査落ちと判断されることで、今回の融資が絶望的になることも。
ビジネスローン専門業者の中には、業務内容のアドバイスなどをしているところもあります。
ノンバンク系ですが、資金提供を積極的な支援しているのですが、当然ながら金利は高いです。
大手と中小企業の違いですが、返済地獄にはまってしまう可能性もあり、うまい話には裏がありますから、ご注意下さい。

 

▲メニューに戻る

審査基準が甘いと金利は高い

ビジネスローンは多くの金融業者で取り扱っていますが、金利差は大きいです。
国の融資、銀行、ノンバンクの順番で、審査基準がゆるくなりますが、反対に金利は上昇します。

 

ファクタリングの可能性

ビジネスローンとファクタリングについては、より確実な運転資金のために検討されることです。
中小企業においては、来月の運転資金も欠くことで、経営が落ち着かないこともありますが、ファクタリングをするときには、業者選びを確実にしましょう。
手数料などが、ビジネスローンと比較して高いです。
普段から、ファクタリングについては検討しておく業者を見つけておくことで、ビジネスローン審査落ちでスイッチを切り替えられる体制にしておくと慌てずに済みます。

 

担保の存在

不動産担保ローンを含め、なるべく自身が痛まない方法での資金繰りの方策も考えておきましょう。
根抵当になっている場合は、継続的な事業資金の提供があります。
しかし、そうではない場合、現在の地価の動向を知っておくことが必要です。
評価額の半分程度の資金しか手にすることができないということを考えると、担保物件があったとしても、不動産担保ローンそのものも無駄になることはあります。
固定資産税などの支払い滞納なども、不動産担保ローンの審査基準では審査落ちになります。

 

金融業者は見つけておく

銀行以外のビジネスローンができるところは目を付けておきましょう。
現在、来店不要のノンバンク系のビジネスローンは豊富です。
消費者金融などでも取り扱っていますが、審査の甘さが増すにつれ、金利が上昇しています。
信用情報で金融事故であっても借りれるようなところでは、利息だけでも膨大になってしまうこともあり、返済が大変です。
代表者の手腕一つで、業績が上がれば問題のないことですが、できれば、銀行融資の低金利程度がビジネスローンの理想です。
中小企業としては大変なことですが、資金調達のため、審査基準が違ういくつかの金融業者を見つけておくことで、いざというときに動きやすいです。
必要書類の項目を取り寄せ、どうしたら審査に通りやすいかなどを確認しておくと、スムーズな事業性融資を受けることができます。
個人事業主などは、特にいざと言うときの資金調達手段として、めぼしい金融業者があると動きやすいです。
また、フリーローンで事業に転用できる融資もあります。
提出書類が少なく、即日融資も可能で、大手消費者金融ですと、金利も並です。
小口融資であれば、確定申告書のみでキャッシングができます。
資金計画と合わせて、そんな可能性も模索してみて下さい。

 

▲メニューに戻る

代表者や経営者の信用情報も審査される

ビジネスローンは公的融資と比較して、審査が早いです。
原則担保と保証人不要で、各金融機関では、比較的簡単に運転資金提供の窓口となっています。
すぐに必要な事業性融資が受けられるのが大きなメリットです。

 

保証人の存在

ビジネスローンの契約者は会社ですが、経営者や代表者が保証人になることもあります。
中小企業の経営者は個人事業主と見なされますから、審査基準としては、代表者や経営者の信用情報も問題になります。
会社の業務内容はもちろんですが、個人の信用情報もあり、金融事故がある場合は、審査基準が高いところですと、融資は難しくなります。
運転資金としてのビジネスローンは、事業内容のどこに使われるかなどもチェックされるのですが、肝心の返済においての保証人のブラック情報も合わせて審査基準に照らされることになります。

 

