審査の緩いビジネスローン

審査の緩いビジネスローン

審査の緩いビジネスローン 関連記事



審査の緩いビジネスローン

事業資金の融資を行ってくれる業者を探していたり、事業で使えて資金の調達に便利な金融業者を検討している個人事業主や、事業者・法人の代表者の方もいらっしゃるでしょう。

審査の緩いビジネスローンを探すのであれば、銀行のように金利が低い所はありませんが、とにかく審査が通りやすい会社は存在します。

ファクタリングなど売掛金を早期に回収できるサービスもありますが、ここではビジネスローンに特化してご紹介します。

審査の緩いビジネスローンはある?
審査の緩いビジネスローンはあるのでしょうか。
事業融資や事業運転資金の資金調達方法として向いているのは、消費者金融系です。

消費者金融は審査に通る可能性が高いと言われています。
中でも中小の消費者金融系はさらに審査が甘いと言われています。

「消費者金融系のローンは個人だけでしか借入できないんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし現状として消費者金融系はビジネス向けに個人事業主だけでなく、法人などにも貸付を行う金融業者でもあるのです。

しかも中小の消費者金融は審査に通過しやすいというメリットだけではありません。

中小の消費者金融系を使うメリット
中小の消費者金融系を使うメリットとしては、保証人が本人でOKというところ。
例えば個人事業主であれば本人、法人でも代表者が保証人になれば審査をスタートできます。

また審査スピードがかなり早い点もメリットの一つ。
「取引先への支払いが3日後に迫ってる」「従業員への給料日が今週末にある」など支払い期日が近いという方でも、ビジネスローンを使用することで解決できます。

このように借りやすく使いやすいのが中小の消費者金融系ビジネスローンの特徴。
もし支払に困っているのであれば、こういった方法を使うのも一つでしょう。

しかし、審査に落ちてしまうことも当然可能性としてはあります。
その場合はどうすればいいのかというと、弁護士に相談するのが一番でしょう。

弁護士にはそれぞれ強みがあります。
その中には借金相談に特化している弁護士事務所もあるので、そういったところに相談すると解決できるかもしれません。

しかも無料でかつ匿名での相談が可能。
どうしても融資が通らなくて、お金の工面が出来ないという場合は弁護士に相談するのも一つの方法かもしれません。

頭の中に入れておくといいでしょう。

▲TOPにもどる



事業資金 借入 甘い

「銀行の融資は審査が厳しいって聞いたことがある」「消費者金融のカードローンは通りやすいって聞いたけど、事業資金でも大丈夫なの?」「ローンの中でもビジネスローンは通りにくいの?」

会社経営者や個人事業主の方で、借入に関するさまざまな疑問を持っている人も多いでしょう。
事業資金を準備したいけど、なるべく審査の甘いところがいい、と考える人もいるでしょう。

ここでは上記の疑問を解決しつつ、審査に通りやすいところをご紹介します。

事業資金の借入審査が甘いところは?
まず事業資金の借入で審査が厳しいと言われているところをご紹介します。

その例が公的融資と銀行融資です。

公的融資は国金などの日本政策金融公庫からの融資のこと。銀行融資はその名の通り銀行から受ける融資のことです。

それぞれ融資審査は非常に厳しめ。
特に銀行は信用保証協会の保証も融資の条件としているところがありますし、また公的融資も銀行融資も審査に非常に時間がかかってしまいます。

