ビジネスローン審査甘い 事業資金融資

ビジネスローン審査甘い 事業資金融資


事業資金融資を受けたいが、なるべく審査に通りやすいところを探している人もいらっしゃるでしょう。

会社や事業の借入が出来る方法はいくつかありますが、ここではその代表的なものと審査の難易度についてご紹介します。

公的融資や銀行融資は難易度が高い

経営者や個人事業主の方で、事業資金融資と言われるとまず頭に浮かぶのが公的融資や銀行融資でしょう。

公的融資とは、日本政策金融公庫や地方自治体から低金利で融資が受けられる方法ですが、審査に時間がかかることに加え、審査自体も厳しいと言われています。

銀行からの融資も同様です。
公的融資のように審査が厳しく、時間がかかります。
ただ、低金利で融資額が大きいのは魅力であるといえるでしょう。

また銀行からの融資も2つあり、信用保証協会からの保証が無いと借入出来ない融資と、それがなくても出来るプロパー融資があります。
もし銀行での融資を検討するのであれば、保証付きの融資の方がまだ通りやすいと言われているので、そちらを検討しましょう。

事業資金融資の調達にはビジネスローン審査甘い所を

銀行融資や公的融資以外に金融機関から資金を借入する方法としてはビジネスローンがあります。

ビジネスローンとは、さまざまな金融業者が行っている事業者を対象としたローンのこと。
審査スピードが早く、審査も銀行融資などと比べると緩いのが特徴です。

すぐにお金が欲しい、なるべく審査に通過する所で申し込みしたいという業者の方には向いているローンでしょう。

ビジネスローンは大別すると、銀行系とノンバンク系に分けられます

銀行系よりもノンバンク系の方が審査が緩いと言われています。

またノンバンク系とは、いわゆる消費者金融が該当します。
消費者金融の中でもさらに大手と中小とに分類されますが、より不安が残る方や確実に通りたいと考えているのであれば、中小の消費者金融系がいいでしょう。
もっとも審査に通る可能性が高いと言われています。

ファクタリングという手段も1つ

ビジネスローン以外の方法として、最近ファクタリングと呼ばれるサービスも注目されています。

これは売掛金を支払い期日前に受け取れるというもの。安定した売掛金が準備できる業者にとってはリスクも少なく、借金にもならないので向いているサービスと言えるでしょう。

条件によっては借入するよりもこちらが向いているかもしれません。頭に入れておくと良いでしょう。