赤字決算でも審査は通るけれど

返済の目処が付けば、赤字決算でも審査は通ります。
しかし、経営者が借入でブラック、連帯保証人としての資質がない場合は、ビジネスローンそのものの審査基準はクリアできても審査落ちになってしまうことがあります。
ビジネスローンに申し込みをするときには、自身の信用情報も必ずチェックして下さい。
フリーローンと同様で、延滞の金融事故は絶望的です。
延滞なしで、多少の多重債務なら対応ですが、債務整理などの経験者は5年以上の経過が必要です。

 

借りるのは会社

それはそうですが、代表者の身上も審査基準では問われるのです。
ノンバンク系で行くと審査が甘いとされています。
審査は甘いが金利が高いということです。
事業資金借入のためのビジネスローンですが、経営をしている本人の信用情報は重視されます。
ブラックであったとしても、相談に乗ってくれるところはありますが、中にはヤミ金まがいのビジネスローンも見受けられます。
消費者金融などでも中小消費者金融に混じって、審査はないようなもので、高い金利のキャッシング業者は多いですが、ビジネスローンも同じです。
名のある業者の選定は当然ですが、自身のブラック改善が急務であり、そう簡単にことは進まないと思って下さい。
経営者保証ができる。
返済にかかわることですから、条件は確認してください。
そして、評判や口コミなどで、危ないという業者の申し込みはしないことです。
審査落ちはキツい現実ですが、会社ばかりではなく経営者の信用情報の内容も大切な審査基準として重要視されることをお忘れなく。

 

▲メニューに戻る

金融機関の主な審査項目

ビジネスローンの審査はさまざまな項目のチェックがあります。

 

決算書のチェック

1年間の収支がわかるものが決算書です。
法人は決算書、個人事業主は確定申告書です。
収支報告なども必要ですが、赤字決算ではないことが原則です。
しかし、赤字がたまたまなのか、継続的なのかでも判断が違います。
付き合いのある銀行融資であれば、審査基準も多少は甘くなることもありますが、一見さんの申し込みでは赤字決算は辛いでしょう。
初めてのビジネスローンで赤字決算は銀行や公的資金では厳しいです。
ただし、ノンバンク系であれば、その他の条件で融資対象になることは多いです。
運転資金として、赤字決算だけど返済能力があることが証明されることが必要です。
開業資金ですと無理ですが、2年以上の経営であれば、なんとか審査基準がクリアできることもあります。

 

信用情報機関のチェック

ブラック情報があれば、審査基準クリアはできないことが多いといいます。
カードローンやキャッシングでの延滞情報は一発NG。
俗に言うブラックリストの経営者のビジネスローンはできないです。

 

・民間信用機関のチェック
帝国データバンク、東京商工リサーチなどの会社情報チェックが入ることもあります。
事業状況チェック、取引先との関係から、将来の見通しなども確認されます。
大企業だけではなく、個人事業主も対象になります。

 

税金の支払い状況

資金使途が税金支払い、事業費ではなく、滞納している税金があるのはNG項目です。
ノンバンク系ビジネスローンで甘い審査では、ここは目をつぶるという口コミもあります。
税金滞納は、ファクタリング利用で資金調達を試みる、法人では個人に借りて滞納を完済するなどの措置で審査基準のクリアをしてから、申し込むことをオススメです。

 

資産チェック

ここで、担保になるものがあれば強いです。
流動資産も大きな審査要件ですが、負債を上回る流動資産があることが理想です。
ビジネスローンから不動産担保ローンの切り替えも検討する上で、担保があることは大きな条件の一つです。

 

最近は機械で審査

さまざまな要件は機械で審査チェックされます。
数字化されるのですが、最重要項目は、決算書と信用情報です。
赤字決算であればダメではなく不利になることですが、信用情報ブラックは、銀行や大手消費者金融などでは難しいでしょう。
最初すら金利は高いですが、審査が甘いノンバンク系ビジネスローンに行くことで、審査落ちにならないようにすることもありです。
すぐにほしい運転資金で、時間がない場合は、そうすることで早くに資金調達が可能になります。
金利は高くなりますから、返済計画を立ててからの申し込みは必要です。