これらの点から事業資金を借入を検討する上で、甘さを見るのならあまりオススメできません。

では、審査が甘い会社にはどのようなものがあるのでしょうか。

事業資金の借入審査が甘いのは消費者金融系
事業資金の借入を行う場合、最も審査が甘いと言われているのが消費者金融ローンです。

これは事業者向けの消費者金融が行っているローンのことで、最も借入できる可能性が高いと言われています。

またより出来るだけ可能性を上げたいのであれば、消費者金融ローンの中でも、中小企業が提供しているサービスがおすすめ。

借入しやすく、かつ保証人も本人がなれば申込できます。
銀行や公的融資に比べると金利は高くなりますが、審査スピードの早さと審査の難易度は大きく異なります。

なるべく早く、かつ高い確率で事業資金を借入したいのであれば、中小の消費者金融で申し込みするといいでしょう。

事業の資金繰りは早期の対策が必要
問題が生じて対応するのではなく、その対策を事前に行う方がいいでしょう。そのための決断力も必要です。

もし、中小の消費者金融の審査に落ちてしまった場合は、どうすればいいのか。

事前に知識として持っておいた方がいいのは借金専門の弁護士であれば、匿名無料相談ができるという点です。

審査に万が一落ちてしまったときに合わせて、このような無料相談ができることを頭の中に入れておくといいでしょう。

▲TOPにもどる



事業融資 甘い

「事業用の資金をローンで借りたいが審査が不安」「カードローンやビジネスローンなど銀行が行っているサービスは厳しいの?」「消費者金融系では資金調達がやりやすいの?」など、経営者や個人事業主の方で、資金調達についてさまざまな疑問を抱えている人もいらっしゃるでしょう。

とにかく運転資金を準備したいのであれば、審査が甘い所がオススメ。
ここでは資金調達できる金融機関とその審査の厳しさについてご紹介します。

資金調達ができる金融機関3種
資金調達する方法はいくつかありますが、事業性で見た場合は日本政策金融公庫や地方自治体の公的融資、銀行・信用金庫などの銀行融資、銀行を含めクレジットカード会社、消費者金融ローンなどのビジネスローンがあります。

公的融資や銀行融資は金利が低く、かつ高額の借入ができますし、銀行や信用金庫と良好な関係を築けば柔軟に相談に乗ってくれることもあります。

しかし一方で審査が厳しく、かつ審査にも時間がかかると言われています。

銀行やクレジットカード会社、消費者金融ローンなどのビジネスローンに関しては審査スピードが非常に早く、最短で即日融資も可能。
しかし、会社によって審査基準が大きく異なるため、どこで審査をすればいいのかしっかりと比較検討が必要です。

公的融資や銀行融資に比べるとビジネスローンは審査が甘いのですが、特にどこが審査に通りやすいのでしょうか。

事業融資の甘いところは消費者金融系
ビジネスローンのうち、審査が甘い企業は消費者金融系が提供するビジネスローンです。

銀行ローンや信販系ビジネスローンは審査が厳しいと言われています。

消費者金融系の中でも中小規模の会社が最も審査が甘いと言われています。

また保証人も本人でなれますし、ネットでカンタンに申込ができ、即日調達も可能。
時間が重要な経営者・個人事業主にとっても魅力的なサービスであるといえるでしょう。

「中小の消費者金融がいいのはわかったけど、具体的にどこの業者いいの?」

このような疑問を持つ場合は、本記事の情報と合わせて資金調達プロと呼ばれるサイトを参照するといいでしょう。

地域別・会社別にあなたに合った業者を選択することができます。

もし、事業融資の甘いところを探しているのであれば、中小の消費者金融系で探してみると、あなたの会社や事業に合ったピッタリの業者が見つかるかもしれません。

▲TOPにもどる



ビジネスローン 通りやすい

事業資金の審査が甘い融資を受けたい、銀行だけじゃなく審査内容の甘い金融業者を広く探しているなど、事業の資金のために、銀行融資や事業融資を検討している個人事業主や会社経営者の方もいらっしゃるでしょう。

事業用の資金を準備する方法の1つとしておすすめなのはビジネスローン。

ではなぜビジネスローンが良いのか、どういった所が通りやすいのかをご紹介します。

ビジネスローンの魅力
ビジネスローンとは、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などが事業性資金の融資をメインに貸付を行うサービスのこと。

カードローン形式のものや、単発のローンのものがありますが、いずれにしても審査スピードが早いのが特徴です。

例えば「すぐに従業員の給与を支払わなければならない」「材料費の支払日が近づいているがお金が工面できない」などの状況に柔軟に対応してくれます。

また返済も毎月分割して行うので、安心なのも1つのメリット。

ではこのように借りやすく使いやすいビジネスローンですが、審査に通りやすいところはあるのでしょうか。

ビジネスローンの通りやすい業者は?
審査に通りやすい金融機関にはどのようなところがあるのでしょうか。

前述したビジネスローンサービス提供会社は、銀行・クレジットカード会社・消費者金融がありますが、消費者金融が中でも通りやすいと言われています。

信用情報などもチェックされますが、過去に問題があったケースでも審査に通過したという口コミもあります。

もし審査の通りやすいビジネスローンを探すのであれば、消費者金融系で検討するといいでしょう。

中でも中小企業系の消費者金融は、より審査に通りやすいと言われています。

ビジネスローンの申込方法
中小企業の消費者金融を中心とした金融業者で、ビジネスローンを申し込む場合はどのような流れになるのでしょうか。

まずはネットで申込をします。
その際に個人情報、会社の情報などを記載。
会社であれば決算報告書や資金計画、個人なら確定申告書の提出が必要になります。

そこで審査に通過すれば融資してもらえます。
審査のタイミングによっては即日融資も可能。
その日のうちに銀行に振り込まれます。

このようにビジネスローンは即時性が高く、また金融業者によっては審査が甘いのも特徴。
最近では借入の代替案としてファクタリングなどもあるので、こちらと併用して検討するのも1つでしょう。

▲TOPにもどる



事業融資 審査 甘い

「銀行からの資金調達は厳しいかもしれない」「ビジネスローンやカードローンなどの事業に特化したローンを借りたいがどこがいいのか分からない」「消費者金融など審査が甘いということを耳にしたことがある」

事業融資を受けたいが、どこがいいのか、どこだと借りやすいのか分からない人もいらっしゃるでしょう。
資金調達をする方法は日本政策金融公庫や銀行融資、ビジネスローンなどたくさんの方法がありますが、中でもどこが借入しやすいのでしょうか。

公的融資・銀行融資は厳しい
先に挙げた公的融資・銀行融資の審査は厳しいと言われています。
公的融資は税金をベースにしているため審査も非常に厳しく、銀行は信用保証協会の保証が得られないと融資しない所も多く、必然的に時間もかかりますし、審査も厳しくなります。

事業融資の審査が甘いのはビジネスローン。
ただビジネスローンも銀行や消費者金融などいくつもの企業がサービスを展開しているため、どこの会社のローンを選べばいいのかわからなくなるでしょう。

審査が甘いのはどこなのでしょうか。

事業融資の審査が甘いのは消費者金融ローン
ビジネスローンには銀行ローン、信販ローン、消費者金融ローンなどがありますが、中でも比較的審査が甘い金融機関は消費者金融ローンです。

消費者金融ローンでは、申込に際して保証人が本人であれば別口で立てる必要がありませんし、担保も必要ありません。

もちろん運転資金などにも使えますので、ビジネスローンを提供する金融の中では消費者金融がいいでしょう。

また、審査に不安がある、なるべく甘いところで融資受けたいのなら中小企業の消費者金融を選ぶといいでしょう。

ネットで申込できますし、金利は少し高めに設定されてはいますが、即日融資も可能です。

実際にどこの中小消費者金融がいいのか知りたい場合は資金調達プロなどのサイトも参考になるでしょう。

事業性のあるお金を調達するのなら、ビジネスローンがオススメです。中でも中小消費者金融が審査に通りやすいでしょう。

しかし、審査に落ちてしまった場合は、その他の金融機関での借入が難しいということも言えてしまいます。

その場合、借入で問題解決をせずに他の方法を検討しましょう。

借金がある場合は弁護士に相談ができます。
無料で相談できますし、しかも匿名なので安心です。

もし希望通りにならなかった場合は、この方法も覚えておくといいでしょう。

▲TOPにもどる